2005年11月アーカイブ

新宿ロフトプラスワンで行われた 
「高橋名人の子供相談室」というイベントに行ってきました。 

みんなからの質問に、高橋名人が答えていくという形で 
イベントが進められていきます。

開場時間の18時を過ぎると、場内はあっという間にいっぱいに。 
19時スタートなので、みんな好きな席について 
ドリンクを頼んだりしながら、入場時に渡された質問用紙に 
自分のハンドルと質問を記入して提出します。 

このとき、会場にはトンガリキッズの「B-DASH」や 
ドラゴンスピリット1面のテーマなど、 
ファミコン世代にはとても懐かしい曲が流れていまして。 

モニターにはロフトプラスワンのCMなどが映ってたんですが、 
途中で画面が変わり、なんとなんと 
第二回のハドソンキャラバンのプロモーションビデオが! 
スタッフの働く様子や移動中のキャラバンカー、大会中の子供たちの表情のアップなど 
とても貴重で興味深い映像が、延々と続きます。 
わんぱっくコミックの「命ハチマキ」を頭に巻いて、スターソルジャーに挑んでいる子もいましたねぇ。 

これ、名人が前日たまたま部屋で見つけて、DVDに焼いて持ってきたんだそうです。 
みんな欲しがるんだけど、出ている子たちの肖像権の関係で 
商品化するのは難しいらしく...。 

夢中でそのプロモーションビデオを観たり、 頭をひねって名人への質問を考えたりしているうちに 
(質問用紙には、質問を複数書いてもOKでした) 
あっという間に時間は経ち、スタート時間の19:00に。 
階段から颯爽と降りてくる名人! 
大きな拍手で迎えられました。 

ステージにつき「まずこれをやらなくちゃ」と、さっそくギターを取り出す名人。 
何を歌ってくれるのかなあと思っていると、「子供電話相談室」のテーマでした(笑) 

というわけで、イベント開始。 
回収された質問用紙は、名人の前に裏返しにして置いてあり 
無作為に選んで表に返し、質問を読み上げて 
それに対する回答をする...という形で進められていきました。 


中にはかなりきわどい質問も書かれていまして、 
そういうとき名人は用紙を見て、読み上げず固まって 
頭を抱えてステージの机につっぷしたりした後、 
「みんなさぁ...これ絶対ネットに書くなよぉっ!!(笑)」 
と言いながら、きわどい回答をしてくださいました。 
本当にすごかったですよ。来た人だけの内緒です。 

