2010年12月アーカイブ

年末年始の買い出しのついでに、札幌時計台を撮影してきました。 
時計台は被写体としてカッコいいので、そばを通るたびに撮影してしまいます。 
札幌時計台とビックバイパーはイケメンだと思うのですよ。 
旦那には「意味がわからん」と言われるけど(笑) 


北海道では大晦日の夜に、おせち料理やオードブルを食べてしまうのです。 
そんなわけで我が家も、札幌駅のエスタでオードブルを買ってきました。 
2980円のものが2000円で売られていたので、即ゲット! 
とはいえ二人なので当然食べきれず、残りは明日の夜に回すことに。 
お寿司とカツゲンは全然合いませんでした(笑)



北海道生活を始めてから、4年を迎えることができました。 
年に一度は必ず行っていた東京に、今年はスケジュールの都合で行けなかったけど
北海道内を車でいろいろ探索することができて、楽しかったです。 
お店の開拓がいっぱいできたのも収穫でしたよ。 
自分の縄張りを少しずつ増やして、こちらでの生活が年々充実してきているのがわかります。 

冬になっても寒さや凍結路面を怖れることがなくなって、だいぶ余裕が出てきましたよ。 
意外と私の身体は、寒冷地仕様なのかもしれないなあと思ったりします。 

人間関係や生き方や考え方を再考した一年でもありました。 
うわべだけの人間関係の脆さを痛感したり、 
逆に、身近なところに自分を理解して支えてくれる人がいたことに気づいたり...。 
やみくもに人間関係を構築するよりも、 
本当に大切な人とのお付き合いをさらに深めていきたいな、と考えるようになりました。 

旦那と二人で紅茶教室に通い始めたこと、 
セキセイインコのポポを新しく迎えたこと、 
札幌の紅葉写真が札幌市交通局の冊子に掲載されたこと、 
ゲームサークル「ADVENTURE-WORLD」を再開させたことは、特記事項かな♪ 
(参加してくれてるメンバーの皆様、ありがとです!) 

なんだか、あっという間に終わってしまった一年だったように思います。 
ある意味ではとても平和な、ありがたい年でした。

いつもこのブログを読んでくださっている皆様、一年間ありがとうございました。
来年も楽しみつつ更新していきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。 
良いお年をお迎えくださいね! 
旦那に、ミスタードーナツの福箱を買ってきてもらいました。 
今までも「お得でオススメ」というクチコミを、ネットでたくさん見てたんですけどね。 
大好きなリラックマの福箱ということで、これは買わなくちゃと思いまして(笑) 

600円のキッズ福袋、1000円の福箱、2000円の福箱があるのですが
購入したススキノ店で唯一販売していた、2000円の福箱を購入。 
中身はブランケット、トートバッグ、メタルストラップ、小物入れ、スクイーズ人形。 
あと、ドーナツでコーヒーブレイクしている写真のカレンダーがついてきます。 
どれも可愛らしくできていて、かなり満足! 


ブランケットは結構大きいです。 
右下にドーナツ型の小物入れ&スクイーズ人形を、大きさ比較で置いてみました。 
なんだかこのイラスト、わかさぎ釣りをしてるようにも見えませんか(笑)


さらに、好きなドーナツorパイと交換できるチケットが20枚ついてきます。 
チケットもちゃんとリラックマのデザインなのがいいなあ。
ドーナツだけじゃなく、普通はセールだと除外されてしまうパイでもOKなのが嬉しいところ。 
箱そのものも可愛い上にしっかりした作りなので、物入れに使おうかと思ってますよ。 


2箱買ったので、引換券は40枚手に入りました♪ 
有効期限は3月末なので、ちょくちょく買ってこようかな。 
普段はミスドにはあまり行く機会がないんですけど、こういう機会は楽しいですねっ。

で、そのドーナツorパイ引換券をさっそく使い 
旦那が福箱と一緒に、パイを何種類か買ってきてくれました。 
今日はこれで、朝昼ごはん。


ミスドのドーナツやパイはだいたい1個220kcalくらいなので、 
そこまで極端に高カロリーというわけでもないんですね。 
むしろコンビニで売ってる菓子パンの方が、1個で500kcalくらいあってコワいです。 

