2010年11月アーカイブ

なんとなく思い立って、久しぶりにホームベーカリーでパンを焼きました。
強力粉・ドライイースト・砂糖・塩・水・バターなどを計って入れて、スイッチを押すだけ。
4時間ほどで、こんな感じの食パンが焼きあがります。

でも材料の温度や鮮度、室温などによって
条件が変わってしまうので、材料をきっちり計っても失敗してしまうことがあります。
なので毎回、うまく焼けるかドキドキしてしまうのですよ(笑)
今回は、結構長いこと冷蔵庫で保存していたドライイーストを使ったので
ちゃんと膨らむか心配でしたが、いい感じに焼きあがりました。

そうそう、今まではアナログ計量ばかりで材料を計っていたんですが
きっちり紅茶を淹れるために購入した、デジタル計量ばかりを使いました。
途中で重さをリセットできるので、とってもやりやすかったです。


牛乳にインスタントコーヒーを溶かしてカフェオレを作り、
仕事で軽井沢に行っていた親が送ってくれた、沢屋の「トマト&レモンジャム」をつけて食べました。
トマト&レモンのジャムなんて食べるのは初めてでしたが、思ったより酸味が少ないというか
ほのかな甘みがつけられていて、パンの味によく合って美味しかったです♪

ホームベーカリーは、東京在住時に買って活用していたんですが
北海道に越してきてからは、なんだかあまり使わなくなっていたんですよ。
デジタル計量ばかりで環境も良くなったことだし、またパン作りを再開しようかな。

雪の季節が到来/中島公園

| トラックバック(0)
今日の札幌は、すっかり雪景色になっていました。 
最高気温は0℃、最低気温は-4℃。 
今年もまた、雪の季節がやってきたのですねえ...。 

越してきて間もない頃は、いちいち動揺して騒いでいた気がするのですが 
今ではもうだいぶ慣れて、この程度の積雪では全く動じなくなりました(笑) 


これから数ヶ月間、嫌というほどこんな景色ばかり目にすることになるのに 
やっぱりシーズン初の雪は格別で(紅葉の時期に一度降ってますけどね) 
記録に残しておこうと、デジカメを持って出勤してしまいました。 

Kitara近くの木はイルミネーションが点灯していて、クリスマスツリーみたいに可愛いのです。


木の枝にも雪が降りつもり、白い花が咲いているかのよう。


こんもりと積もった雪は、なんだか砂糖菓子のようにも見えます。
雪の結晶が橋にデザインされているのも、ちょっと気に入ってるんですよね。
夏はあまり意識しないけど、冬になるとその可愛らしさが引き立って見える気がします。


池の水も、表面が凍っていました。
まだしばらくは暖かい日もあるみたいなので、近いうちに解けてしまう気がしますが
真冬になると厚い氷になり、その上に雪が降り積もるのです。

しかし雪道を歩いていると、靴の中で靴下が全部脱げてしまい 
爪先のあたりで丸まってしまうのには、この時期いつも困ってしまいます。 
Twitterで、この現象を「くつまる(靴下が丸まる)」と命名した人がいましたよ。 
RPGとかで出てくる「どく」とか「まひ」とか「ねむり」とかみたいに 
「くつまる」も一種のステータス異常なんだそうです。確かにね~(笑)


土曜日にちょっとだけ、大通公園の「ミュンヘン・クリスマス市」へ行ってきました。 
開催が始まった直後でテレビでもたくさん報道され、しかも週末だったので 
ものすごく混雑していて、全然ゆっくり見られなかったのですよ。 
少し落ち着いてきた頃にでも、また改めて見に行ってこようと思っています。 


くまさんの飾りが可愛い~!
星をモチーフにしている飾りも、大好きです。


ガラス細工のお店で、小物をいくつか組み合わせて購入し 
こんなクリスマスの飾りを作ってみました。
大切に持ち帰り、居間の小さなツリーの横に飾っています♪ 

土台も手のひらに乗るようなサイズで、とても小さいんですよ。 
サンタのガラス人形もたくさんありましたが、あえてサンタさん不在で(笑)