でも、質問そのものなら公開して良いとのことでしたので 
読まれて回答された質問を、思いだせる限りリストアップしますね。 

・桃鉄をネットゲームにはしないんですか? 
・キャラバンで一度だけ、シューティングではなく野球ゲームの 
 「パワーリーグ」が使われましたが、どうしてですか? 
・クマを飼いたいのですが、どうすれば良いでしょうか? 
・名人をやめたくなったことはありますか? 
・20年前の名人に今の名人からアドバイスをするとしたら? 
・今までにやった中で一番大きな失敗は? 
・好きな食べ物、好きなお酒の銘柄は? 
・1歳5ヶ月になる子猫の噛み癖の直し方はありますか? 
・キャラバンで子供の言動を怒ったことはありますか? 
・ハドソンのゲームで「これはちょっと...」と思ったものは? 
・他社のゲームでいちばん好きなものといちばん嫌いなものは? 
・残虐描写があるゲームが18禁になったけどどう思いますか? 
・ポップジャムで一言も喋らなかったことについて悔いはないですか? 
・ラザロの倒し方についてアドバイスを! 
・高橋名人の冒険島2がいまだクリアできないので攻略法を! 
・今まででゲームをプレイしたのは最大で何時間ですか 
・高橋名人はどんな人のこと名人だと思っていますか? 
・毛利名人とは結局何者だったのですか? 
・最近面白いと思ったゲームは? 
・次に猫を飼うとしたら、どんな猫にしますか? 
・某ゲーセンでゲームのアドバイスをしてもらったことがあるけれど、あれは高橋名人だったんですか? 
・次の新曲の予定はありますか? 
・紅白には出ないんですか? 
・「サラダの国のトマト姫」がハドソンコレクションで復活するけど、 
 「デゼニランド」を復活させる予定はないのですか? 
・桜田名人、川田名人はいま何をしてるのですか? 
・ハドソンでゲームの名人をやりたいけど、どうすればなれますか? 
・ハドソンにはどういういきさつで入社したのですか? 
・他の名人と交流はあったのですか? 
・冬のボーナスが出たら何を買う予定ですか? 
・今のお給料はズバリいくらですか? 
・ハドソンコレクションで個人的に出したいと思うゲームは? 
・スキンヘッドにしたのはいつからですか? 
・ファッションポリシー、お気に入りの帽子はありますか? 
・どうしてそんなに辛いものを食べられるようになったのですか? 
・ハドソンを辞めたら何の仕事をしようと思いますか? 
・ハドソンに入っていなかったら、どのメーカーに入りたかったですか? 
・名人として20年も続くと思っていましたか? 
・広井王子氏をどう思いますか? 
・サクラ大戦の劇場版をどう思いますか? 
・「高橋名人物語」の高橋名人のエピソードは、どこまでが本当でどこまでがウソですか? 
 また、実はこれは本当の話なんだよ、というものはありますか? 
・名人のような素敵な大人になるためには、 
 どういうことを心がけながら生きていけばいいですか? 
・「この世の中でいちばん扱いづらいもの」は何ですか? 
・名人になったからこそ出来るようになったことはありますか? 

すごいでしょう? 質問の内容も数も(笑) 
他にも読まれて回答された質問はまだまだありましたし、 
少し違うところもあるかと思うんですが、 
なにしろ記憶だけで書いているので、ご容赦くださいね。 

リストアップしたうち下から4つ目までは、私が質問したものです。 
「この世の中でいちばん扱いづらいものは?」の質問は 
「ホの字のゲーム」からひっぱってきて、答えてくれました。 

用紙にはハンドルも記入されてますが、基本的には読み上げなし。 
でも何人かは、あえてハンドルを読んでくれてました。 

実はあまりに集まった質問用紙が多く、 
かなりの人が質問をその場で選ばれなかったようなので 
(それはすべて今後mixi内で回答してくださるそうです) 
イベント中、しかも前半に選ばれた私はラッキーでした。 

前述したとおり、基本的にハンドルは公表しないのですが 
名人は私が提出した用紙を見て 
「この方はマイミクさんですね、パン仲間です」と言って下さり 
それから私が書いた質問にひととおり答えてくれたあと 
最後に「こんな感じでよろしいでしょうか、なまちゃん」と言ってくれて。 
いやもう、嬉しくて嬉しくて顔がゆるみまくっておりました。 

これ、映画「はっちゃき先生の東京ゲーム」の台本(!) 
名人は当時、この分厚い台詞集を完全に暗記したそうです。 


ギター弾き語り中の名人。 
この写真、高橋名人公式BLOG『16連射のつぶやき』で掲載して頂いてしまいました! 
今回のイベントについてのことはもちろん、 
mixiでは読めないお話や、裏話もたくさん公開されてるので 
名人ファンは必見のブログですよ~。 


生で聴く名人の歌は、エネルギーがビンビン伝わってきます。 
今回のイベント中に披露してくださった歌は 

「子供電話相談室のテーマ」 
「グレートキャラバン'87」
「ホの字のゲーム」 
「Bugってハニー」
「愛はメリーゴーランド」 
「傘がない」
「招待状のないショー」
「見上げてごらん夜の星を」 
「Black Bird」
「The Long And Winding Road」 

基本的にトークイベントなのに、こんなにたくさん歌が。 
しかも、以前も書きましたが、名人は歌がお上手なんですよ。 
元気な歌は本当に力強く、しっとりした歌は本当に心をこめて。 
聴いていると、とてもたくさんのエネルギーがもらえます。 

