2007年12月アーカイブ

免許証の更新のため、札幌中央警察署まで行ってきました。 
原付免許オンリーなんですけどね。 
東京を離れるときスクーターも手放してしまったし、運転する機会はなくなってしまったけど
身分証明として、原付免許はものすごく役立っています(笑)

家から歩いていったんですが、マイナス3℃で強風の中、片道50分! 
風は猛烈に冷たいし、地面はツルツルだし、まいりました。 

今回は初のゴールド免許なので、講習時間は30分です。 
免許を取って5年だけど、運転していたのはそのうち1年半くらい。 
でもまあ、いちおう「5年間無事故無違反」ということで。 

府中の免許センターしか行ったことがなかったのですが、 
札幌中央警察署内にある「優良運転者免許センター」は、 
とても小ぢんまりとしていて、雰囲気も落ち着いていました。 
府中はおそらく、あまりにも人の数が多すぎるせいでしょうけど 
すごく対応が事務的で「捌かれてるなあ」って感じだったんですよね。 
こちらのセンターは、あったかくてのんびりした印象でしたよ。 

交通の規則が載っている本の他に、もう一冊本が配られましてね。 
北海道での運転に特化した内容が載っていました。 
面白いので、ちょっと内容を紹介しますね。 

これを見て最初「しる・まもる・はげる」と読んでしまいました。 
なんでそこまで、見た目の語呂にこだわるんだろう(笑) 
横についてる英語も、取ってつけたようなセレクトです。 


北海道と東京の、死亡事故の発生状況。 
こうやって見てみると、発生状況がまったく違いますね。 
北海道の場合、車両単独での死亡事故がいちばん多く 
次点が正面衝突と人対車両で、同率2位だそうです。 


北海道は交通事故での死亡率が全国ワースト1なのですが、 
いろいろ要因があるみたいで、それもわかりやすくまとめてありました。 
人づてに聞いたことはあるけど、こうやってデータで出されると 
とても説得力があるし、わかりやすいです。 


冬に凍結した交差点で車がクルクル回転してしまう、という話を 
よく聞かされるので、死亡事故は冬に発生しやすいのかと思ってましたが 
予想とは違い、夏がダントツに多いんだそうです。 
広い道路を猛スピードで飛ばすからなんだろうなあ…。 


北海道における、車の冬の装備品。 
こういうの、東京ではまったく必要ないですよね。 
こちらは冬になると、タイヤを替えたり不凍液を買ったりと 
やたら出費が多くなるので、車を持ってると非常にお金がかかります。 
それもあって、車の購入に踏み切れないんですよねえ。 


冬に北海道で車を走らせるときの注意いろいろ。 
いやもう、いろいろと神経を使いますね…。 
東京での雨の日の運転とは比べ物にならないほど大変そう。 


北海道を走るドライバーがスピードを出しすぎてしまう理由、 
そして、トンネルやガードレールなどに衝突する理由。 
何もかも東京とは違っているんだなと、改めて知りました。 


個人的には、これがいちばんツボでした。 


「超滑る」って(笑) 
警察がくれる教本で、こんな表記を見るとは思いませんでした。 
でもまあ実際、アイスバーンは「超滑る」んですけどね~。 

警察からの帰り道、おそらくラーメン屋の配達員さんなのでしょう、 
おかもちを持って、スケートリンクのようなツルツル路面でカブを走らせるおじちゃんがいました。 
タイヤにチェーンも巻かず、両足を地面につけながら 
何度もアクセルを回すことで、ちょっとずつ進んでいて…。 

うわー、見ているこっちが怖いっ!! 
思わずその場で立ち止まり、 
ヒヤヒヤしながら、バイクが見えなくなるまで見守ってしまいました。 

北海道を走るのはやっぱり、夏が一番だと思います。
社内見学のあと、ロビーに隣接している食堂で遅いお昼ごはんにしました。 
関係者だけではなく、見学客も普通に利用させてもらえるんですよね。

どんなものがあるのか、入ってみないと全くわからないのですが 
テーブルについてメニューを見てみると、なかなかのお手頃価格。 


 
ランチタイムのコーヒーは10円! 良心的な価格で素晴らしいです。 

 

店内は、観光客よりもお仕事関係の人ばかりでした。 
タイミングが良ければ、憧れの誰かに遭遇することもあるかもしれませんね。 


旦那は「ロコモコ丼」、私は「酢豚丼」を頼んでみました。 
どちらも500円とお手頃価格で、美味しくてボリュームたっぷりでした。 
ここのメニューを制覇するのも面白そうです。 




このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261