ドーナツを入れてくれる紙袋も、 
ドーナツについてくる、薄いツルツルした白い紙(名前がわからないな)も 
リラックマのデザインになっているのが、とっても可愛らしいです♪


お友達からの贈り物

| トラックバック(0)
小学生の時からお付き合いを続けている、たみちゃんから
クリスマス&お誕生日のプレゼントが届きました♪

アロマテラピー検定試験のテキストだけ買ったものの、試験を受けず放置してる私に
すでに受検&めでたく合格したたみちゃんが、問題集を送ってくれたのです。
そして、お菓子がいっぱい!


気軽に食べられそうなお菓子がいっぱいで、ホクホクしています(笑)
家にお菓子のストックがたくさんあるのは、なんだか幸せな気持ちになっちゃいますね。


クリスマスティーの茶葉も同梱されていました。
さっそく淹れてみましたが、スパイスいっぱいで身体があたたまります。
クリスマスは過ぎてしまったけど、寒い冬に飲むにはピッタリの紅茶ですね。


手作りの綺麗なカードも一緒に入っていました。素敵なセンスしてるなあ。
こうやって一手間かけたカードを貰うことは滅多に無いので、とても嬉しく思いました。
たみちゃん、ありがとう!



高校時代のお友達みきちゃんが、柴又にある「ビスキュイ」のお菓子を送ってくれました。
クリスマスらしく、雪だるまの入れ物に入っていて可愛らしいのです♪
まんまるおめめに癒されます。


中には、2枚入りのビスケットが6袋入っていました。
ビスキュイのビスケットはホロホロと柔らかく、優しい甘さで好きなのです。
牛乳と一緒に戴きました。


可愛らしいクリスマスカードも同封されていました。
みきちゃん、いつもありがとね。


Merry Christmas!

クリスマスということで、ここ数年で楽しんだ札幌のクリスマスの日記を
まとめてアップしてみました。
雪が降って寒いけど、札幌のクリスマスは素朴で優しくて大好きです。

余裕があったら、他にもいくつかクリスマス関係の日記をを追加しますね。
どうにも肩と背中がコリコリで...他のどこよりも今、整体に行きたい気分です(笑)

皆様、あったかいクリスマスをお過ごしくださいね♪



最近の更新情報

| トラックバック(0)
私たち夫婦が東京を離れて北海道に住むようになったのが、2006年12月19日でした。 
今日で、北海道に住んでちょうど4年が経過したことになります。 

雪が降る中、旦那と二人で「喫茶サティ」の美味しいコーヒーを飲んできました。 


最初の2年くらいは気候にも環境にも慣れず、落ち着いて安心して過ごせる場所がなく 
しょっちゅう東京にいた頃と比べてはブルーになり、日記で思いを吐き出してました。 

だからといって、東京に戻りたいとか思ったことは一度もなくて 
「自分達の意思で越してきたのに、どうしていまだに馴染めないんだろう...」と 
毎日ひたすら自分を責めて、適応しようともがいては壁にぶちあたってたんですよね。 
バイトの面接を受けても落ちてばかりだし、気分転換に友達と会うこともできないし。 

いま改めて当時の日記を読み返すと、重いことばかり書いていたのに驚きます(笑) 
とにかく辛くて寂しくて。 

テーマパークや大型イベントのような、人がたくさん集まって楽しい場所に身を置くことで 
傷ついた気持ちや寂しい気持ちを癒しつつ 
ちょっとずつ前進していくという不器用な生き方が、自分の中で定着していたので 
そういった場所が皆無である北海道に来て、エネルギー充電の場所をいきなり失ってしまい 
これには本気でまいりました。 

