ハドソンのじゃがいも

| コメント(0) | トラックバック(0)
ハドソンの通販サイト「ど~んと北海道」にて 
「ハドソンのじゃがいも+バター」を購入しました。 

※「ど~んと北海道」は、2009年7月にサービス終了しています。

ハドソンは、北海道の栗山町というところに「ハドソン農場」という場所を作って 
主にじゃがいもを低農薬で栽培しているんだそうです。 

ここでは、農地トラストというものを行っています。 
一般的には流通でいろいろと経費がかさむものですが、 
それを削減し、農地の保全や回復に役立てようというプロジェクト。 
一般企業が農地トラストに参加するというのは、日本ではハドソンが初めてなんだそうですよ。 

そのハドソン農場で育ったじゃがいもなので「ハドソンのじゃがいも」というわけなんですね。 

じゃがいも単品だけでは販売されていないので、 バターとセットになっているものを注文。 
待つこと3日ほどで、我が家にハドソンからの荷物がやってきました。 
 
バターはですね、別にいらないなあと思ってたんですよ。 
じゃがいもがメインの商品だし、バターはおまけで 
たぶん適当なバターが付いてくるんだろうなあ、なんて。 

でもでも、ここで意外なビックリが待ち受けていたのでした。

届いたバターは、芦別市で作られている「横市バター」というものでした。 
着色料や防腐剤などは一切使用せず、材料は生乳と食塩だけ。 
普通のバターの乳脂肪分はだいたい80%らしいのですが、 
この横市バターは、乳脂肪分が93%もあるんですよ。 
「どっちの料理ショー」に3回も登場しているそうなのです。 
これって…かなりすごいバターなのでは? 

箱やじゃがいもの袋は、あくまでも普通のものだったので 
中学生の頃から大切にしている「がんばれハドソン」缶バッジで 
むりやりハドソンテイストを演出してみました。
本当は、ハチスケの袋に入ったじゃがいもが届くのを想像してたんですけどね(笑)


さっそくじゃがいもをレンジで加熱して 
横市バターをたっぷり乗せて、じゃがバタを作りました。 
ほっくほくでアツアツで、幸せ~!! 
「きたあかり」という品種なんですけど、 じゃがバタにピッタリでしたよ。

なんといっても、ハドソンが作ったじゃがいもですからね。
無意識のうちに、ロードランナーやナッツ&ミルクのことを思い浮かべながら食べましたよ(笑) 


横市バターは乳脂肪分がとても高いせいか、やっぱり普通のバターと違うんですよ。 
香りや味はもちろん、スプーンですくった跡までが 
なんだか高級なアイスクリームのようでした。 こんなバター初めてです。 


調べてみたらこの横市バター、100gで630円! 
今回買ったセットは1000円だったので、 
じゃがいもよりバターの方が、ずっと高価だったのでした。 

じゃがいもは、全部で10個ほど届いたんですけど 
食べ終える前にバターがなくなってしまいそうです。 
そしたら生協で買った、よつばバターを乗せて食べようと思っています。
(これも北海道では有名な、美味しいバターなんですよ) 

ところで、通販サイト「ど~んと北海道」では 
売り上げの一部を農地保全に使っているんだそうです。 
商品を購入すると、間接的に自然環境が守れるという仕組みでした。 

今回注文したハドソンのじゃがいも+バターは、セットで1000円という価格だったんですけど、 
これで私は、0.03㎡の農地保全に貢献できたそうです。 
つまり3c㎡…切手1枚よりちっちゃーい!

ちなみに、送料は900円でした。
札幌まで片道450円で行って購入してきたと思えば、900円の送料など安い安い!
…と考えることにします(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://adventure-world.info/blog/mt-tb.cgi/228

コメントする

このブログ記事について

このページは、namachanが2006年10月30日 16:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「曼珠沙華を見に高麗へ」です。

次のブログ記事は「ドッグカフェ初体験!/Tea Room Wan」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261