ケーキフェア(2010年6月)/ルアンカフェ

| コメント(0) | トラックバック(0)
いつもお世話になっている「ルアン・カフェ」で毎月開催されている、ケーキフェア。
今月も旦那と一緒に、いそいそとお邪魔してきました。


上の段にあるのはそら豆のスコーン、下の段にあるのがオレンジのスコーン。
それぞれ、マヨネーズとママレードをつけて戴きます。


油脂を使わず、泡立てた卵の力で膨らませた「ヴィクトリアンケーキ」。
中には、いちごのジャムがサンドされています。
スコーンと同様、パサパサした食感が紅茶とよく合うんですよね。
写真から伝わるかと思いますが、軽いケーキなのです。


砂糖、卵、バター、小麦粉を同じ分量入れて焼いた「カトルカール」。
私もこのあいだ焼きましたが、こんなにきめ細かい仕上がりにはなりませんでした(笑)
ヴィクトリアンケーキとは対照的に、しっとりずっしりした重いケーキです。
バタークリームのデコレーションが可愛い♪


スタッフの方たちは、このあいだ北京へ研修旅行へ行かれたそうなのですが
北京から持ち帰った「八宝茶」が、サービスとして出されていました。
ハーブティーのような味で、意外と飲みやすかったです。
身体にやさしい成分だな~と思いましたよ。


たまたま私達が行った時間は、他にお客さんがいない貸し切り状態で、
のんびりゆっくりティータイムを楽しむことができました。
テーブルに置かれているお花は、ティーポットに飾られているんですよ。


紅茶に意外と合うということで、ケーキやスコーンだけではなく和菓子もあるんです。
この日出されていたのは、おはぎ・水まんじゅうでした。
とても暑い日だったので、水まんじゅうのプルプル感が嬉しかったな~。


ホイップした生クリームをクッキーでサンドした「クッキーケーキ」。
冷蔵庫でつめたく冷やしてあり、リクエストすると出してもらえます。
クッキーなんですが、しっとりしていてケーキみたいな食感になっているんですよね。
こんど、家でも作ってみようかな。


左がオレンジのスコーン、右がそら豆のスコーン。
塩味のスコーンにマヨネーズをつけて食べるなんて、他のお店では見たことがなかったけれど
このお店で初めて知って、紅茶との相性にビックリしました。


ケーキ類はひとつずつ、全部おいしく戴きました(笑)
手作りのケーキというのは、心も身体も癒してくれますよね。
スコーンをおかわりしたんですけど、サラダも用意されているので一緒に盛り付けたら
なんだか、ちょっとしたプレートみたいになりました。


手前のカップに入っているのが、私が頼んだ「サンクトペテルブルク」。
柑橘、ベリー、キャラメルの3つの香りがブレンドされた、とても良い香りがするんですよ。

奥のカップに入っているのが、旦那が頼んだ「ラプサンスーチョン」。
こちらは有名ですが、なんと正露丸の香りの紅茶なのです。
以前から興味はあったようで、この日初めてラプサンスーチョンに挑戦した旦那は
かなり気に入ったらしく、飲みながら感激していました。

ひとくちだけ飲ませてもらいましたが、私にはちょっと敷居が高いかな~。
テーブルの周囲が一面、正露丸の香りで包まれてしまうティータイムというのは
慣れないと、なかなかすごいものがあります(笑)


ルアンカフェに来るといつも、紅茶の新しい発見があって楽しいです。
素敵なお店を知ることがてきて、嬉しいなあと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://adventure-world.info/blog/mt-tb.cgi/79

コメントする

このブログ記事について

このページは、namachanが2010年6月26日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケーキいっぱい♪/洋菓子と薪釜ピッツァ ラ・ヴェリテ」です。

次のブログ記事は「狩りをする猫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261