仕事に行く前に、ルアンカフェ恒例のケーキフェアにお邪魔してきました♪

今回はそれぞれのケーキのカバーに、ケーキの名前が書かれた紙が貼られていました。
どのケーキが何なのかすぐにわかるので、これは良いアイディアですねっ。

「チョコレートバナナケーキ」「チーズクリームケーキ」「国産蜂蜜使用の蜂蜜ケーキ」
「油不使用ヴィクトリアケーキ」「アップサイドダウンケーキ」「ラムレーズンケーキ」「スパイスケーキ」
私たちが行ったときは、これらのケーキが並んでいました。


今回もスコーンは2種類。
ソーセージのスコーンと、ツナ&コーンのスコーンでした。
マヨネーズをつけて食べる楽しみ方は、ルアンカフェで初めて知ったんですよね。


今回はスペシャルとして、アイルランドの家庭料理「シェパーズパイ」も登場していました。
ちょうど焼きたてが運ばれてきたので、最初にスプーンを入れることができてラッキーでしたよ。


旦那が頼んだ紅茶は「キームン」でした。
なんだか和風なデザインのティーカップをチョイスしてましたよ。


そして私は、最近お気に入りの「アナスタシア」という紅茶を淹れてもらいました。
爽やかな柑橘類の香りで、癒されるし元気が出るんですよね。
本当は缶で茶葉を買いたいほど好きなんですけど、クスミティーはちょっとお高くて(笑)


奥がチーズクリームケーキ、手前がブランデーケーキ。
いちばん最初にお皿に載せて食べたケーキがこれだったんですけど、
いきなりボリュームのあるケーキを選んでしまい、これだけでかなりお腹いっぱいに(笑)

きめ細かくしっとりしていて食べやすく、塗られているクリームもとても美味しくて。
できたら、自分でも焼けるようになりたいんですよね。
ルアンカフェで出てくるケーキは本当に大好きで、ケーキフェアはいつも楽しみなのです。


スコーン2種と、シェパーズパイを盛り合わせて。
シェパーズパイは、じゃがいもやキャベツやベーコンが入った甘くないパイで
上にチーズを乗せて焼いてあります。
寒かったこともあり、このシェパーズパイはとっても気に入ってしまいました。
旦那と二人して、おかわりしてしまいました。本当にめちゃめちゃ美味しかったんですよ~!


いつもケーキは1個ずつ全種類を楽しませて頂いてるんですけど、
ヴィクトリアケーキとアップサイドダウンケーキは、お腹がいっぱいで食べられませんでした(笑)


いつも美味しいケーキと紅茶、そして楽しいお話をありがとうございます。
今回もご馳走様でした♪
グルーポン系クーポン共同購入サイト「さっポン」で以前購入したチケットを使って、
ススキノの「ちきん・だっくす」さんというお店へ、旦那と行ってきました。
手羽先と焼き鳥が美味しいお店なんだそうで、わくわく。
結婚して13年ほどになりますが、旦那と二人で居酒屋さんへ行くのは初めて。

完全な個室ではないんですけど、のれんが掛かっていると結構いい感じですね。
壁にたくさん貼ってあるのは、今までに来たお客さんが書いた「名言」カードなのです。
テーブルに紙とペンが置いてあって、書いてスタッフさんに渡すと貼ってもらえるようでした。
いま考えると、せっかくだから何か書かせてもらってくればよかったかな。

早めの時間に予約したので、店内は貸し切り状態でした。


運ばれてきてから少し経ったので、泡が消えちゃってますが
生ビールを見て期待に胸をふくらませるネコさん。


今回のメインは鍋なんですけど、準備にちょっと時間がかかるということで
サービスで枝豆を出してくれました。この配慮は嬉しいですね♪


お酒を飲みながら待っていると、準備がととのったみたいで
コラーゲンたっぷり「水炊き鶏鍋」が運ばれてきました。
目の前に置かれたカセットコンロでぐつぐつ煮えて、見ているだけでもあったかくなってきます。


いい感じにダシが出ていて、鶏肉や野菜といった具はもちろん
スープがものすごく美味しかったのです。うどんを入れて楽しみたくなるほど。
あまりに後を引く味わいで、夜に喉が渇いちゃうかな~と思いながらも
ついつい、スープを全部飲んでしまいました(笑)
ポン酢も用意されていましたが、この鍋はスープそのものが本当に美味しかったです。
小鉢の奥に見える赤いものは、私が頼んだファジーネーブル。


