2006年5月アーカイブ

秩父の芝桜を見に

| トラックバック(0)
このGWで、旦那と休みが一致する唯一の日が5/3でした。 
どこかに行けたらいいなと思いつつ、特に行きたいところがなくて
のんびり朝を過ごしてました。 

ふっと思いついて調べてみたところ、秩父の羊山公園に咲く芝桜が満開ということなので 
お昼ちょっと前でしたが、急遽ここへ行ってみることに。 

もうずっと西武池袋線を利用していて、毎年この時期になると
「秩父の芝桜が見ごろ」というポスターを、いろんなところで見かけていたんですが 
今まではテーマパークばっかり通っていましたからね。 
ようやく、こういうものを見に行くことを楽しいと思えるようになってきたみたいです。 

各駅停車で所沢まで出て、そこから特急に乗ろうと思っていたのですが 
所沢駅ホームの特急券売り場を見てみると、今日の便はすでに満席! 
しかたないので各駅停車で行ったんですけど、同じ目的で同じ境遇の人が車内にぎっしり。 
まるで、通勤ラッシュ時の上り電車のようでした。 

飯能からは別の電車に乗り換え。 
スーパーベルズの「鉄道戦隊レオ☆レンジャー」で出てくる 
”各停じゃ 飯能で 乗り換えある~♪”という歌詞はこれのことなのですね(笑) 

芝桜の名所「羊山公園」は、横瀬駅からも西武秩父駅からも歩いて15分くらいとのことなので、 
とりあえず手前の横瀬駅で降り、細い道をとおって羊山公園へ。 
道はけっこう細かいし、距離もそこそこあるんですが 
あまりに人が多いというか、まるで人が途切れないので、迷う心配なんてないんですねえ…。 
なんだか、団体旅行に参加しているかのようでしたよ。 

そんなこんなで羊山公園に到着。 
おお、確かにこれは綺麗かも。 
写真で見るのもいいけれど、自分の目で見るのは格別です。 

あまりに陽射しが強かったせいで、かなりデジカメの写真が白飛びしてしまい 
イマイチな写真しか撮れなかったんですけどね。 
何枚か撮ったところで「あ、これは今日の撮影はダメだ」と思いました。
雰囲気くらいは伝わるかな? 



以前、なにかの本で著者が「旅行に行ったら写真は撮るべきではない」と主張していました。 
理由は、シロウトはろくな写真が撮れないし 
観光地には必ず、プロが撮ったたくさんの綺麗な写真が絵はがきとして売られているから、
それを買えばいい…という理屈だったんですよ。
 私は個人的に、この主張には賛成しかねるんですよね~。 
「自分が見た風景」を、大切な旅の思い出として切り取って持ち帰りたいから 
下手であっても写真を撮るんだけどなあ、と思ってます。 

芝桜をアップで見ると、こんな感じ。 



ところで私は、この芝桜という花で「The かぼちゃワイン」を思い出してしまうのです。 
芝桜の花言葉は「忍耐」で、寮の反省室が「ルーム・シバザクラ」という名前なんですよ。 
主人公のエルちゃんは、ここによく入れられていたらしく。 

そうそう、上で紹介した写真は意図的に人を写してないのですが 
実際に目に入ってくる光景は、こんな感じです(笑) 
なんかもう、花を見に来たんだか人を見に来たんだか。 


冒頭でも書きましたが、陽射しがとっても強かったのです。 
なのに、帽子もサングラスも持っていかなかったもので 
私には目から入る刺激がつよすぎて、帰る頃にはすっかり頭痛モードに突入していました。 
これからの季節は、陽射し対策は必須ですね。 

さて、秩父ではいろいろと食べ歩きしてみました。 

西武秩父駅にある仲見世通りの屋台で買った、みそおでん(100円)。 
アツアツのこんにゃくに甘いみそがよく合っていて、おかわりしてしまいました。 


同じく仲見世通りで買った、みそぽてと(150円)。 
やわらかい衣で揚げた芋に、甘いみそがまぶしてあります。 
でもこれ、じゃがいもかと思ったらさつまいもなんですよね。 
さつまいもとみそ、意外と合っていましたよ。 


横瀬駅の屋台で買った、もろきゅう(100円)。 
「もろきゅう」と紙に書かれて貼られていたので、お皿に盛ったものが出てくるのかと思いきや 
チョコバナナ状のこんなものを渡されてビックリしました。 

すっごく長いんですよ、このきゅうり! 
正確に計ったわけじゃないけど、30cm近くあったかも。 
氷水の中でつめたく冷やしたきゅうりでした。 
しかし、みそ味のものばっかり食べたなあ(笑) 


今度は秋に、大量の曼珠沙華を見に行きたいと思ってます。 
これは秩父じゃなくて高麗だったかな。 
西武線沿線も、結構いろんな見どころがあるものですね。

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261