しかも、せめて歩いて景色を楽しもうと思っても、凍った路面がツルツル滑って本気で怖いし。 
家にいると鬱屈してくるから外に出たいのに、その外出が怖くて怖くてしかたないという。 
外に出ると全ての場所がツルツルに凍っているという大きなストレスは、 
冬の雪国を一度も訪れたことのない私にとって、生まれて初めて経験するものでした。 
晴天が多くて、日中はポカポカ暖かく晴れた日が続き 
夜の空っ風に耐えられるなら基本的に外出しやすい、東京の冬しか経験したことがなく。 

そして、会うことが滅多になかったとしても 
昔からの友達や家族に、ちょっと電車に乗れば会いに行けるというのは 
意識していなくても、どれほど心強いものなのかということを、 
飛行機に乗らないと会えない場所に引っ越してから、初めて気づいたわけです(笑) 

でも今は、札幌生活のいろんなことを心底楽しめるようになりました。 
いったん馴染んでしまうと、ここでの生活は加速度的に楽しくなっちゃいましてね。 
今はお仕事も、仕事先の仲間との会話も、デジカメ持参の写真撮影散歩も、食べ歩きも 
すべて満喫できるようになっちゃいました。 

特に充実しているのは、仕事の時間かもしれません。 
生まれ育ったわけではない土地に住み、そこでささやかながらお仕事を見つけて 
お客さんや仕事仲間に必要としてもらえていることが、今とても幸せに思えます。 
東京から埼玉や神奈川や千葉に越すのと、東京から北海道へ越すのは 
まるっきり別物でした(笑) 

私はたぶん、引っ越してきてすぐにこんな状態になれるだろうと思っていたから 
うまくいかないことに苛立って自信をなくし、落ち込んでいたのでしょうね。 
でも、全く違う土地で暮らしていくということは、自分がそこに根付くまで 
ある程度のまとまった時間が必要なんだなということが、ここに来てわかりました。 
当然ですが、旅行で遊びに来るのとは、まったく違うんですよね。 
ゴハンが美味しいとか景色が綺麗とか、それだけでは満たせないものがあるのです。 

たまたま東京で生まれ育ったので、そのまま惰性で住み続けてきましたが 
ずっと同じ土地で暮らしてきた、今までの自分の人生の難易度は 
なんてラクチンだったんだろうと、改めて思います。 
今まで当たり前に受け取ってきたことが、実は当たり前なんかじゃなかった。 
自分の実力ではなく、惰性で住み続けてきたことで享受していたにすぎなかったんです。 

この4年間で、東京在住時の何倍も、苦しいことや辛いことや嬉しいことを経験して 
一気に経験値を獲得できた気がしますよ(笑) 

そんなわけで、明日から北海道生活5年目に突入です。 
皆様、これからも改めてよろしくお願いします。 

そして、今まで一緒の時間を共有してきてくれた旦那にも感謝です。 
いつもありがとうね。
2009年1月31日に我が家の家族となった、セキセイインコのピピとピノ。 
ピノはうちに来てから半年ほどで、早くもお星様になってしまい 
それ以来、ピピは広いケージで1羽だけで過ごしていました。 

いろいろおもちゃを入れてやったり、まめに構ってやったりしてましたが 
どうしても人間の手が嫌いみたいで、ピピは手乗りにはならなかったんですよね。 

メスでもともと気性が激しいんですけど、最近とても凶暴になってしまい 
ケージに顔を近づけて話しかければ、ビャービャー大きな声で騒ぐし 
おやつを入れるためケージに手を入れれば、ものすごい勢いで手を攻撃してくるし。 
かと思えば、ケージに取り付けてある鏡の前から一日中ほとんど離れず 
「キューン...」と寂しそうな声で鳴いたりしているので、ちょっと扱いに困っていました。 

今まではいろいろ考えがあって、あえてピピを1羽にしておいたんですが 
ここ数日で急に「仲間を迎えてあげたいな」と思いましてね。 
1羽飼いな上に人に懐かないので、ストレスや寂しさがたまる一方みたいだったので。 

マンションの部屋は決して広くはないし、ケージの置き場所にちょっと悩むけど 
とにかく今を生きているピピに、毎日楽しく過ごさせてあげたいので。 
ケージの置き場所なんて、あとからどうにでもなるさっ! 