自慢の手羽先。塩味が最初からついています。
ポン酢が添えられていましたが、これもやっぱりそのまま食べるのが美味しかったな。
実は、こういう手羽先を食べるのも初めてだったりするんですよね。
手が汚れてベタベタになっちゃうんですけど、ジューシーな鶏肉の美味しさにはかなわないっ!
いままで手羽先を軽視してました。こんなに美味しいものとは思わなかったです(笑)

そうそう、最初に冷たいおしぼりを持ってきてくれるのですが
手羽先を食べ終えた頃を見計らって、替えのおしぼりを持ってきてくれました。
おしぼりが汚れてどうしようと思っていたところだったので、助かりました。
ちなみにここのおしぼりには、ハッカの爽やかな香りがつけてあったんですよ。


私はお酒と一緒にポテトフライを食べるのが好きなので、頼んでみました。
鶏肉料理がメインのお店なんですけど、手羽先と鍋ですっかり満足してしまったので。
ポテトには青のりと、四角いバターが乗っていましたよ。
たっぷり添えられたケチャップも嬉しいところ。


ザンギ好きの旦那は、塩ザンギを注文しました。
ひとくち食べさせてもらいましたが、ネコさんの喜びっぷりが全てを表しています(笑)


「おいしかった~。ここで寝てるから、食べ終わったらカバンに入れて連れて帰って~」


食べ終えてお会計を済ませると、お店のスタッフさんたち3人が
わざわざ外まで見送りに出てきてくれました。
お見送りしてくれるお店は時々ありますが、なんだか形式張って落ち着かないことが多いのです。
だけどこのお店は、なんだか親戚やお友達のお家へ遊びに行った時みたいに
アットホームなお見送りをしてくれて、帰るのがちょっぴり寂しくなっちゃいました(笑)
とにかく接客が抜群で、居心地の良いあったかいお店でしたよ。いいお店でした。

機会があったら、ぜひまた行ってみたいお店です。
美味しい鶏肉料理、ご馳走様でした♪
サンローゼで夕食したあとは、パフェのお店「ぴーぷる・ぴーぷ」へ。

このお店では、一人でパフェを2杯とか3杯とか頼む人も珍しくないそうなのです(笑)
そんなわけで今日は初めて「旦那と二人でパフェ1.5杯ずつ」というのをやってみました!
つまり、オーダー時にパフェを3杯注文しちゃったというわけです。

まず運ばれてきた「あんずのパフェ(650円)」を、二人ではんぶんこ。
先日食べたアップルパフェがとてもすっぱかったので、あんずもすっぱいかなと思ってましたが
これはあんずが甘く煮込まれていて、とても食べやすい味でした。


ちょっとくずしたところ。
カットしたあんずがゴロゴロ入っていて、結構食べ応えがありました。
グラスの下の部分には、ヨーグルトが入ってましたよ。お腹にも良さそうな感じ。


そして「バナナパフェ(650円)を、ひとり1杯ずつ戴きました。
週末で店内が常に満席だったせいか、いつもに増して生クリームのデコレーションが
手作り感あふれているというか、なんというか(笑)
でもでも、味はとっても良かったです。これはリピートしたくなるなあ。
ここにチョコレートパフェにかかっている、ココアパウダーをふりかけても美味しそう...。
バナナパフェにココアパウダートッピングとか、やってくれたら嬉しいなあ♪


マスターとお客さんの会話を聞いていると、いろいろ面白いです。
「おすすめはありますか?」「ありません」
「持ち帰りはできますか?」「できません」
マスターの返答が単刀直入で、実に味わい深いものが。
でもつっけんどんに答えているわけではなく、ちゃんと丁寧に説明してくれるんですけどね。

なにしろマスターひとりで全部やっているので、とにかく待ち時間が長いです。
今日は結局、トータルで1時間以上は待ち時間があったんじゃないかな。
でも来る人はみんな、そういうお店だとわかっている上で来ていて
パフェだけではなく、マスターとの独特な会話や、待ち時間も楽しんでいるので
文句を言うような人は全然いないのでした。
仕事のあと、旦那と待ち合わせてススキノへ。
お気に入りの「喫茶サンローゼ」で夕食してきました。
ここは何を頼んでもハズレが無いので、いろんなメニューを開拓するのが楽しいのです。

