2009年3月アーカイブ

前から行こうと思っていた、ススキノのパフェ屋さんに行ってきました。 

このお店、札幌に越してきて間もない頃から気になってたんですよね。 
いつ通っても人の気配がわからないし、外装もなんだかボロボロなので 
だいぶ前に閉店して、そのまま店舗だけ残ってるのかと思っていたんですよ。 
看板には店名も出ていないですし。 


でも調べてみると、19時くらいからオープンするパフェのお店で 
中は狭くて薄暗くてヘンな臭いがするし、 
マスターひとりで切り盛りしていて、注文を受けてから作り始めるので 
注文してから30分くらいは普通に待たされるけど 
どのパフェを頼んでも抜群に美味しいから、ファンがたくさんいるとのことで。 
ちょうど時間も20時すぎだったので、行ってみました。 


確かに、カビ臭いような灯油臭いような、独特の臭いが充満しています。 
狭い階段をおりると、半分地下のようなエリアになってましてね。 
まるで防空壕のような雰囲気でしたよ(笑) 
今日はかなり寒かったんですけど、店内は灯油ストーブとパネルヒーターで暖かく 
ジャズの心地良い音楽が流れていて、パフェを待ってるあいだに眠くなります。 

 

テーブルにはパフェの説明があるんですけど、メニューはまた別にあるんですよ。 
旦那は「にんじんパフェ」、私は「チーズケーキパフェ」を注文しました。 
先客が2組くらいいたんですけど、パフェが運ばれてきて食べ始めると 
「こんな美味しいバナナ初めて食べた!」とか「ここは人に教えたくないなー!」とか 
例外なく大興奮していて、期待も高まるというものです(笑) 


マスターは注文を受けると厨房に引っ込んでしまい、 
ウィィィン! とかドカドカドカッ! とか、謎の音が響き渡ります。 
注文を受けてからアイスを作り始めているそうなんですが、 
30分ほど待って、私達のテーブルにもパフェが運ばれてきました。 
手前がチーズケーキパフェ、奥がにんじんパフェ。 


ここのパフェは添加物がまったく入っておらず、 
グラスの底に敷き詰めたコーンフレークや、横に挿したポッキーなども無く、 
シンプルにアイスとクリームとメインの具だけなんですよ。 
でも、すべてがマスターの手作りなので、味のレベルが全然違うんですねえ。 

チーズケーキパフェは、小ぶりながらも本格的なチーズケーキが乗っていました。 
そこらへんの安っぽいチーズケーキじゃなく、新鮮なクリームチーズたっぷりで。 
何よりビックリしたのは、ひとくちサイズにカットしたカマンベールチーズが 
アイスの中にたくさん埋まっていること。 
パフェなのに、甘さよりしょっぱさを感じる不思議な味わいでした。 

にんじんパフェは、甘く煮てすりつぶしたと思われるにんじんペーストがたくさん。 
野菜のやさしい甘さたっぷりで、かといって甘すぎずくどすぎず。 
アイスやクリームとしっかり調和していて、健康的で美味しいパフェでした。 

しかし、舌が肥えるの確定ですよ...。 
噂どおりの味でした。こんなに美味しいパフェは食べたことないです。 

マスターが他のお客さんに話していたのを聞いたのですが、 
業務用の生クリームは、添加物のカタマリだから味が全然違うんだとか。 
確かにここのパフェを食べたあとだと、 
今まで食べてきたパフェは、いったい何だったんだろう? と思えてくるんですよ。 

2人で行って3杯食べるとか、1人で行って2杯食べるとかも珍しくないそうです。 
昔ならともかく、今は味覚も胃腸の強さもだいぶ変わっているので 
あまり好んでパフェをたくさん食べようとは、なかなか思わないのですが 
ここのパフェは余計なものが入ってないせいか、ヘンにもたれることもなくて 
おかわりも充分いけるんじゃないかという気がします。 