イベント中「名人のカセットテープ今でも聴いてるよ」 
と言う人がいたんですが、それに対して名人は 
「今も聴いてくれてるんだ、ありがとう!」などという、当たり前の反応はしなかった! 
「なんで今頃テープなんて聴いてるんだよ。こないだ出したCD聴けばいいじゃん。
音もその方がいいし」 
と、するどいツッコミで切り返していらっしゃいました(笑) 

イベント中で何度か歌の時間があったわけなんですが、 
名人が「どの曲にしようかな」と選んでいると、 
「ボンバーキング!」との声がかかるんですねぇ。 
何故だか妙にみんな、ボンバーキングを歌って欲しがって 
名人が「今日はCDとか譜面とか無いから無理」と言っても、 
曲を選ぶたびに上がる「じゃあボンバーキング!」 

ついに名人もあきれて 
「お前らはまったく...何かというと二言目にはボンバーキングって!(笑)」 
いやあもう、この雰囲気! 楽しくて楽しくて。 

ニット帽を脱いだところ。 
名人がスキンヘッドにした経緯も、お話ししてくれましたよ。 
北海道をツーリング中、ヘルメットの中が暑くて耐えられなくなってしまい
突発的に床屋さんへ駆け込み、ぜんぶ剃ってもらったんだそうです!


質問に答えながら、 
いろんなエピソードを交えてくださったのですが 
名人から掲載許可を頂いたものを、いくつか紹介しますね。 

<高橋名人が考える「ファミコン名人」とは> 
名人とはただゲームを上手にプレイする人ではなく、 
プレイしながらゲームの面白さを伝えられる人だと考えているそうです。 
シューティングで敵が出た瞬間に撃ち落すプレイは確かに上手だろうけど 
それでは画面に自機と弾しか出ておらず、見ていてまったく面白くない。 
なので、たとえば画面をぐるっとまわる敵が出るのだとすれば 
画面を半分まわらせて、 
そのあとで撃ち落とすようなプレイを心がけているんだそうです。 

<辛いものに対する耐性> 
エチオピアの70倍カレーや、マジスパの虚空200やアクエリアスを 
全然辛くないと主張する名人。 
名人「肉じゃがに七味を一瓶ぜんぶかけて食べたりしない?」 
 皆「しない! しない!」 
名人「えーっ! みんなさぁ、ちょっとおかしいよ!」 
いやはや、すごいやりとりでした(笑) 

<キャンプ中に拾った猫の子育て話> 
コロコロコミック主催ファミラジキャンプの途中で、 
名人は生後10日目くらいのかわいい茶トラの仔猫を拾い 
胡桃(くるみ)ちゃんと名づけ、一緒にイベントを回っていたそうです。 
ファミラジキャンプ終了後は、毎日ハドソンに連れて出勤し 
名人のワイシャツの胸ポケットの中で眠る胡桃ちゃんに、2時間ごとにミルクをやっていたそうで。 
あるとき上の人に注意されたので 
「じゃあ2時間ごとに帰りますけど」と答えたら、何も言われなくなったんだそうです(笑) 
もちろん会議中も、胡桃ちゃんを胸ポケットに入れたまま。 
眠っている胡桃ちゃんが起きると、会議に真面目に発言しながらも 
哺乳瓶にミルク入れてお湯入れてシャカシャカ振って、 
胡桃ちゃんに話しかけながら授乳していたそうで。 
なんだかもう...状況を想像すると素敵すぎます。 

<野菜と果物の豆知識> 
名人はハドソンに入る前、八百屋さんでお仕事していらっしゃったのですが 
辞めてずいぶん経つために、最近はスーパーに行っても 
知らない品種が多くて、ちょっと悔しいんだそうです。 
でも、メークインと男爵の中間で伯爵というジャガイモがあり 
煮物にすると美味しいとか、野菜関係にとても詳しいんですよ。 
スイカは野菜か果物かという話も出たんですが、 
「青果部的な考えでは、多年草は果物、一年草は野菜」 
という話も教えてくださり、なかなか面白かったです。 