旦那はラーメンセット(820円→クーポン利用で720円)を注文。
ラーメンは醤油と味噌があり、味噌ラーメンは何度か頼んだことがあるのですが
醤油ラーメンを頼むのは初めてだったんですよ。
セットにすると、ザーサイとチャーハンがついてきます。


チャーハンをひとくち味見させてもらいました。シンプルながらも真面目な味付け。
うちの近所の中華料理屋さんで出てくるチャーハンより、こっちの方が美味しいぞ(笑)


こちらは、私が頼んだシーフードグラタン(920円→クーポン利用で820円)。
入口のショーウィンドウでも、テーブルに置いてあるメニューでもわからないけど
スープとサラダがついてきます。これが結構嬉しいんですよね~。

グラタンは他のメニューと比べると高いので、今までなんとなく敬遠してたんですよ(笑)
でもこの日はどうも胃腸の調子がイマイチだったせいか、クリーム系の食事が欲しくて。

食べてみて、ちょっとビックリしました。
エビとホタテとカニがたくさん、ぷりっぷりの状態で入ってるんですよね。
どれも食べ応えがあって、満足感がとても高いグラタンでした。
このグラタンを家で再現しようとしたら、かなり大変なんじゃないかなあ...。

寒かった身体も、すっかりポカポカになりましたよ。ご馳走様でした♪


会計のとき、なんとなくレジの近くをのぞいてみていたら
公衆電話のところに、こんな貼り紙がありました。


今はすっかり携帯電話が主流ですし、公衆電話を使う人も減っていますもんね。
私自身も、最後に公衆電話を使ったのがいつか思い出せないですし。
こういうのも時代の流れなのかな~と思います。


スーパーなどで、1本80円くらいで売られている「ビタミンカステーラ」というお菓子は
大正10年からずっと、北海道で愛されている味なんだそうです。
いわゆる卵と砂糖と小麦粉の、いたってシンプルなカステラなんですけど
牛乳と一緒に食べると、優しい味で癒されます。

旦那は子供の頃、体調が悪かったり入院したりしていた時に
必ずこれを食べさせてもらっていたそうで、とても思い入れのあるお菓子なんだとか。
辛かったときに自分を助けてくれた食べ物というのは、何よりも元気をチャージしてくれますよね。

栄養素を考えて食べるというのは、もちろん重要なことだけど
それよりも「食べ物に込められた愛情」を、何よりも大切にした方がいいのかもしれないな、と
最近思うようになりました。

私たち夫婦は札幌に住むようになって、東京在住時とは比べ物にならないほど
外食に出かけて、その時間や過程を楽しむようになりました。
大きなチェーン店よりも、個人経営の小さなお店をメインに出かけています。

個人経営のお店が出してくれるお料理は、作ってくれた人の気持ちが込められている感じで
食べたあとは身体がポカポカとあたたまるし、気持ちがとても癒されるのです。
なので普段の食事は質素にして、週末はなるべく外でごはんを食べる機会を作っています。
(もちろん私自身も料理は普通に作りますが、自分で作った料理は味が予想できてつまらない...)

基本的にこのブログでは「食べたもの」「出かけたところ」ばかりを紹介しているので
しょっちゅう贅沢三昧しているなあ、と感じられる方もいらっしゃるのではないかと思うのです。
私自身も時々、そう思うことがありますから。

でも札幌という都会に夫婦ふたりで住んでいて、親も友達も遠く離れているというのは
自分達で望んだこととはいえ、かなり寂しく感じることも多いんですよね。
なので、こうやって「自分達を癒して力づけてしまう場所・食べ物」を求めてしまうのは
ある意味では必然なのかもしれないなあ、と思うのでした。

普段から、美味しいお店や素敵な場所を自分の足で探しておいて
たまに遠くからお友達や親類がやって来たときには、そこへ連れていってあげたいな...と
そんなことを考えつつ、夫婦そろって素敵なお店探しを続けています。

あれ、ビタミンカステーラの話からずいぶん離れちゃったな(笑)

ススキノの「居酒屋厨房 菱箸 南7条店」という居酒屋さんで、職場の忘年会をしてきました。
忘年会と言うにはちょっと早いけど、12月になるとみんな何かと忙しくなってしまうので...。

