2011年2月アーカイブ

ルアンカフェ のケーキフェアに、今月も旦那と二人で行ってきました。
毎月最後の週末(金・土・日)には、好きな紅茶1ポット&ケーキ食べ放題なのです。
以前は850円くらいだったんですけど、最近は1000円になったみたいです。
ここの焼き菓子は本当に紅茶とピッタリ合うので、いつもこの日を楽しみにしています♪


今月は久しぶりに、和菓子も並んでいました。
和菓子と紅茶の相性もピッタリで、いくらでも食べられそうな気になってしまいます。
とはいえ身体のことを考えて、1つずつでやめておきますけどね(笑)


テーブルには並んでいないけど、リクエストすると出してくれるクッキーケーキ。
今回は、豆乳クリームでアレンジされていました。これもなかなか♪


そして今回のケーキフェアの目玉は、チョコレートフォンデュでした。
噴水のようにチョコレートが流れる「チョコレートファウンテン」、私は初めての体験。
溶かしたチョコに生クリームを加えるのが一般的みたいですが、さすが紅茶専門店だけあり
ロイヤルミルクティーを加えていましたよ。

パイン・キウィフルーツ・バナナ・いちごなどのフルーツや
マシュマロ・フランスパン・ポテトチップ・トルティーヤチップが用意されていました。
トルティーヤチップとチョコの相性が良かったのが、とっても意外でした。


最近はクスミティーの「アナスタシア」が大好きで、ケーキフェアのとき毎回これを頼んでいます。
さわやかな柑橘系の香りで、とても美味しい紅茶なんですよ。


紅茶教室の時はおなじみ、看板犬のラプちゃんがいました。
お店に入ると尻尾を振りながら寄ってきて、ケーキを食べてるとおねだりに来て 
わけてもらえないとわかると、あきらめて自分のスペースで寝るラプちゃん。 
完全にドッグカフェ状態で、初めて来るお客さんがビックリしてました(笑)

今回もご馳走様でした♪


ススキノの喫茶店「サンローゼ」で、鍋焼きうどん(750円)を食べてみました。
鶏もも肉、かまぼこ、お餅、たまご、長ねぎ、三つ葉、お揚げなどが入っていて、ボリューム満点。
つけあわせにサラダがついているのが、ちょっと面白かったかな。
うどんは太めでとてもコシが強く、食べ応えがありましたよ。
ご馳走様でした。

サンローゼは、若いホールスタッフさんたちの対応が抜群に良いなあと感じています。
いつもありがとうございます♪


2010年11月にオープンしたばかりの「道の駅 しんしのつ(新篠津)」へ行ってきました。
とても雪と風が強い日で、降雪の合間に写真を撮りましたよ。


ここには、わかさぎ釣りや温泉の施設が整っているのです。
わかさぎ釣りは面白そうだなと思っていたんですが、ここへ来ると気軽に楽しめますね。
ちゃんと道具も貸し出してくれるので、初心者でもすぐチャレンジできそうです。
今回は時間の関係もあってやらなかったけど、いつか試してみたいところ。


わかさぎ釣りのあとは、道の駅の中にある温泉で温まることもできます。
なんだかもう、いたれりつくせりの施設ですね。


売店に行ってみたところ「3種類の揚げいも」というものが販売されていました。


揚げいもといえば、中山峠が有名ですよね。 
男爵芋を3個串に刺し、ホットケーキミックスの衣をかけて揚げたもので、300円。 

新篠津の揚げいもは、基本的に作り方は一緒だと思うのですが 
シャドークイーン・インカのめざめ・レッドムーンを1個ずつ刺して揚げたもので、150円でした。 

「3種類のいもを使用しています」と書かれてるわりには、おいもの内訳が書かれていないので 
レジのお姉さんに聞いて、忘れないうちに大急ぎで携帯にメモしてきました(笑) 
写真からわかると思いますが、衣の量がサービス満点というかなんというか。


旦那が1本食べたのですが、ちょっとわけてもらったところ美味しかったので 
さらに2本買って、おみやげに持ち帰ってきました。 
帰宅してから包丁でカットして、それぞれの芋の断面を並べてみましたよ。 

