2008年8月アーカイブ

北竜・ひまわりの里

| トラックバック(0)
レンタカーで、北竜町へ行ってきました。 ひまわりがたくさんある町なんですよね。 
北竜の道の駅には温泉があり、いつもは朝10時からのところ 
今日までは7時半から入れるとのことだったので、ついでに朝風呂を堪能。 
ひまわりのお湯と、露天風呂を楽しんできました。 

北竜への道のり。延々と続く長いまっすぐな道路です。 
どうも北空知地方は、どの町でもたいして景色が変わらない気がします(笑) 
そして、凄まじい数のトンボが飛び回っていました。 
車のフロントガラスに、10秒に1度は接近してくるんですよ。 
バードストライクならぬトンボストライクが、何度も発生していました。 


道の駅で温泉に入ったあと、少し先にある「ひまわりの里」へ。 
隣接しているのかなと思っていたのですが、車で少し行ったところでした。 
北竜には何度か来たことがあるけど、夏に来たのは初めてなのです。 
おおっ、これはすごい景色だ! 


記念撮影スポットも、しっかり用意されていましたよ。 



そして、山頭火のパクリが! 勝手に名前を使ってるし(笑) 


圧倒されるほど大量のひまわりが見られます。 
一面に広がる花畑というのは、ものすごい迫力がありますね。 



ダチョウやマガモと触れ合ったり、餌をやったりできる場所もありました。 
餌は1回ぶん100円で、近くの売店で買うことができます。 


旦那がダチョウの餌やりを体験してきました。 
手でやるとしたら怖いなあと思っていたら、 プラスチック製の柄杓にペレットが入っているんです。 
確かにこれなら、つつかれることもなく安全に餌をやれますね。 
餌を食べるときのダチョウの迫力にビックリでした。 

おみやげや飲食物を買える場所があったので、 
「ひまわりソフトクリーム」なるものを食べてみました。 
写真だとよくわからないのですが、 細かく砕いたひまわりの種が混ぜ込まれています。 
香ばしくて、なかなか美味しかったですよ。 


以前ここでは「ひまわりナッツ」というものが売られていましてね。 
殻をむいて軽く揚げ、塩をふって缶に入った製品なのですが 
まだ東京に住んでいた頃、旦那の実家からときどき送られてきて 
とっても美味しかったので、買いたいなあと思ってたんですよ。 

でも、北竜に着いてからどこを探しても見当たらないので 
おみやげ屋さんに聞いてみたところ、だいぶ前に生産を止めたとか。 
人気は高かったけど、すべて農協で手作りしていたので採算があわず 
やむなく作るのを止めてしまったんだそうです。 
そして、外国製のひまわりナッツがお店に並んでいました。 
事情を聞くと切なくなりますが、ちょっと残念…。 
北竜の人たちも売っている人たちも、これでは納得いかないでしょうね。 

今回もぬいぐるみを連れていったので、何枚か記念撮影。  



近くには、北一已駅(きたいちやんえき)という無人駅がありましたよ。 
実際に使われているのかな? 
このあたりは本当に列車の本数が少ないので、踏切も滅多に鳴らないんですよね。 


午後は義父の還暦祝いのため、妹背牛へ移動しました。 
家族みんな揃って、写真館で記念撮影したあと食事会。 
息子2人に娘2人、嫁が2人、孫が3人。賑やかな時間でしたよ。 

札幌へ帰る直前に見た空は、綺麗な夕焼けでした。 


このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261