そんなわけで今日、新しいセキセイインコの子をお迎えしてきました。 
生後1~2ヶ月くらいで、まだまだ子供。 
ピピとピノが我が家に来たのも、ちょうどこれくらいの頃でした。 
ペットショップには、ピピと同じような黄色いハルクインの子が何羽かいたんですが 
唯一の青い子を選んで、連れ帰ってきましたよ。 


命名は「ピピ」と語感を合わせて「ポポ」としました(笑) 

相性が合わないインコを一緒のケージに入れると、ケンカになってしまうこともあるため 
新しいケージやヒーターも買ってきて、ポポはその中で生活してもらい 
ピピのケージと並べて置くことにしてみました。 

まだお互いに緊張してますが、呼び鳴きしあったり 
お互いケージ越しに近づいたりして、ちょっとずつ慣れてくれているみたいです。 
ピピとピノを連れ帰った初日は2羽とも落ち着かず、ケージのすみっこで固まっていたので 
ポポの適応の早さが、とても頼もしく思えます。 

元気に育ってくれるといいな♪ 



雪道で回転する車

| トラックバック(0)
この時期の北国は、凍結路面(アイスバーン)との戦いです。

昨夜の札幌は、いつも以上に路面がツルツルでした。
特に車道の状況は、ちょっと危険で。
鏡のように磨かれたアイスバーンに、片栗粉のような雪が積もり
摩擦係数が限りなく小さくなっていた上に、おそらく傾斜があるのか
真っ直ぐな道路なのに、あるエリアに差し掛かると
9割くらいの車が、45°くらい回転しちゃうんですよ。
後輪がスリップし、車体が左ではなく右を向いてしまうので
接近中の路面電車に激突しそうになっている車もちらほら。

たまに聞く「交差点で車が360°回転する」というのは、まだ見たことがないけど
90°くらい滑るのは、きっと珍しくないのでしょうね。
雪国では車があると便利だけど、運転は命がけなんですよ。

そんなわけで、あまりに見ていてスリリングで
しばらく交差点の角に立ち、滑る車たちを観察してしまいました。
器用に態勢を立て直す車も多く、なんだか見とれてしまいましたよ。

クッキーを焼きました

| トラックバック(0)
気まぐれで、久しぶりに紅茶クッキーを焼きました。 
今回はお試しで作ったので、特に型抜きもせずアバウトに。 
小さな袋に入れてリボンをつけたら、なかなか可愛くなりました♪ 


学生時代はよく、こんなことをしてたんですけどね~。 
ネットを始めてから「手作りお菓子をプレゼントされると困る」という人が 
思ったより多いことを知り、すっかりやめてしまっていたんですよ。 
今まで嬉々として作っては人にあげたりしてたので、なんだかすごくショックで。 

でも喜んでくれる人も少なからずいた(と信じたい)し、 
あまりネットの情報に左右されるより、もっと自分の好きな道を選びたいなと 
このことを15年くらい考えた結果、ちょっとずつ思うようになってきたので 
またいろいろお菓子を作って、機会があったらプレゼントしようかなと思ってます。 
私自身、こういうのを貰ったり買ったりするのは大好きなので。 

食品衛生責任者の資格講習とか、受けに行ってみるのもいいかな。 

札幌に来てから買ったオーブンレンジは、陶器製の白くて丸い回転板がついてましてね。 
オーブンを使う時は回転板をはずして、ホイルを敷いたりしてたんですよ。 
天板がついていないので、焼き菓子を作る時いつも困ってました。 

が、改めて説明書を読んだところ、回転板だと思っていたものは天板でした(笑) 
レンジ加熱時の受け皿でもあり、おかずはこの上に直接乗せて温めるのが正しいそうです。 
お皿に乗せたままおかずをレンジ加熱すると、うまくいかないとか。 

なんとまあ、3年以上も勘違いしたまま使ってましたよ。 
焼き菓子作りも、道理でうまくいかなかったわけだ(笑) 
回転板の上で直に焼いたら、ムラもなくちゃんと焼けるではないか。 
(クッキングシートは敷いてますけどね) 
オーブンを買い換えようかとも思っていたので、謎が解けて良かったです。 
これからちょくちょくお菓子を焼いて、今までの失敗記録を成功記録で上書きするぞ~! 