3種類のおいもは色も味も食感も違うので、食べていると変化があって楽しいのです。 
それぞれのおいもの違いは、ぜひ道の駅へ行って食べ比べてみてくださいね。
冷めていても、とっても美味しく戴けました。
また新篠津に行く機会があったら、揚げいもを食べてしまいそうです♪


★2011/02/25

ススキノの「喫茶サンローゼ」で夕食してきました。
お店選びに迷ったらサンローゼ!
安くて美味しくて店内も広いので、待つこともあまりなくゆっくり過ごせるのです。
ただ広いせいか「ちょっと声のボリュームが大きすぎるんじゃないかな」という人が結構いるので、
たまたま近くの席にそういう人がいた時は、多少ツラいかも。

旦那が頼んだのは、ピラフだかチャーハンだったかな?
スープとサラダがついているのが嬉しいですね。
ちょっと失念してしまったので、今度行ったときまた確認してきます(笑)


私が頼んだのは、スパゲティマリナーラ。
こちらもスープとサラダがついて760円(公式サイトのクーポン使用で660円)です。
魚介類がたっぷり入ったスパゲティに、大量のトマトソースが掛かっていて
トマト大好きな私ですら、途中で「も、もうトマトは充分すぎるかも…」と思うくらいのボリューム!
スパゲティにトマトソースをたっぷり絡めて食べても、スパゲティを全部食べ終えた時点で
トマトソースが半分近く残っているというのは、ちょっと凄いと思うのですよ。

埼玉から雪まつりを見に札幌旅行へ来ていた こばPちゃん と、
3日間の滞在のうち、2日間同行させてもらってました。

何度も行きなれた観光地やイベントも、案内して歩くとまた楽しいし
札幌の素敵なところを紹介したり共有できたりするのは、私にとって大好きな時間です。
振り回してしまったかなと思うけど、楽しい時間をありがとうございました♪

こばPちゃんが 「かにや」 のお菓子をおみやげに持ってきてくれました。
中学生のときのお友達が、この会社に就職したんですけど
お菓子を食べる機会は一度も無くて、ずっと気になっていた名前だったんですよね。

支店はいっぱいあるんですが、すべて狭山の近くに集中してるんですよ。
長いこと西武池袋線沿線に住んでたけど、狭山方面に行くことはあまりなくて…。
池袋のデパ地下とかでは買えない、ある意味レアなお菓子でした(笑)


最中やブッセやパイなど、いろんな味が楽しめました。
風土・歴史を意識したネーミングのお菓子が多いのが印象的でしたよ。

「かにや」の名前を知ってから20年近く経ち、西武池袋線沿線から札幌へ越してから
このお菓子に出会えるとは思っていなかったので、とても嬉しいサプライズでした。
こばPちゃん、お心遣いありがとうございました!

★2011/02/14

今年のバレンタインデーはどうしようかなと、いろいろ考えていたんですが
ロイズのバレンタイン限定商品「コニャックレーズン」という板チョコを、旦那と二人で食べました。
我が家では何年前からバレンタインは、チョコをプレゼントする日というよりも
二人でチョコを食べる日になっている気がします(笑)

ヘネシーV.S.O.Pというコニャックに漬け込んだレーズンが、ミルクチョコの中に入ってるそうで。
125グラムで525円なので、普通の板チョコに比べるともちろん高いんですけど
ずっしり重い上、外装もお洒落で高級感があるんですよね。


包丁で綺麗に切ろうと思ったら、あまりにもたっぷりレーズンが入っているので
全然、思ったとおりに切れないんですよ(笑)
刻んだレーズンが入ってるのかなと予想してたんですけど、レーズンがまるごと入っているのです。
チョコレートにレーズンを混ぜてあるというより、レーズンをチョコでつないでいるような感じ。

食べた後はちょっぴり、ほろ酔い気分でした。

知る人ぞ知る、チームナンジャが手がけたラーメンのフードテーマパーク
「札幌らーめん共和国」が、札幌駅エスタの中にあります。 

年に一度くらい、なんとなく中を歩くことはあるのですが 
ラーメンを食べに行ったことは、一度もなかったんですよね。 
今回は、こばPちゃんの「ラーメンを食べたい」という希望があったので行ってみました。 
自分達だけだとなかなか機会がないので、ちょうどいいきっかけになって良かったです。 