そんなこんなで、あっという間に3時間が経ちました。 
閉めはやっぱり「Bugってハニー」! 
ステージに立って、ノリノリで歌ってくれました。 
みんなの盛り上がり方も半端じゃない! 
"オレンジ光線 瞳に浴びて~♪"の部分で 
最前列に座っている人が、オレンジ色の光り物グッズを 
絶妙のタイミングでステージに向けたのがナイスでした(笑) 


そのあと参加者の女性の中から希望者を募り、 
「愛はメリーゴーランド」のデュエットを。 
名人とデュエットなんて憧れますが、私は歌ヘタクソだからなあ。 
選ばれた方は、とても楽しそうに歌っていました。 

実は「愛はメリーゴーランド」を歌うとき 
名人がスタッフに「CDの○曲目をかけて」と頼んでたのですが 
なぜかトンガリキッズの「B-DASH」が流れてしまい、 
これって名人の曲だっけ? というツッコミが入ったりもしました(笑) 

最後に、豪華なプレゼントの抽選会が行われました。 

抽選はハドソンの紙袋に、すべての質問用紙を入れて 
その中から名人が用紙を取り出し、書かれているハンドルの人が当選となります。 


プレゼントとして出されたのは、 

・献血タオル(名人が汗拭き用に持ってきた未使用品) 
・名人愛用の塩だれ×2名ぶん 
・スターソルジャーのロゴが大きく入ったTシャツ 
・名人自らがプロデュースした16連射トートバッグ 
・イベント開始前に流れたキャラバンプロモDVD 

残念ながら私はハズレちゃっったけど、 当たった皆様、とても喜んでいました。 
特にキャラバンのプロモDVD、すっごく欲しかったなあ。 

キャラバンのDVDは、あまりにみんな欲しがるので 
急遽プレゼントに加えられたものでした。 
それと、名人プロデュースの16連射トートバッグを並べて 

名人「トートバッグとキャラバンのDVD、どっちが順位が上?」 
 皆「(口を揃えて)DVD!!」 
名人「ちくしょー、なんでだよ!(笑)」 

いやあ、楽しいやりとりでした。 

今回のイベントは3時間半ほどあったので 
途中で15分ほど休憩が入ったのですが、 
名人のまわりには、色紙や手帳など思い思いのものを持って 
サインをねだる人たちの列が。 
イベント終了後も机を設置して、希望者全員にサインしてくれました。 
ニンテンドーDSにサインしてもらってる人もいましたよ。 

私も名前入りで、色紙にサインしてもらっちゃいました。 
わーいわーい、本当に嬉しいよお。 
部屋に飾って、エネルギー充電アイテムにするつもりです。 


長いこと名人のファンをしていましたが、 
直接お会いするのは、今回が初めてだったんです。 
大きな声で元気にトークする、とてもエネルギッシュな方で 
意外と歯に衣着せぬ発言をなさるのですが(笑) 
その言葉には愛情や優しさが込められているのがわかるので 
聞いている人に、見事に笑いを呼び起こすんですよ。 

なんていうのかな、年月は流れたけど 
「ファミコン好きの子供」と「ファミコン界のヒーロー」 
という関係が、まったく変わっていない雰囲気で。 
ヒーローというより、永遠の「みんなのお兄さん」という感じかな。 

そして、この手のイベントで大勢にサインしてくれる人は 
たいていサイン中は自分に笑顔で対応してくれるものの 
自分が立ち去る最後の瞬間には、もう次の人に視線が行っていることが多いんですが、 
これ、仕方ないとはいえ結構寂しいものだと思うんですよ。 

でも名人は、こちらが立ち去る最後の瞬間まで 
優しい眼差しを向けていてくれるので、 
とてもあったかい気持ちが残るんですよね。 

ものすごく長いレポートになってしまいましたが 
少しでもイベントの雰囲気が伝わるといいなと思います。 

高橋名人、楽しい時間を本当にありがとうございました!

このアーカイブについて

このページには、2005年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年10月です。

次のアーカイブは2005年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261