2009年4月アーカイブ

札幌柳屋の鯛焼き

| トラックバック(0)
東京に住んでいたとき、甘酒横丁にある「柳屋」の鯛焼きが好きでした。

札幌へ移ってきてからも、ときどき柳屋のことを思い出していたものの 
鯛焼きだけのために水天宮へ行くのは、なかなか難しく。 
しばらくは食べられないだろうなあ...と半ば諦めていたんですけど、 
なんと、札幌にも柳屋があるということを知りました。 

店主はもともと、水天宮の柳屋で働いていたらしいのですが 
昭和39年に、札幌三越で行われた「新春全国うまいもの会」で鯛焼きを焼いたら 
大ブレイクしてしまい、そのまま生活の地が札幌になってしまったんだそうです。 

で、丸井今井(デパート)の地下で鯛焼きを焼き続けていたものの 
デパート側に「およげたいやきくん」を流しながら売ってくれ、と言われて 
「俺の鯛焼きは鉄板で焼いてない!」と反論し、それが原因で辞めて独立したそうで。 

うーん、すごい経緯だなあ。 
それにしても、チェーン店でもなければ、支店制度があるわけでもないのに 
大好きな柳屋のお店が、よりによって自分が住む札幌にあったとは。 
思いがけない偶然にビックリしています。 

甘酒横丁の柳屋で使っていた鋳型を使い続けているため 
東京で売られているのと、同じものが食べられるんだそうです。

そんなわけで、ようやく「札幌柳屋」へ行くことができました。
住宅地の中にいきなりあるので、最初はわからなくて迷いまくりでしたよ。
あいにくのお天気でしたが、敷地の近くには鯛焼き目当ての車がいっぱい!


小さなプレハブの中で並び、目の前で1匹ずつ焼かれている鯛焼きを買います。 
天気が悪いのに関わらず、入ってみるとすでに6人くらいのお客さんが並んでいて 
そのあとも、次から次に車が集まってきていました。 
ご夫婦で作業してるのですが、お客と笑顔で和気藹々と話してましたよ。 
水天宮のお店の話とかしたかったけど、別の人と話が盛り上がってたので今回は断念。 

パリパリで甘さひかえめの鯛焼きを4匹買い、 
近くのセイコーマートでジャスミン茶を買って、車の中で食べました。 
店主がお客さんと話してたのですが、牛乳や卵を一切使っていないんだそうです。 
小麦粉と水をメインに生地を作ってるのかな? 


やっぱり美味しいな~とシアワセに浸っていると、 
隣に停まった車から女性が降り、車のドアをノックしてきたんですよ。 
何かと思って窓を開け、女性が発してきた言葉は...

「その鯛焼き、柳屋のですか?」
 
お店の場所がわからず探し回ってたみたいなんですけど、
私たちが鯛焼きをパクついているのを車のガラス越しに見て、声をかけてきたそうです(笑) 
車で何か食べててそんな経験をしたのは初めてなので、ちょっとビックリ。 
旦那が行き方を口頭で説明し、私は数分前に貰ったばかりのお店の地図をあげちゃいました。 
無事にたどり着けたかな?


【たいやき 札幌柳屋】 
札幌市東区北46条東4丁目3-1 
14:00~18:00(餡がなくなり次第閉店)/水曜・木曜休 

先日行った、添加物無しでアイスクリームを手作りしている 
お店は怪しいけどめちゃめちゃ美味しいパフェのお店 
「ぴーぷる・ぴーぷ」へ、再び行ってきました。 

PM7:00の開店時間にあわせて行ってみると、 
アイスがまだ出来上がっていなくてオープンできないとの案内書きが。 
毎日4~5時間かけて、マスターがひとりでアイスを手作りしていらっしゃるそうなので 
やむを得ない部分があるんですよね。 


狸小路で少し時間をつぶしてから行ってみると、無事にオープンしていました。 
私達が入ったときはガラガラだったけど、 
次から次にお客さんが入ってきて、店内はあっという間に満席状態。 

今回は、いちばんシンプルなチョコレートパフェ(\500)を食べました。 
例の甘くないアイスと生クリームに、チョコレートシロップが少しと 
たっぷりの無糖ココアが振りかけられています。 
メニューに書かれている説明によると、このチョコレートパフェは縁起物で 
むせずに食べられたら24時間、むせたら1時間、幸せが続くんだそうです(笑) 
私も旦那もむせずに最後まで食べられたので、明日の夜までは幸せ確定だっ! 

本当にシンプルなパフェで、チョコレートシロップとココア以外は何もなく 
よくあるコーンフレークやクッキーやフルーツなんかも添えられていないけど、 
これがもう、とっても満足できちゃう美味しさなのですよ。 
グラスがめちゃめちゃ冷やしてあって、時間をかけてゆっくり食べても 
中のアイスが最後まで全然溶けず固さを保っているのも、すごいと思います。


ところでこのお店、完全禁煙なのですが 
タバコを吸わずに過ごすと、精算のとき2種類の券が1枚ずつもらえます。 
それにしても、この適当な切り方がたまらないなあ(笑)


レジの近くに、いろいろと貼り紙があったので撮影してきました。 
上に載せたクリーン・カードの使い方(特典)も書かれてるのですが...。 

・10枚で50円引き+チョコ1個 
・30枚で150円引き+チョコ3個+パフェ券1枚 
・90枚で450円引き+チョコ9個+パフェ券3枚+5リットル容器パイ菓子 

いろいろ補足説明が書かれているものの、無駄にわかりづらいぞ(笑) 
90枚も集めるのは大変そうですけど、特典としては大きいですよね。 
5リットル容器のパイ菓子って、ものすごく気になりますっ。

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261