2006年12月アーカイブ

昼食にカレーライスを作って甥っ子や旦那と食べたあと、
バスで隣町まで買い物に行ってきました。

ついでに、以前ネットで調べておいた喫茶店「ふれっぷ」へ。
美味しい自家焙煎のコーヒーが自慢のお店なんです。
店内は静かな音楽が流れ、ゆったりとした雰囲気でした。
何がいいって、客が殆んどいないことかな(笑)
別に人気がないわけではなく、街を歩いている人間そのものが少ないので。

ゆっくり長居できそうな、居心地の良い雰囲気なので
コーヒーの回数券も買ってきちゃいました。
5杯ぶんの値段で6杯飲めるというやつです。
私はアッサムティーを飲んだのですが、こちらも美味でしたよ。
これから、息抜きの場所のひとつにしようかと思います。

最後の配達に出発!

| トラックバック(0)
東京でのお仕事も、ついに今日で最後です。 
心配していたお天気も、ありがたいことに回復してくれました。
綺麗な青空がひろがっています。 



最初は怖くてしかたがなかった、バイクでの配達。
ものすごく癖がある車体だったけど、今ではすっかり乗り慣れました。

そんな赤い相棒とのラストラン、行ってきま~す! 
のんびり配達してこよう。

自由学園の焼きたてパン

| トラックバック(0)
自由学園では、クッキーを焼いている施設の隣にパン工場があり、 
ちょっとと見ただけでは絶対にお店には見えないんですけど、 
ドアを開けて、中の人にパンを買いたい旨を告げると 
生徒さんのために焼いているパンをわけてくれます。 
そういう意味では「知る人ぞ知るパン」なのかも。 

午前中しか買えないという話を聞いていたので 
11時くらいに行ったんですけど、 
まだ時間が早くて、いろんな種類のパンが焼けておらず 
早めに焼きあがっていた 
「にんじん入り食パン」と「チーズツイスト」を買いました。 
チーズツイストは、フランスパンの生地で作られてるんですよ。 


11時に焼きあがっていないということは、自由学園では 
本当に文字どおり「焼きたてのパン」が昼食に出るんですね。 
いくらなんでも、朝のうちに焼きあがっているものかと思ってました。 
うーん、なんてうらやましい食事環境なんだろう。 

どちらのパンも、おそらく添加物が入っていないのでしょう。 
街のパン屋さんで買うより、ずっと美味しく感じました。 
あー、家の近くにあったら常連になっちゃうのにな(笑)

自由学園のクッキー

| トラックバック(0)
東久留米には「自由学園」という私立の学校があるんですが、 
創業者が、かなり食に対するこだわりを持っていて 
生徒に毎日、焼きたてのパンを食べさせたいという理由で 
敷地内にパン工場まであるという、素敵な学校なんですよね。 
給食は、女子生徒がすべて手作りしているんだそうですよ。 

他にもいろいろと面白い活動をしていて、 
個人的にこの学校には、非常に興味があったりします。 
職場の同僚が自由学園の卒業生なんですけど、 
聞いていると、興味深いエピソードが出てくる出てくる。 
公立の学校しか知らない私には、とても新鮮です。  

さて、その自由学園の卒業生たちが集まって構成した 
「食事研究グループ」というところが作っている、手作りクッキーを買ってきました。 
家内制手工業的に作られている、 知る人ぞ知る人気の品なのです。 

缶の中にぎっしり詰められたクッキーは 
種類も豊富で、蓋を開けると楽しい気分になります。 


いちばん小さな缶でも2500円という価格で 
自分で買って食べるにはちょっぴり高めだけど、 
贈り物にするには、ぴったりかもしれません。 
全国発送してくれるので、贈り物に使う人は多いようです。 
私が買いに行ったときも、お店の中は 
包装され伝票の貼られた発送待ちのクッキー缶でいっぱいでした。 

あっさりした甘さで、サクサクした歯触りで 、ホントに美味しかったですよ。 
熱いコーヒーと一緒に満喫しました。 
添加物が入っていないのもポイント高いんですよね。 

機会があったら、また食べたいな~。

お仕事もあと2週間

| トラックバック(0)
郵便配達の仕事とも、あと2週間でお別れになるんですけど 
いまだに実感が沸かなかったりします。 

住んでいる隣の市で配達をしているわけなんですが、毎日のように同じエリアを走っていると、 
自分が住んでいる街以上に、その場所に愛着を感じるんですよね。

 
仕事のあと、配達エリアの観光スポットを訪れてみたり、
Googleマップで担当してるエリアをチェックして
隠れた名店を探して行ったりして、楽しんでいました。 

最近は、担当エリアの銘菓を 「ここで仕事をしていた記念」として買ったりしています。 
銘菓は当地の特徴を端的にあらわしたものが多いので、記念にするにはぴったりだと思うんですよ。 

配達中に、風景を携帯のカメラで撮影したりもしてます。 
とても自然の多い街なんですよ。 
特に私がいま担当しているエリアというのは、市のウォーキングコースとして設定されているほどで 
観光客がしょっちゅう訪れるようなところなのです。 
遠足の子供たちに「バイバーイ!」と手を振られることも。 
初めて行ったとき、あまりに東京離れした風景に目を疑いまくっていたくらいです(笑) 


いつも新しい配達エリアを割り当てられるたび思うのですが、 
そのエリアの担当になったのも、きっと何かの縁。 
なんらかの形で接点を持っておきたいなと思うんですよね。 

北海道で郵便配達するのは私には無理なので(積雪の道路を運転する恐怖には耐えられない…) 
残された日々を大切にしながら、最後の一日まで楽しく働きたいなと思ってます。 


このアーカイブについて

このページには、2006年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261