札幌地下鉄(南北線のみ)で、動画広告の実証実験が始まったというニュースを見ました。 
実験車両はかなり少ないんですけど、ニュースを見た当日に 
たまたま該当車両に乗り合わせることができたので、携帯で撮影してみました。 

車内の動画広告なんて、都内ではすっかりポピュラーでしたけど 
札幌はまだ、そういう現代的なものは導入されていなかったんですよ(笑) 
ICカードですらようやく普及してきた感じで、バスや路面電車には対応してないですしね。 
(平成23年度から対応予定で、同時に磁気カードが終了になるそうです) 

ドアにHTBの番組やonちゃんの広告が貼られているのが、北海道らしいでしょ♪

ススキノの「資生館小学校」入口にある、二宮金次郎の像です。
雪が降り積もっていて寒そうだけど、毛糸の帽子とマフラーを装備しているので大丈夫かな?
本を読んでいるというより、本に積もった雪を見て途方に暮れているようにも見えますね(笑)


雪国で仕事をしながら学問を続けるのは、並大抵のことではないな...。
春まで負けずにがんばれ、金次郎くん!

栃木のレモンウインナー

| トラックバック(0)
乱騎龍さんから、こんなナイスな贈り物を頂きました。 

栃木には「レモン牛乳」という不思議なソフトドリンクがあり、
関連シリーズも多いということで、前から気になっていたんですよね。 
でも栃木にはなかなか行く機会もなく、いつか手に入れたいなと思っていたのです。

ありがとうございました! 


札幌らーめん共和国

| トラックバック(0)
久しぶりに「札幌らーめん共和国」をのぞいてきました。 
たまに中を歩くだけで、利用したことはまだ無かったりするんですけどね。 

ここはチームナンジャが手がけているので、雰囲気がナンジャタウンそっくりなのです。 
懐かしい空気を満喫して、なんだか妙に落ち着いてしまいました。 
札幌からいきなりナンジャにワープしたような錯覚があり、
ちょっと不思議な気分になります。





月に一度の楽しみ、紅茶教室。
基本を学ぶベーシックコースも、今回で終了です。
フォートナム&メイソンのクリスマスティー、クスミのクリスマスティーを飲み比べながら 
各国がクリスマスをどう楽しんでいるか、食文化や飾りにはどういう意味があるかなど 
クリスマス全般についてのレッスンでした。 


フォートナム&メイソンのクリスマスティーは、スパイスが効いていて
喉の奥がピリッと辛かったです。


クリスマスプディングのパッケージや、それにつけるコニャックバターも見せてもらったり。 
いつか機会があったら、クリスマスプディングも一度食べてみたいな。



途中でイギリスの食文化の話になり、あちらでは料理人の味付けは適当で 
食べる人が塩やコショウやその他のもので、最終的に味付けして食べるという話を聞いて 
「そうか、やきそば屋はイギリス式だ!」と思ってしまいました(笑) 

ケーキタイムに出されたのは、いちごのパウンドケーキ。
これは美味しかったなあ♪ 
生のいちごではなく冷凍のいちごを使うと、味や香りがしっかり出るんだそうです。 


試作品の「新夕張メロンケーキ」というものも、ちょっとおすそわけしてくれました。 
新しいバージョンの「夕張メロンケーキ」ではなく「新夕張メロン」のケーキなんだとか。 
そういう品種が出てるんですねえ。 

紅茶教室の会場は「ルアンカフェ」なのですが、
このあいだ大幅に改装され、落ち着いた雰囲気のサロンに変身していました。
クリスマスの素敵な装飾が盛りだくさんで、ただそこにいるだけで楽しい気分になってきます。