全メニュー食べ放題&飲み放題(2時間)で、クーポン利用で一人3000円。
かなりお手頃な価格でお腹いっぱいになれて、なかなか良いお店でした。
お料理はどれも美味しくて、普通にごはんを食べに来るのもいいな~という感じでしたよ。

お料理が運ばれてくると、いちいち写真に撮る鬱陶しい私に、嫌な顔ひとつせず協力してくれる皆様。
去年もそうだったんですけど、いつもその優しさに癒されます(笑)
普段は出来ないようなお喋りを楽しんでいると、あっという間に2時間が経ってしまったのでした。

そんなわけで、今回頼んだお料理の写真を、ひととおり貼っていきますね。
いちばん安いプランだと1500円で食べ飲み放題というのがあるので、懐に優しいお店でした。
店員さんもみんな、感じが良くて親切でしたよ。

たっぷりチキンサラダ、サクッとポテトフライ、甘エビの唐揚げ、カキフライ


若鶏の唐揚げ、菱箸風モダン焼き、本日の刺身5点盛り合わせ、マグロとサーモンのユッケ


お漬物、牛タタキのカルパッチョ、さきいかの天ぷら、もちとベーコンチーズ焼き


揚げ出し豆腐、点心の盛り合わせ、揚げ茄子おろしポン酢、鰤の炙り押し寿司


浦河産タコカルパッチョ、かれいのヒレセンベイ、白湯モツ鍋、あんかけ焼きそば


稚内産こまいの一夜干し、ガトーショコラ、自家製ティラミス、雪見大福の冷たいクリームぜんざい


札幌の北35条にある、とても個性的なゲーム屋さん「ゲームショップ1983」さんへ行ってきました。

現在、来店客への差し入れとして「ファミコン高野豆腐」というものをプレゼントしてくれるのです!
グリン・サンドラさんという、プロのコックさんをやっている方からの提供なんだそうです。
高野豆腐と京人参、昆布や海苔を使ってファミコンを再現し、繊細な味付けがしてあるのですよ。
冷凍した状態で、たくさんお店に保存してあるんだそうで
店長の「いまひ」さんが、冷たいパックを手渡して下さいました(笑)
ニコニコ動画には、調理の過程を楽しくまとめた動画もアップされています。

そんなわけで、ファミコン高野豆腐を2台頂いてきました。
大きさ比較のために、ファミコンのカセットを並べて撮ってみましたよ。
カセットよりもちょっぴり大きいくらいのサイズです。


高野豆腐は、いつも乾燥したものを戻して煮ているので
凍ったものはどうすればいいのかわからず、とりあえず常温で数時間おいて自然解凍させてから
電子レンジで1分ほど温めると、ちょうどいい具合になりました。


完全に解凍されていないうちにパックからお皿に移し、
溶けたところでラップをかけ、レンジで温めたわけなんですけど
あまりにも精巧な出来なので、途中からどうしても高野豆腐というよりファミコンに見えてきて
「レンジにかけたりしたら回路が爆発するんじゃないか」という、妙な錯覚に襲われました(笑)
自分が手に持っているお皿に乗っているのは、食べ物なのかゲーム機なのか混乱してくるのですよ~!


もちろん爆発するわけもなく、熱々の食べごろ状態になったファミコン高野豆腐。
脳内ではまだ、どうしても食べ物と認識できずにいます(笑)


京人参の鮮やかな赤い色が、ファミコンの小豆色そっくり。
細かい部分まで忠実に再現してあって、食べてしまうのがもったいなくなります。


コントローラのコードは、昆布で出来ているんですよ。
見た目的にも本物そっくりに見えて、つい溜息が出てしまいます。
スタートボタンやセレクトボタンの海苔は、移動や加熱の作業中にちょっとずれちゃいました。


コントローラが本体の上に乗った状態で冷凍されていましたが、
ちゃんと左右のくぼみに置けるようになっているのが、ものすごく細かいですよね。
どこまでも徹底して、本物のファミコンそっくり!