旭川本店に何度か行ったことのある「梅光軒」に入ってみました。 
札幌ラーメンじゃなく、旭川ラーメンなんですけどね。
雪まつり最終日だけあり、かなりの列ができていましたが 
それでもラーメンは回転が早いのか、20分も待たずに座ることができましたよ。 

列に並んでいるあいだにメニューを渡してくれて、決まったらそこでオーダーします。 
なので席に着いた時には、すでに厨房にオーダーが伝わっていて 
割とすぐ出てくるシステムになっているのは、とても便利だなあと思いました。 

若い店員さんたちは、みんな活気があって感じが良かったです。 
ラーメンを撮ろうと思って、テーブルにデジカメを出しておいたら 
カウンター(牛丼屋さんみたいな作りです)からデジカメの存在に気づき、 
ラーメンを出してくれたあとで、店員さんが私達の記念撮影を申し出てくれました。 
せっかくなので撮ってもらいましたが、こういう細かい心配りも嬉しかったですよ。 
いい記念になりました。 

あれだけ超混雑している中、笑顔でそんなサービスをやってのけるというのは 
かなりすごいスキルなんじゃないかな、と思いました。 

こばPちゃんと私は、期間限定「なまらチャーシュー麺」を、味噌スープでオーダーしました。 
1000円+バターコーントッピング100円。 
味噌ラーメンにバターコーンって、すごく北海道らしい組み合わせですよね。
チャーシューはボリュームたっぷりでしたが、それよりメンマが美味しかったかも(笑)


旦那はトッピングのかわりに、ミニチャーシュー丼を選んでましたよ。 
こちらも美味しそうでした!


我が家は札幌に住んでいても、ラーメン屋さんにはあまり行かないんですが
らーめん共和国はなんだか楽しいので、機会があったらまた食べに来たいなと思います。
札幌駅に直結している上に、いろいろなテナントが入るので
旅行で札幌を訪れていてあまり時間がない人にも、ここはオススメですよ。
「さっぽろ雪まつり」も、2/13をもって閉幕しました。
1日おきくらいに撮影に出かけてましたが、今年もとても楽しかったです。
撮った写真は、このあとまたゆっくりアップしていきますね。

週末、埼玉から こばPちゃん が札幌旅行に来たので、夫婦で合流していろいろ遊んできました。
雪まつり会場を中心に、市内の面白そうなところをいくつか巡ったのですが
その中でも楽しかったのが、白い恋人パークでの「お絵描きクッキー」作り。
あらかじめ用意された北海道の形のクッキーに、チョコペンなどでデコレーションできるんですよ。

私が作ったのは、この日の札幌の天気ネタです。
最低気温がマイナス4℃、北北西の風7メートルの「暴風雪」だったのです。
ホントに寒かったので、数値で記録しておこうかと思いましてね(笑)


旦那はBASICのプログラムを書いていました。なるほどなあ。
CLS命令とPRINT命令の無限ループなので、実行したら
「2011/02/13」の文字が、高速で点滅しながら表示されるでしょうね(笑)


そしてこばPちゃんが描いたのは、初音ミクでした。
雪まつり会場のいろんな場所で雪ミクを見かけましたが、クッキーはここだけでしょう(笑)
とても可愛らしくて、スタッフのお姉さんも反応してましたよ。
こういう絵が描けるのはうらやましいなあ、と思います。癒されました♪


初雪ミクのクッキーは、こばPちゃんが帰り際に私達にプレゼントしてくれました。
わーい、ありがとう!
朝、中島公園駅でこばPちゃんと待ち合わせ。
旦那と私とこばPちゃんの3人で、ベストウェスタンホテル札幌中島公園の中に入っている
「花カフェ シルバーレイン&マーガレット」で、モーニングを食べてきました。