この絵皿たちは、とても高価なものなんだそうですよ。
何の柄だったかなあ...しっかり聞いておけばよかったです。


大きなクリスマスツリーに飾られているのは、紅茶教室の生徒さんたちが持ち寄ったオーナメント。
私と旦那も事前に聞いていたので、この日はオーナメントをひとつずつ持っていきました。
ここのツリーに、お願いごとをしながらオーナメントをつるすと、望みが叶うんだとか。
心の中でそっとお願いしつつ、持ってきたオーナメントを飾ってきましたよ。


紅茶の缶も、素敵なインテリアになってしまうのですね。
この紅茶教室、こういった装飾のセンスがとても好きだったりします。
季節のイベントを楽しむことの素晴らしさを、いつもこの教室で間接的に教わっています。


よく利用させて頂いている、カエルさんの大判焼きのお店「ひなさく堂」さんに
お誕生日バージョンの大判焼きを注文してあったのです。
冷凍で届くんですけど、せっかくなのでこの日まで開けずにとっておきました。
大判焼きひとつひとつに、可愛いゲコタンの焼印がついているんですよ。


我が家のピクルスさんも出てきて、一緒にゲコタン大判焼きを楽しみました。
ちなみに中身はすべて「小豆あん」なんですよ。
ケーキもいいけど、こういうのもいいな~と思いました。

いつも可愛くて美味しい大判焼きをありがとうございます♪

「六花亭喫茶・円山店」でお茶してきました。 
前日に来たばかりな上に、スープカレーを食べたばかりで
あんまりお腹が空いてないんですけどね(笑) 

クリスマスまでの間、日没後はキャンドルの灯りだけで営業しているのです。


とっても素敵な雰囲気でしょう♪


庭に生えている木には、赤くて大きなリボンがたくさん!
白い雪が乗っていて、なんだかサンタさんの帽子にも見えますよね。


旦那はミートソースピザ(650円)とコーヒー(250円)を頼みました。
ミートソースピザは今月限定で、ひときれ貰ったところ
トマトの味がきいていて、とても好きな味でした。


私はストロベリーのミニパフェ(350円)を頼みました。 
甘酸っぱくて新鮮ないちごが、とっても美味しかったです。


メニューを眺めていると、当日がお誕生日の人は
店員さんに証明するものを見せると、特典があるとの記述を発見。 
今まで全然気がつかなかったけど、そんなサービスがあったんだ! 

・好きなケーキ+年齢キャンドル 
・好きなドリンク 
・店員さんの「ハッピーバースデー」の歌 

これらのサービスを受けられるんだそうです。
ちょっと恥ずかしいので、歌ってもらうのはキャンセルさせてもらって 
オリジナルブレンドティーとココアシフォンケーキ、キャンドルをお願いしました。 
わーい、こういうサービスって嬉しいなあ♪ 


たまたま、家族連れの小さな男の子もお誕生日だったみたいなのですが 
その男の子は、歌をお願いしたみたいなんですよ。 
店員さん3名がテーブルまでキャンドルつきのケーキを運んで 
(店内がキャンドルの灯りだけでの営業なので、なんだかおごそかな空気でした) 
とても澄んだ綺麗な声で、ハッピーバースデーの歌を合唱していました。 
あれは絶対、普段から練習してる歌声ですね。 
斉唱じゃなく合唱なんですよ。全員違うパートで歌っていて、すごかったなあ。 

店内のお客さんも、パチパチパチ...とあたたかい拍手をしていて。 
ひとときの優しい時間が流れました。 来てよかったです♪

後日、六花亭のツイッター公式アカウントに 
「ハッピーバースデーの合唱は、店員さんたちで練習しているんですか?」
ということを質問してみたところ、教えてくれました。 

> お誕生日おめでとうございます! 
> また、当日、喫茶室をご利用頂きまして、ありがとうございました。 
> コーラスは開店前に音合わせをしています。 
> 一年に一度、特別な日の思い出のお手伝いを少しでもできればと、 
> お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら...。 

これって毎朝、音合わせをしているということですよね。 
やっぱり凄い会社だなあ...さらにファンになっちゃいました。

ご馳走様でした&幸せな時間をありがとうございました。
私の誕生日=加齢記念日=カレー記念日でした。
そんなわけで毎年この日は スープカレーを食べることにしています(笑)
今年は「lavi 札幌エスタ店」に行ってみました。