箸でくずされて食べられてゆくファミコン...なかなか斬新な光景でした(笑)
しょっぱすぎず甘すぎず、和食の素晴らしさを堪能できる味付けで
いちど食べ始めたら、あっという間に完食してしまいました。


ちなみに今日はお店で、私はPS2の「風雨来記」を、
旦那はWiiの「タツノコVSカプコン アルティメットオールスターズ」を購入しました。
下に敷いてあるのは、店頭購入特典で頂いたオリジナルタオルです。何に使おうかな~。


お店に行く前に、東急ハンズでクリスマスツリーを買ったんですよ。
帰宅してツリーに点灯し、ファミコン高野豆腐を置いてみたら
なんだか「25年前の子供たちの憧れたクリスマス」みたいな光景になりました。
それにしても、ファミコン本体を2台所有しているというのは贅沢ですね(笑)

いまひさん&グリン・サンドラさん、楽しい企画を本当にありがとうございました。
また今度、お店へ遊びにお邪魔しますね。


最近流行の共同購入クーポンのサイトが、北海道にもいくつか誕生しましてね。
私はTwitterで「ぐるぽん」改め「どぅーぽん!」というサイトを知りました。
記念すべき第1弾は、ススキノにあるフルーツダイニング「果実倶楽部818」のクーポン。 
オリジナルパーティープランというもので、全6品で3150円のコースが1575円! 

このお店は以前から気になっていまして、発売開始直後に会員登録して購入しました。 
50枚限定の販売だったらしいんですが、うまい具合に購入成功。 
なんでも、発売開始して18分で売り切れてしまったんだそうですよ。 

事前に予約しなくてはいけない上、このクーポンは平日しか使えないので 
このごろ旦那の仕事帰りが遅いため、使うきっかけがなくてちょっと焦っていたのです。 
使用期限は11月末までなので、あまりゆっくりもしていられなくて。 
まいちゃんがちょうど札幌へ遊びに来てくれたので、お付き合い願った次第です♪ 

まず出てきたのが、秋のおつまみ盛り合わせでした。
「色々キノコの盛り合わせ」「さつま芋スティックのスパイシーフライ」「北海道カボチャのミニコロッケ」
キノコはソテーしてあるんですけど、塩味と酸味が絶妙なバランスでした。
さつま芋スティックはピリッと辛いというか、けっこう辛かったです。カレー風味かな?
ミニコロッケにはトマトソースが添えられていて、安心して食べられる味でした。


次に出てきたのが「根室産あぶりサンマと柿のサラダ」
あぶりサンマと柿のサラダといっても、実際にはブロッコリーとかアスパラとかパプリカとか、
とにかくいろんな野菜が入っていて、とてもボリューム満点なサラダでしたよ。。


ドリンクは「季節の丸ごとフルーツとスパークリング」というカクテルをお願いしました。
ベースが洋梨だったせいか、ものすごくアルコールがきつく感じたんですよ。
すごくフルーティーで美味しいんですけど、一口飲むたびに身体のアルコール分解機能がMAXになり
結局ドリンクのおかわりをする余裕もなく、コースの最後にようやく飲みきれました(笑)


壁には丸太がたくさん埋め込まれていて、不思議なインテリアでした。
どうやって埋め込んだのかな~とか考えていると、時間がゆっくり過ぎていく気がしましたよ。
しかし普段こういうお洒落なお店には来る機会がないので、ちょっぴり緊張!


丸太の壁をよく見ると、木製のフクロウさんが止まっていました♪
かわいいなあ。


さてさて、次に運ばれてきたのが「季節野菜のぺペロンチーノ」
ちょっと固めに茹でられたパスタと、たくさんの野菜たちの相性はピッタリでした。
ズッキーニやキャベツ、パプリカ、白菜、しめじ...見た目もカラフルで楽しいのです。
お店の人が、綺麗に小皿へ取り分けてくれました。


そして次に運ばれてきたのは「洋梨と栗のリゾット」
栗の甘さを想定して口に運ぶと、チーズの強い味と香りが広がるのです。
脳内で「???」という感じで、食べていて面白かったですよ。
こういうお料理を食べているとボケなくていいかもねえ、なんて会話をしていました(笑)


メイン料理は「鶏肉のブロシェットバルサミコソース」
しいたけやパプリカや長ネギなどと一緒に、大きな鶏肉が串に刺さって出てきました。
お肉はとってもやわらかくて、美味しかったです。
でも、ちょっと前に白い恋人パークで、ケーキをいっぱい食べてきてしまったため
上にかかっているのが、どうしてもどうしてもチョコレートソースに見えてしまって...。
この妙な感覚と戦いながらバルサミコソースを味わうのは、かなり難儀してしまいました(笑)