このカフェは2年ほど前から気になっていたのですが、なかなか行かない札幌駅北口にあり
行くタイミングを掴めずにいたところ、最寄の中島公園駅に移転されたのです。
なんだか不思議な縁を感じてしまいます♪

さてさて、モーニングはこんな感じのメニューで500円。
トースト、バター、いちごジャム、サニーレタスのサラダ、ウィンナーが
お洒落に盛り合わせてあるんですよ。
丸くて小さな入れ物には、ケチャップと粒マスタード(写真では見えないけど)が入ってました。


セットのドリンクにカフェラテ(+100円)を頼むと、ラテアートを描いてくれるのです。 
それぞれ希望の絵をリクエストして、こんな可愛らしいラテアートを戴いてきました。 
これこれ、このラテアートがずっと憧れだったんですよね~。
見ているだけで気持ちがなごみ、心がほっこり癒されましたよ♪
 

テーブルにはちょっとした緑が飾られていて、これがまたいい雰囲気なのです。
店内の照明が暗めなのも、落ち着く要因のひとつなのかな。

でもこんな素敵なカフェで、旦那&こばPちゃんは 
シューティングゲームのマニアックな話で大盛り上がりだったのでした。 
弾幕シューティングの当たり判定を、バターのフタで説明されるとは思いませんでしたよ。 
どうして私の周りにいるのは、こういう人ばかりなのだ(笑)

ともあれ、ひさしぶりに満たされた朝食の時間を楽しむことができました。
ご馳走様でした♪


こばPちゃんと雪まつり円山動物園会場を見たあと、バスで円山公園駅まで戻ってきたのですが
あまりにも身体が冷えていたこともあり、六花亭喫茶でちょっとお茶してきました。
オーダーストップぎりぎりの時間だったので、大急ぎで決めましたよ(笑)

私は手前の大きなパフェ、こばPちゃんは小さなパフェとホットコーヒーを注文しました。
寒いと言っていながらパフェなんか頼んでますが、店内が暖かいのでちょうどいいんですよ。
フルーツの甘酸っぱさも、疲れた身体に嬉しかったです♪

「ゆきあかり in 中島公園」というイベントを見てきました。
公園内のいろんなところが、アイスキャンドルの暖かい光で彩られているのです。
たぶんこれは、ボランティアの人たちが運営してくれているんだろうと思います。

大通公園の「雪まつり」を見たら、そのまま「ススキノ氷の祭典」まで歩き
さらに足をのばして、この「雪あかり in 中島公園」を見ることができるんですよ。

空気はピンと張り詰めて冷たいけれど、飛び込んでくる景色はとても暖かいのです。
何枚か写真を撮ってきたので、幻想的な空気を味わってみてくださいね。








旦那と一緒に、雪まつり会場の撮影。
だいぶ疲れたところで、ロイズ札幌大通店のカフェで休憩してきました。

私はホットショコラショー(手前/420円)、旦那はホットコーヒー(奥/368円)を注文。
ホットショコラショーはココアというより、カカオそのものの味が強く出ている飲み物でしたよ。
甘味と苦味だけはなく、ちょっぴり酸味も感じるのです。
カップも、個性的で面白いデザインでした。

ドリンクを頼むと、ちっちゃなクッキーやチョコがついてくるのですが、
ちょっと小腹が空いていたこともあり、店内で1個ずつ販売しているお菓子を一緒に注文。
ダックワーズ、ウォルナッツクッキー、ココナッツクッキーなどを選びました。

以前はドリンクを注文すると、小さなカゴにお菓子をいくつも盛り合わせてくれたんですよ。
それがいつしか無くなり、お菓子も箱単位だけの販売だったので、ちょっと寂しかった記憶があります。
最近はまた、システムが変わったのですね~。
ともあれ、こういうちょっとしたコーヒーブレイクを楽しめるのは嬉しいです♪

雪まつりのメインとなる会場は、やはり大通公園なのですが
すすきの会場では、たくさんの氷像が披露されています。
夜になると光が当たってキラキラ輝き、とっても綺麗なんですよ。

氷像を作っているのは、近隣のホテルで勤務している料理人さんたちが多いそうです。
果物や野菜を彫刻のように細工する才能をお持ちなので、
その才能を最大限に生かして、見事な氷像をつくりあげていくんですよ。