ぜひここには定期的に通って、いろんなパフェを制覇してみたいな~。 
いいお店を見つけました♪ 

■ぴーぷる・ぴーぷ 
札幌市中央区南4条西6丁目 
[水・木]19:00~23:00 [金・土] 19:00~24:00 [日・祝] 19:00~22:00 
定休日:月・火
 
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000486/

ロワジールホテル旭川

| トラックバック(0)
旭川中央郵便局の隣にある「ロワジールホテル旭川」に宿泊しました。

もともと旭山動物園へ行くためだったので、泊まれればいいやという感じで
禁煙のスタンダードツインルームを予約し、素泊まり一人2900円。 
でもチェックインの時にフロントで勧められて、
一人1000円増しで、スーペリアツインルームにしてみました。

部屋は広いし、ホテルの最上階で眺めは良いし、ベッドはセミダブルサイズだしで 
とっても快適な時間を過ごせました。
北海道は全体的に、ホテルの宿泊料金が安い印象があるんですけど
これで一人3900円というのは、かなりコストパフォーマンスが良いと思います。


洗面所まわりの様子。
アメニティグッズやシャンプー類も、結構いいものが使われていましたよ。

ホテルに泊まったとき、こうやってきっちり片付けられた部屋や洗面台を見るのが好きです。
部屋に入ってまずやることは、荷物を片隅に置いてから、いろんなところを撮影すること。
いつも旦那には迷惑かけてます(笑)


ネコさんは、ホテルの部屋で誰より先にくつろぐのが大好きな様子。


ひつじのラムちゃんはドライブで疲れたのか、早々とベッドで休んでいました(笑)


旭川の夜景は、札幌より綺麗な気もします。 
深夜2時くらいまで、ずーっとこの夜景を眺めていました。 
札幌って、駅の近くは夜景が映えるんですが、少し離れるとそうでもないので。 


エレベータホールには、間接照明と共にポプリが置かれていました。 
エントランスのロビーにあるおみやげ屋さんで、このポプリが小袋で販売されていて 
これはいい記念になるかもしれないな~、と思いました。 


鏡の前に、こんな感じでポプリが置かれています。
とってもいい香りでした。
確か、エレベータホールのポプリはフロアごとに違うものが置かれていて
どれもロビーのおみやげ屋さんで、300円くらいで販売されてました。


夜が明けてすっかり元気になった、ネコさんとラムちゃんです♪ 


旭川で食べ歩きしてみたかったので、素泊まりプランにして朝食はつけませんでした。
ロビーのレストラン前には、パン生地で作ったらしい魚(プクプク似)が。 


旭山動物園の近くでもあるので、こんな記念写真スポットもありましたよ。 
北海道へ旅行に来て、動物園に行く前にここで写真を撮ったら
とても楽しい思い出になりますよね♪


これだけ気持ちが落ち着く時間は、ものすごく久しぶり。
贅沢だけど、たまにはこういうひとときも必要なのかも...と思いました。

いつもホテルに泊まると狭くて難儀するのに、今回は全くそんなこともなくて。 
北海道でいろんなホテルに泊まりましたが、現時点でここはトップクラスかも。 
また旭川に来たときは、ここを利用したいなあと思いました。 

江別市まで約40000km

| トラックバック(0)
連休を利用して、レンタカーで旭川へ向かっています。
コンパクトカーで予約したけど、RV車が割り当てられてラッキーでした♪

寝袋もあるので、車中泊しようかと思ったんですけど
今の時期、夜中は猛烈に寒くなるので断念し、旭川のホテルを予約しちゃいました。
これからしばらく、連休を取るのも難しくなりそうなので。

いつものようにR12を走っているのですが、
わりと最近に出来たらしい、こんな看板がありました。

 
...地球を一周してこいという意味なのでしょうか(笑)

ちなみにここ、以前は「食べられる大地」の看板があったところなのです。
江別のセンスは素晴らしいっ!

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261