メインのお料理を食べ終えた時点で、相当お腹がいっぱいになっていたのですが
最後にどどん! と出てきたのは、デザートの「季節のフルーツピッツァ」
ピッツァ生地に、りんごやみかんやブルーベリーといったフルーツがたくさん乗っていて
ヨーグルト味のソースがかかっていて、懐かしい味のようでもあり、斬新な味のようでもあり。
ミントの葉がアクセントになって、これがまた美味しいのです。

しかし、ひときれが手のひらの半分くらいあって、かなり大きいんですよ。
1~2切れ食べたところでギブアップして、まいちゃんがお店のスタッフさんにお願いしてくれて
包んで持ち帰らせてもらいました。
快く引き受けてくれて、とても嬉しかったです。

お店のスタッフの方たちは、皆さん全体的に若い人ばかりだったんですけど
身なりが完璧にキッチリしていて、フレンドリーかつ礼儀正しく接してくれるので
ちょっとした質問やお喋りも楽しくて、とても心地良い時間を過ごすことができました。


帰り際には、スタッフの方が出口までお見送りしてくれて
さらに、おみやげとしてフルーツの詰め合わせをくれるのです。
結構ずっしり重かったんですけど、外の天気があまり良くなかったこともあり
あえて中身を見ずに帰り、帰宅してから開けてみました。


持たせてくれるフルーツは、そのときによって違うらしいんですけど
この日頂いたのは、洋梨×1個、りんご×1個、バナナ(完熟王)×4本でした。
完熟王は1本ずつ包装されているもので、食べごろのちょうど直前という感じでしたよ。


次の日に飛行機で帰るまいちゃんは、フルーツのおみやげを私にくれたのです。
そんなわけで、我が家に持ち帰ったフルーツは...こんな感じになったのでした(笑)

バナナは翌日シュガースポットが出まくりで、めちゃめちゃ食べ頃になったんですけど
食べ終える頃には熟しすぎてしまいそうだったので、皮をむいてラップで包んで冷凍しました。
バナナアイスにして食べたら、とっても美味しかったですよ。


そうそう、包んで持ち帰らせてもらったフルーツピザなんですけど
とても綺麗に包んでくれていて、かなり斜めにした状態で持ち帰ってもバッチリでした。


左側はフルーツピッツァを入れてくれた紙袋、右側はフルーツの詰め合わせが入っていたビニール袋。
楽しかった記憶を残しておきたくて、記念に撮っちゃいました。
とても素敵なお店だったので、機会があったらまた利用させて頂きたいなあと思います。

そして、高校卒業以来ほとんど会う機会がなく
こんなにゆっくりお話しできたのは、20年ぶりくらいだったんですが
すっかり素敵な「大人の女性」になっていたまいちゃんと、懐かしいお話で盛り上がり
久しぶりに、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとう&また一緒に食べ歩きしようね♪


朝から雨と風が強く、外を歩くにはあまりにも適していない日だったので
ステラプレイスの「花まる」でお寿司を食べた後は、デパ地下でお買い物をするのにお付き合いしつつ
宮の沢の「白い恋人パーク」へ行ってきました。
ここだったら雨に濡れることもなく色々と見て楽しめるし、お茶もできますしね♪

敷地内は庭も館内も、とにかくひたすらお洒落なのです。
東京在住時から、札幌へ旅行に来る機会があると、よく立ち寄っていました。


館内には、こんな巨大な「白い恋人」のフォトスポットがあります。
賞味期限が表示されている部分に、今日の日付がデジタル表示されるというのも
とってもうまいアイディアだな~と思います。


「マジックビジョン」という、19世紀のイギリスのチョコレート工場を再現したアトラクション(?)。
小さな男の子と女の子が、チョコレート工場をお喋りしながら歩いていく内容だったんですけど
いつの間にかリニューアルしたみたいで、スクリーンにチョコレートの作り方が投影されていました。


マジックビジョンの突き当たりは、石屋製菓のマスコットキャラであるネコをデザインした
板チョコのような壁になっています。美味しそう(笑)