私が頼んだのは、角煮to野菜カレー・辛さ4・ココナッツスープ。 


旦那が頼んだのは、鹿肉to野菜カレー・辛さ4・オリジナルスープ。 


場所的にも時間的にも人が多くて、ちょっとあわただしいランチになりましたが...
別料金になってしまうけど、ココナッツスープを加えるのは、辛さがマイルドになるのでいいですね。
ご馳走様でした。

10月~11月の更新情報

| トラックバック(0)
いつもご来訪ありがとうございます♪
この2ヶ月で更新した日記リストをまとめました。
今回は更新日ごとではなく、カテゴリごとにわけてみました~。


ホテル宿泊記録
去年宿泊したホテルの写真を、記念にまとめてみました。
ホテルに泊まると気持ちが落ち着くので、リフレッシュに最適なんですよね。


ゲーム関係
最近ちょっとゲーム離れしてましたが、この秋はゲームグッズ中心に楽しんでました。
特に「ファミコン高野豆腐」のクオリティは凄かったです!


お菓子・パン・ドリンクなど
お店で戴いたものではなく、買ってきたものを中心にまとめてあります。
双子のおばあちゃんが切り盛りしている「クッキーのまち」は、素朴で可愛らしい素敵なお店でした。


イベント
札幌はあまりイベントが無いけれど、たまにこういうのが開催されると嬉しいですね。
なんだか規模が年々縮小されちゃってますが、ゆっくり楽しめるというメリットはあるかも。


おうちで手づくり
普段の食事はあくまでも「日常」なので、基本的に載せないのですが
ちょっと変わったものを作ったときだけ、写真に記録するようにしています。
ホームベーカリーはしばらく使ってなかったけど、久しぶりにパン作りを再開したいところです。


食べ歩き記録
私たち夫婦が札幌で見つけた娯楽&気分転換が、いろんなお店を開拓することでした。
遊ぶ場所が少ないので、どうしても「食」に走ってしまうんですよ(笑)


中島公園レポート
札幌に住みたいと強く思わせてくれた理由のひとつが、中島公園でした。
一年を通じてとても綺麗な場所ですが、きっと何らかの縁があるのでしょうね。
秋から冬にかけての景色を、たくさん撮影しています。


初めて「アドベントカレンダー」なるものを買ってみました。 
12/1~12/25のあいだ、毎日ひとつずつ日付の書かれた窓を開けて 
中に入っているお菓子を楽しみながら、クリスマスを楽しみに待つというものです。 


基本的に子供向けの製品らしいですけど、私たちが子供の頃には 
こんな楽しいカレンダー、存在しなかったですよね。 
なので、いい大人だけど自分のために買ってしまいました。 
しかもケンカにならないよう(いや、別にしないけど)旦那と1箱ずつ購入! 

メリーチョコレートカムパニーが出してるもので、1箱1050円でした。 
海外製のものも数多く出てますが、絵柄も味もイマイチだと聞くので...。 
メリーのチョコなら、ハズレが無いですからね。 

日付のついた窓を開けると、その日によって違うメッセージと
可愛らしいチョコが出てくるのです。


チョコは何種類かあって、どれも一口で食べられるくらいのサイズです。
朝起きてこれを口に放り込み、血糖値と一緒にテンションを上げるのでした(笑)


缶入りクッキーも一緒に買ってみました。 
クリスマス柄の7種類のクッキーが、17個ほど入っていましたよ。 
ひとあし早くクリスマス気分を味わいながら、仕事のあと紅茶と一緒に食べました♪ 


缶のプリントがとても可愛くて、
特に、フタに描かれているイラストがたまらなく愛らしいのです。 
こんなデザインの絵皿があったら、飾っておくんだけどなあ。 
とりあえず、25日までこのフタを飾っておこうと思います(笑) 


