2010年2月アーカイブ

てぃらのさんと、大通の「モノプリカフェ」でお茶してきました。 
メインの目的は、お互いルピシアの福袋で手に入れた茶葉の交換会だったんですけどね。 
少量ずつ交換することで、いろんな茶葉を試しちゃおうということで♪ 

モノプリカフェは、東急ハンズ近くの雑居ビルに入ってるんですよ。 
雑居ビルといっても、なんだか学校っぽい雰囲気で...。 
小さな区画がたくさんあり、カフェや雑貨屋さんなどが入ってるんですが 
雰囲気的に「やたらと質の高い文化祭」という感じでした。 


そんなに広いわけではないのに、建物内はダンジョンのようにわかりづらく。 
少し中を迷って、ようやくたどり着いたのでした。 
お店の外の壁には、お知らせがいろいろと貼られていましたよ。 


あまりお店っぽくなく、お洒落なおうちにお呼ばれしたような空気でした。 
椅子にはそれぞれ、腰に当てる俵型のクッションが置かれていたのが面白いです。 
室内の窓は全部、落ち着いた配色のカーテンで覆われていました。 
なので外から光は入ってこないんですけど、それもちょっと新鮮でしたよ。 


右奥に調理スペースがあるようで、そちらでお茶の準備がされます。 
手前の食器棚には、外国製の高そうなカップやソーサーがいっぱい! 
お茶を注文したあとは、この棚から好きな食器を選ばせてくれるんですよ。 
ひとつずつ違う種類・違うデザインなので、つい目移りしてしまいます。 


このモノプリカフェ、フランスの「クスミティー」が飲める 
北海道で唯一のお店なんだそうです。 
私はクスミティーって何か知らず、チャイとかロシアンティーとか煎茶とかみたいに 
茶葉とか飲み方の種類だと思ってたんですが、違うんですね。 
クスミティーという会社があり、そこで販売しているお茶がクスミティーだそうで。 
http://kusmi-tea.jp/ 

今回は、てぃらのさんも私も「サンクトペテルブルク」というお茶にしました。 
柑橘・ベリー・キャラメルと3種類の香りがブレンドされているんだそうです。 
まずは茶葉がジャンピングできるガラスのポットで、お茶を抽出してくれます。 
ちょうどいい頃合になったら、陶器の白いポットに移し変えてくれました。 
ゆっくり飲んでも紅茶が苦くならないので、とても嬉しい配慮です。


お店で焼いたスコーンがついた「スコーンセット」(900円)にしてみました。 
運ばれてきたスコーンを見て、その大きさにビックリ! 
普通の紅茶屋さんで出るスコーンの、2~3倍はあるような気がしますよ。 


スコーンには通常、クリーム(このお店はクロテッドクリームじゃなくて生クリームです)と 
ジャムが添えられて提供されるんですが、今はちょっとスペシャルなサービスで 
ジャムのかわりに「コニャックバター」が選べるというので、それをお願いしてみました。 
黄色いマッシュポテトみたいなのが、コニャックバターです(笑) 
初めて食べましたが、ほど良いアルコール感がとっても美味しかったですよ。 
私、お酒を使った甘いお菓子って大好きなんですよね♪ 


3種類の香りがブレンドされているという紅茶も 
お互いが強く主張しすぎることなく、最初から最後まで楽しめました。 
香りの配合が絶妙なのでしょうね。 
それにしても、繊細なカップで飲む紅茶は美味しいなあ...。 
飲むときカップの取っ手に人差し指を入れ、そのたびに抜けなくなってたのですが 
てぃらのさんに聞いたところ、これは指先でつまんで飲むんだそうです(笑) 


店主の女性はとてもフランスに詳しく、知的好奇心が旺盛な方でした。 
いろんな薀蓄を、たくさん語ってくれるんですよね。 
そしててぃらのさんがまた、そういう話を引き出すのがとても上手なんですよ。 
私はお店に入っても、そこまでオープンな交流をしない奴なもんで 
何かと刺激になったし勉強にもなりました。 

てぃらのさん、今日は本当にありがとうございました! 

【モノプリカフェ】 
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル2F
11:00~19:00(LO)/不定休 

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261