2010年8月アーカイブ

用事があって狸小路商店街へ行ったところ、「狸まつり」というものが開催されていました。
毎年この時期になると開催されているみたいなんですけど、飾り付けが楽しげなんですよ♪


巨大な狸さんがアーケードの天井に張り付き、道行く人たちを鋭い眼差しで監視しています(←ウソ)
ハッピにJRAのロゴが入っていますが、JRAが出資してるのかな?


見た目が賑やかだと、雰囲気が変わって良いものですね。
狸小路商店街はけっこう便利なので、ちょくちょく買い物に利用しています。
東京に住んでいた頃も、札幌旅行では狸小路に大抵立ち寄ってました。


巨大な提灯も。夜になると点灯したりするのかな。
日本の夏という感じで、なかなか素敵な空間でした。

ところで狸小路には「ぽんぽこサンバ」というテーマソングがあり、
商店街やラジオ等で、その軽快な歌が流れているんですよ。

月がポンと出りゃ 星がポコ♪
がポンと咲きゃ 鳥がポコ♪
いつも世界は ポンポコ祭り♪
ポンとポコとの二人連れ♪
ポンポコ~ 札幌♪ ポンポコ~ 札幌♪
狸小路は ポンポコシャンゼリゼ~♪

曲は全然サンバじゃないんですけど、なんだか妙に可愛らしくて耳に残る歌詞で
北海道出身の旦那と知り合って間もない頃、よく歌ってもらっていました(笑)

いつもは毎月1回、金曜~日曜の3日間にかけて開催される、ルアンカフェのケーキフェア。
7月は特別にもういちど開催されるとのことで、またもや旦那と二人でお邪魔してきました♪


カラフルなバタークリームで可愛らしく飾りつけされている、バターケーキ。
あえて生クリームではなく、バタークリームというのがポイントですね。
しっとりしていて、優しい味でした。


おなじみ、油脂を使わずに焼き上げたヴィクトリアンケーキです。
今回はちょっとトロピカルに、マーマレードをサンドしてアレンジしてありました。
しっとりしたバターケーキも好きだけど、サクッとした口当たりのこのケーキも好きだな~。


ラムレーズンのカトルカール。1本をスライスしたものが、さらに縦半分にカットされていました。
これくらいの大きさだと、食べやすくていいかも。
またまた好みの味で、いくらでも食べられそうな感じでした(笑)


スコーンは、ベーコンとコーンかな? いつものように2種類です。
いつも違うアレンジがされているので、毎月どんなスコーンが出てくるのか楽しみなんですよ。


紅茶ではなく、北京のとっておきジャスミンティーを淹れてもらいました。
そしてティーカップは、トワイニング本店で購入したというものをチョイス。
選ばせてもらった時は、棚の奥に入っていたので気がつかなかったんですけど
とても大きなカップで、普通のティーカップの1.5倍くらい入るんですよ。
たっぷりとお茶を楽しみたい時には、うってつけのカップかもしれませんね。


旦那は、鳥さんがデザインされたカップを選んでいました。
ウェッジウッドだったかな?


左がベーコンのスコーン、右がコーンのスコーン。
マヨネーズをつけて戴きました。
香りも味もとても良い、とっておきのジャスミンティーを戴いてきたわけですが
スコーンにはジャスミンティーではなく、紅茶の方が合うかな(笑)


トライフルというデザートも準備されていたので、お願いしました。
フルーツたっぷりで、スポンジ部分もとってもジューシー♪


こちらは牛乳寒。手前がジャスミンシロップ、奥が紅茶シロップです。
旦那と1種類ずつお願いして、半分ずつ戴いてみました。
寒天は綺麗に2層になっていて、見た目にも涼やかでしたよ。
そして、シロップの味が絶妙で...。
複雑な味わいで、舌が喜んでいるのがわかるようでした(笑)


テーブルに置いてあった、牛乳寒のお知らせカードに描かれている牛が
なかなかインパクトが強くて面白かったです(笑)


そんなわけで、今回も美味しいお茶とお菓子を堪能して
大満足の状態で、お店を後にしたのでした。ご馳走様でした☆
外国産の、ずっしり重いチョコレートを頂きました。
初めて見るお菓子なんですけど、ドイツでは大人気のチョコレートらしいですね。

最初、パッケージを見て「スライスチーズ?」と思ってしまいました(笑)
大きさも形も、スライスチーズそっくりなんですよ。
もっと分厚いし、重いんですけどね。


写真を載せた今になって初めて気づいたんですけど、
このままパキッと折れば、パッケージごと綺麗に開けられるみたいです。
見ないでハサミで開封したら、かなり苦労しましたよ。
パッケージの大きさがチョコの大きさギリギリなので、ハサミにチョコのかけらがついちゃって。


パッケージ写真を見て、ウェハースにサンドされたチョコなのかなと思っていたのですが
開けてみると、板チョコそのままが出てきました。
かなり甘さが強くて、なんだかちょっと喉が痛くなりました(笑)

輸入品のお菓子は日本のお菓子と違って、繊細な味というわけではないけれど
外国の雰囲気をちょっぴり味わえるので、大好きなんですよね。


このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261