これは最近できたものなのかな。8月に来たときは見なかったので。
外のからくり時計塔で「チョコレートカーニバル」というショーが何度か開催されるのですが
そのとき流れる「ラーンランラ・ラーンランラ・ラララ~♪」という歌を、人形たちが館内で合唱してました。
TDLのイッツ・ア・スモールワールドみたいです(笑)


館内のトイレ入口には、青いバラが飾られています。造花ですけどね。
いたるところにバラが可愛らしく飾られていて、優雅な雰囲気が漂っているんですよね。


館内の見学ルート中に、白い恋人製造ラインがあるんですけど
この日はたまたまメンテナンスだったらしく、白い恋人を作っているところは見られませんでした。
でも、メンテナンスの光景というのも、これはこれでちょっとレアだと思うのです(笑)




「昔の子供のおもちゃ箱」という、日本有数のおもちゃコレクションのエリアもあります。
ディズニー、のらくろ、NASA、ウルトラマン、アトムなどなど、広い範囲に渡るコレクションがたくさん。
石屋製菓の社長さんは以前「なんでも鑑定団」にも出演されていた気がしますよ。

今回ちょっと目を引いたのが、ペコちゃんグッズエリアにあったアイテム。
右奥に見える四角い缶は、私が中学生のときコンビニで売られていて
ずっと「欲しいなあ」と思っていたものだったので、いまここで再会できるとは思わなくて。


この階段を降りてきたところで、有料見学施設のエリアは終わり。
なかなか素敵な空間だと思いませんか?
「カフェ・ティータイム」という喫茶スペースと、「ショップ・ピカデリー」というお菓子の売店が現れます。
有料見学施設に入らず、喫茶や売店だけを利用することもできるんですけどね。


カフェ・ティータイムで、久しぶりにケーキブッフェ(大人1500円)を利用しました。
スタッフのお姉さんに希望のケーキを伝えると、その場で切り分けでお皿に載せてくれるのです。

左から「スイートロール」「くるみといちじくのパウンドケーキ」「ストロベリータルト」かな。
スイートロールは、白い恋人のホワイトチョコを使っているそうですよ。甘かったな~(笑)


奥が「焼きチーズケーキ」手前が「ガナッシュショコラ」
ガナッシュショコラは一見こってりしていそうですが、意外とあっさり食べられました。


このクマさんのカップは、明らかに子供向け。
でもでも、絵が可愛いので使ってしまいました(笑)


前から「焼きチーズケーキ」「ショコラマロンロール」「シャンティーショコラフレーズ」
美味しかったので、チーズケーキを2回食べちゃってます。
そんなわけで、合計8個も食べちゃいましたよ。ごちそうさまでした♪
石屋製菓のケーキは全体的に甘さが強いので、あっさり系を狙って食べるのがいいのかも。


外に出てみると、すでにだいぶ暗くなっていました。
ちょうどクリスマスツリーやイルミネーションを調整していたところだったんですけど、
まだ本来の公開日ではないのに、点灯しているところをフライングで見ることができました♪


雨が降っていたこともあり、地面が濡れて光が反射して、とても綺麗でしたよ。


有料展示施設に入るときには、白い恋人が1枚もらえます。
この日は製造ラインがメンテナンス中で見られなかったので、白い恋人のメモ帳を頂きました。
たぶん非売品のグッズだと思うんですよね。ちょっといい記念になりました♪


高校時代の友人まいちゃんが札幌へ遊びに来たので、二人で札幌市内で食べ歩きすることに。

北海道の回転寿司屋さんはとてもレベルが高く、
お手頃な値段で、脂が乗って肉厚のネタを楽しむことができるんですよね。
そんなこともあって、いつも店内は待ちの列がすごく
このお店では確か最大で、2時間近く待ったことがあったりするんですけど
入口で名前を伝えておけば、あとは時間までステラプレイスやエスタを歩いていられるので
待ち時間が多くても、割と入りやすいお店だと思います。
この日は平日だったせいか、ランチタイムでありながら20分ほどの待ちで入れました。

ちなみに私は、東京から北海道へ越したせいなのか
こちらで食べるサーモンとイカとザンギが、ものすごく美味しく感じるのです。
なので回転寿司のお店に行くと、いつもそればっかり食べてます(笑)

300円くらいの「ひとくち生ちらし」だったかな。名前はうろ覚え。
いろんなネタがとてもお洒落な盛り付けで出てくるので、これはお気に入り♪


 






このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261