池に薄く氷が張り始めているせいで、中島公園の水鳥たち(9割以上はマガモ)は
まだ凍っていないエリアに、みんな集まってきていました。


この時期は本当に短いですが、いつもは園内のいろんなところに分散している鳥たちが
一部のエリアに集まってくるので、かなり密集して過ごしているところが見られます。


そんな中、この日は初めて見る鳥が。
詳しい人にネットで教えてもらったんですけど、
手前に見えるのは「カワアイサ」という鳥なんだそうです。
くちばしのカーブに愛嬌があって、なんだか可愛らしい顔つきですよね。


しばらくしてからまた撮ると、頭の羽根がモコモコに膨らんでいました(笑)


そしてこちらの写真も、手前にいるのは初めて見る鳥さんです。
同じく詳しい方が教えてくれたのですが「マガン」ではないかとのこと。
上のカワアイサにしてもマガンにしても、大量のマガモに混じって普通にプカプカ泳いでいるので
うっかりしていると、たぶん存在に気がつかないと思うんですよね。


くちばしのまわりの羽根が白っぽいのが、特徴なのかな?
全身の羽根を立てながら泳いでいました。
そしていつ見ても、くちばしの先に水滴がくっついているのが可愛かったり。


オオセグロカモメも1羽だけいました。
春先には、このカモメばかりが数十羽で池を占領していたこともあったんですよ。


寒いのか、もっこもこに膨らんで水に浮かんでいるマガモのカップル。
ここまで丸くなっちゃうものなのですねえ。


マガモのカップルは、いつも寄り添って行動しています。
べったりくっつくわけではないのですが、必ずそばにいて離れないんですよね。
片方がどこかで止まると、もう片方もすぐ近くで待ってるんですよ。
こちらから見ると何十羽も同じようなマガモがいる中で、固体識別するのはちょっと難しいんですけど
きっと彼らは、お互いをきちんと認識しているのでしょうね。




札幌は週末の降雪で、すっかり白い世界になりました。
いつも通っている中島公園も、木々がみんな雪帽子をかぶっているというか
「雪布団」につぶされているような木もありました(笑)

カラスやハトやスズメたちは、この時期になるとエサを見つけるのが大変なのでしょうね。
それでも必死で冷たい雪をつついて、食べるものを探しているようでした。


天文台の近くです。
平日の日中ということもあって、園内にはあまり人がいませんでした。


まだ全部が凍ったわけではないのですが、池のほとんどに薄氷が張っていました。


マガモなどの水鳥たちは、凍っていないエリアに集まっていました。
今が一年のうちでいちばん、狭い場所にみっしり密集した水鳥を見られるかもしれません(笑)


誰も足を踏み入れていない積雪に、高い木の影が映りこむ光景が
とても好きだったりします。
つい足を止めて、しばらく見入ってしまいました。


池に浮かんでいた紅葉も、水が凍ってしまったので
鮮やかな色のままで、氷の中に封じ込められていました。
これはこれで綺麗というか、風情があって良いですよね。


午後2時の気温は、ちょうど0℃でした。

数字だけ見ると寒そうに感じるんですけど、実はこの写真を撮る少し前に
通りがかったおばあちゃんと、挨拶がてら言葉を交わしたんですよ。

「今日は気持ちがいいですね~」
「ホント、風がなくてあったかいですよね~」と(笑)

別に私達が寒さに強いわけではなく、雪が積もって湿度が高くなり
太陽の光が出ていて風が無いこんな日は、本当に暖かく感じるし空気が気持ちいいんですよ。

たぶん、空っ風が強く吹く10℃の東京の方が、体感的にはずっとずっと寒いと思います。
30年以上住んできて、あの寒さにはどうしても慣れませんでした。
東京の冬は、ホントに寒かったなあ...。


札幌コンサートホールKitaraに向かう道も、なんだかとてもクリスマスチック。
両脇に植えられているのは、もみの木なのかな?
木には詳しくないので全然わからないんですけど、オーナメントで飾りたくなるような木たちです。


枝葉に雪がたくさん積もって、砂糖菓子みたいになっていた木。
降ってまもない綺麗な雪なので、真っ白でとても可愛らしいのでした。


このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261