開催前日なので、まだ作りかけ&調整中の氷像が多かったです。


大通公園で去年から雪像になっている雪ミクは、ここに氷像もありました。
今月中旬からは、雪ミク仕様の市電が札幌市内を走り回るそうですし
すごい気合いの入り方ですよね。


雪ミクのねんどろいどフィギュアたちが、氷漬けになって展示されていました(笑)


初音ミクの紹介プレートも、やっぱり透き通った氷の中に封じ込められています。
(可愛らしいので撮影してますが、私自身は初音ミクをほとんど知らなかったり…)


なめらかなカーブを描くシルエットが、たまらないですね~!


清酒・白鶴の氷像。
お酒の瓶と大きな鶴がセットになって、なかなか渋いデザインです。
氷像は雪像とはコンセプトもずいぶん違うみたいで、大通会場とは違う面白さがあるんですよね。


こちらはススキノらしく、ニッカおじさん(キング・オブ・ブレンダーズ)の氷像です。


毎年必ず登場するのが、魚介類がたくさん封じ込められた氷像。
初めて見たときは、かなりビックリしました。


雪まつりが終わったら、中の魚やカニは解凍して食べるのかなあ(笑)


これはガンダムなのかな? あまり知らなくてごめんなさい。
「コレジャナイロボ」の氷像とか登場したら、きっと面白いだろうなあ(笑)


これは…金魚なのかな?
ヒレやウロコの質感もしっかり表現されていて、見事です。


トリス・ハイボールの氷像。最近はトリスのCMを頻繁に見かけますよね。
去年はたしかビールの氷像とか、ラーメンの氷像なんかもありました。
雪まつりの写真は毎年たくさん撮ってるので、そのうち過去の写真もアップしますね。


鷹とか鷲とか、猛禽類の氷像かな。翼の質感がとてもリアルです。
鳥を模した氷像は、毎年いくつも見かけます。
個人的には、セキセイインコの氷像なんかも見てみたいです(笑)


前足を上げている馬のポーズも、日本刀のカーブも、すごい!
こうやって3Dの作品を仕上げられるのって、本当に素晴らしい技術だと思います。


餅つきをしているウサギさんたち。可愛らしいですねえ♪


ニチレイ焼きおにぎりの氷像。なんというか、いろんなものがあるのですねえ…。
おにぎりの氷像というより、どうやら北海道をイメージした作品みたいです。


他にも面白い氷像はたくさんあったので、開催中に何度か足を運びたいと思っています。

本来の開催は明日(2月7日から)ですが、ほとんどの雪像が完成していますし
週末でもあるので、大通公園にはたくさんの人が訪れていました。
たくさんある北海道グルメの屋台や、雪まつりグッズを販売するオフィシャルショップも
すでに営業を始めているんですよ。

大通11丁目は、世界各国から16チームが参加して雪像制作を競う「国際広場」。
毎年、どのチームも素晴らしい雪像を制作するんですよ。
このエリアの製作期間は今日から2月9日までなので、まだ作業が始まったばかりです。


小雪像のほとんどは、大通公園のはずれである12丁目の「市民の広場」に集まっています。
個性的なアイディアを生かした雪像が多くて、ある意味いちばん面白いエリアだと思うのです。


ひとあし早く雪像を楽しんだり、撮影したりする人たち。
雪まつり開催中に雪が降ったり、あまりに暖冬すぎて雨が降ったり(数年前がそうでした)
気温が上がって雪が解けたりすると、どうしても雪像のシャープさは次第に失われていくので
いちばん綺麗な状態を見たいと思ったら、開催日ちょっと前に来るのが良いそうです。
私も以前はそのことを知らなくて、札幌で生まれ育ったお友達に教えてもらったんですけどね。


順番が前後してしまいましたが、こちらも製作中の「国際広場」の様子です。
脚立で登った上は、けっこう高さがあると思うんですよね。
私は高所恐怖症なので、この作業をするのはちょっと辛そうです(笑)
これくらいの半端な高さって、逆に怖かったりしませんか?


公園内には、事務所になっているプレハブがいくつかあるのですが
窓の部分にはポスターが貼られていて、これが毎年とっても可愛いんですよね。


凍った雪道で人が転倒しないよう、滑り止めの砂を撒いてくれている警備のスタッフさんたち。
この付近は本当に足元がツルツルで、通る人たちが立て続けに何人も転んでいました。

私のすぐ隣を歩いていたおじさんもツルッと転んでしまったのですが、すぐ立ち上がって
「大丈夫ですか?」「うん、このあたりは危ないねえ」「ツルツルですもんね」
なんていう会話をしたんですよ。

その会話の直後におじさんはまた足を滑らせて転倒し、頭を打って意識を失ってしまいました。
たまたま通りがかった屋台スタッフの方が機転を利かせて救急車を呼び、
私や旦那や近くにいた人たちは、おくれて駆けつけてきた警備の方たちに状況を説明したりして。
ほどなく救急車がやってきて、おじさんは担架で運ばれていったんですけど
同じ道ですぐ隣を歩いていた人が、ほんの数秒で危険な状態になったのを目の当たりにして
とてもショックを受けました。

これから雪まつりに行かれる皆様、足元には本当に気をつけてくださいね。
2月に入ってからの札幌は、日中は気温がプラスになって雪の表面が解けて
夜になると冷え込んで、ツルツルになるという繰り返しなので
この冬になってから、いちばん路面の状況が悪くなっているんです。

雪道に慣れていない観光客の方は、靴屋さんや公園内の売店で販売されている
滑り止めを購入することを、強く強くオススメします。
かくいう私も、カッコ悪いのには目をつぶって、スノトレを履いて歩いていますから…。



こんな萌え系の屋台もありましたよ。
いわゆる「大きなお友達」が群がっているかと思いきや、全然そんなことないのが札幌です(笑)


ここで記念写真を撮れるようになっているのかな。
やわらかい色使いで、可愛らしいですよね。


こんな可愛らしい、ぶたさんの肉まんが販売されていました。
1個350円だったかな?
この時はちょっと買えなかったんですけど、次に行ったら食べてみようかな(笑)


輪厚パーキングエリアも、雪まつりには毎年お店を出しています。


ジュースの自動販売機が、円山動物園仕様になっていました。
可愛いシロクマたちの写真が、なかなかいい感じです。


この時期だけは、コンビニや自動販売機で
雪まつりデザインの限定コカコーラが販売されています。
テレビ塔や時計台などがデザインされていて、ちょっと可愛いんですよ。


電子マネー「Kitaca」で買える自動販売機も。
東京に比べて札幌は、電子マネーの普及がとても遅かったんですよ。
なので今でも、こういうのを見かけると「おおっ、すごいなあ」と思ってしまいます。


大通駅を歩くと、駅事務所の前には雪だるまの写真スポットが。
クリスマスの時期も、ツリーが飾られていたりしていたんですよね。
雪まつり会場だけではなく、こういう小さな発見も楽しみながら歩くと面白いですよ♪

さっぽろ雪まつり 大雪像

| トラックバック(0)
自衛隊員さんたちが全力で作ってくれる、大雪像の数々。
高さが20メートル以上あり、それだけでも製作は大変だと思うのですが
細かいところまで素晴らしく細かく作られていて、毎年のように感嘆のため息をついています。

大通10丁目の「サザエさん」。
見慣れたサザエさん一家も、こんなに大きくなるとすごい迫力なんですよ。


タマの首についている鈴の大きさが可愛いです♪


フネさんの前掛けの質感と、ワカメちゃんのスカートがふんわりして素晴らしいなあ。


大通8丁目の「国宝・本願寺 飛雲閣」
夜になってライトアップされたら、とても幻想的な雰囲気になるのでしょうね。


大通7丁目の「天壇・祈念殿」を横から撮ったもの。
細かい部分を作ったり接合したりするの、本当に大変だったことでしょうね。


大通5丁目の「ミュージカル・ライオンキング」
製作の現場を何度か見に行きましたが、ようやく全体を見ることができました。
ザズーがいいなあ。


そして、私が今年いちばん目を奪われたのが
大通4丁目の「観光王国宣言! 北海道」でした。
人が多くて全体像がうまく撮れず、今日は部分的なアップだけ撮ったのですが
どの部分も、素晴らしい細かさなんですよね。

北海道観光を大きく後押ししている、中国などアジアからの観光客へ
歓迎の意味を込めて、紫禁城や万里の長城が配置されています。


北海道を代表する生き物であるシマフクロウ。すごい眼力ですよね。
そして、その後ろに見える北海道庁のカッコ良さにクラクラしてきました(笑)


奥に見えるのは万里の長城、手前に見えるのはキタキツネの親子。
白一色だけで、犬でもオオカミでもなく、ちゃんとキタキツネに見えるんですよね。


角度を変えて撮ってみると、印象もずいぶん変わりますよね。
雪がちらつく中、何度もデジカメのシャッターを押しながら
素晴らしい技術力に、すっかり惚れぼれしていました。


小雪像&中雪像の写真、後半です。

今年はワンピースのチョッパーを作っているところが、何箇所かありました。
そしてうさぎ年ということもあり、ミッフィーやマイメロなどのうさぎを作っているところもいくつか。

個人的には、どせいさん、初音ミク、カーバンクル、onちゃんなどが気になりました。
カーバンクルは毎年出ているのですが、いつも可愛くて見るのがとても楽しみなのです。






















ついに明日(2月7日)から、さっぽろ雪まつりが開幕します。
前日である今日は、すでにほとんどの雪像が完成していたので
ひとあし早く、写真をたくさん撮ってきました。

全部の雪像を撮ったわけではなく、私が個人的に「面白いな」と思ったものばかりですが
よかったらぜひ、雰囲気を味わってみてくださいね。

なお、写真の選定や補正などで時間がかかりすぎてしまったので
ひとつひとつの写真には、コメントをつけられませんでした。
時間ができたら、後ほどそれぞれにコメントをつけるかもしれません♪























去年に引き続き、雪ミクの雪像が登場するそうです。
まだ荒削りな状態ですが、これからどんどん可愛らしくなっていくのでしょうね。


設計図も貼られていました。こんな感じに出来上がる予定なのかあ…。
空間把握能力がダメダメな私は、これを見ても絶対に作れない自信があります(笑)


中国の天壇公園にある「祈念殿」という建物の大雪像。
これはもう、ほとんど完成しているようですね。
札幌の街並みに混じっている景色は、なんだか不思議なものがあります。


寒い中で作業中の、自衛隊員さんたち。



ライオンキングの大雪像。
イボイノシシのプンバァが、すっかり綺麗な形に整えられていました。
そういえば去年も一昨年も、ミッキーやミニーたちのディズニー大雪像があったんですが
今年のディズニー関係は、この雪像になるのかな?


巨大なかまくらみたいなものが作られていました。
これは何に使われるものなのかな。


大雪像の製作現場は、クレーン車も動いていて危険ですし
近くには立ち寄れないようになっている場所が、結構多いのです。
「ここまでは近づいてもいいよ」というのが、ちゃんとわかるようになっていました。
でも、ここからじゃ何がなんだか全然わからないんですけどね(笑)



作業用の水道は、凍結防止のため水を出しっぱなしにしていました。
雪国ならではの光景ですよね。


大雪像を作っている自衛隊の皆さんに激励の言葉を残せる「メッセージボード」が
たくさん並んでいる場所があります。

自衛隊関係者の中に、やたらと絵の上手い人がいるみたいですね。 
先日アップしたショベルカーの絵も、この人が描いたんじゃないかなあ。 
個人的に、かなり好きな画風です♪ 

大きなメッセージボードがたくさん置かれているのですが、 
まず始めに、関係者の方がこういう絵を描いているみたいです。 
そのまわりに観光客が無数のメッセージを残していくという流れのようで。

大通公園には、中国人観光客がとても多かったです。 
日本人より、中国人の方が多かったんじゃないかと思うほど。 
メッセージボードにも「加油(=がんばれ)!」の文字を、たくさん見かけました。










このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261