天然酵母のパンセット/給食堂bio

| コメント(0) | トラックバック(0)
あけぼのアート&コミュニティセンターの1階にある「給食堂bio(ビオ)」に行ってきました。

このコミュニティセンターは、廃校となった小学校をリニューアルして作られたもので
現在はNPO法人が管理しており、体育館や音楽室、ホールなどを時間貸ししているんです。
給食堂bioは、長期利用でお店を出しているんですよ。

我が家はこのコミュニティセンターが選挙会場として指定されていたので、
投票のあと初めて来店し、お昼ごはんを食べてきました。

校舎の1室を利用した営業なので、外観もこんな感じなのです。


名前が「給食堂」というくらいなので、最近流行のいわゆる給食系レストランかと思いきや
メニューに並んでいるのは、給食とあまり関係ないものばかりだし
料理人の男性は作務衣を着て料理しているし、中東グッズは売られているし…。
強いこだわりを感じるというか、要するにマニアックなお店でした(笑)


元の小学校で使われていたと思われる、学校用の机や椅子で食べることができます。
このあたりはちょっと、給食っぽい雰囲気がありますね。


いろいろメニューがある中、旦那と二人で「天然酵母のパンセット」を頼んでみました。
天然酵母パン、オムレツ、サラダ(茹でアスパラ)、フムス、コーヒーのセットで、580円。
同じメニューだからといって、コーヒー以外は一緒のお皿に盛られてくるとは予想外でした(笑)
やたら量が多いなあと思っていたら、二人ぶんだと言われて「へっ?」という感じ。
オムレツも、とても大きなものがひとつ。卵を4~5個は使っていると思われるサイズでしたよ。

「フムス」というのは、トルコ料理ではお馴染みのペーストなんだそうです。
ひよこ豆を使った調味料で、オリーブオイルと和えてありましたよ。
初めて食べるし味の想像がつかないので、パンに塗っておそるおそる口に運んでみましたが
こってりして酸味の少ないマヨネーズという感じで、慣れると気に入りそうな味でした。

オムレツとアスパラが、とっても美味しかったです。オムレツの焼き加減が絶妙!
天然酵母のパンも、噛み応えがあって面白い食感でした。
スタッフの女性が「パンはきっと食べきれないと思うので…」と、ラップを置いていってくれましたが
「パンは別腹なので大丈夫です」とか言いながら、完食してしまいました(笑)

メニューの内容と料金が、もうちょっとわかりやすく提示されていたら嬉しいかな。
その日できるメニューとできないメニューが、全部聞かないとわからないし
単体で置かれている食べ物も、詳細や料金が不明なのです。
お店のスタッフさんたちには明確にわかっている情報でも、客からするとそうではないので…。
せっかく良いスタンスで美味しいお料理なのに、ちょっと敷居が高く感じられてしまう気がします。

でもでも隠れた名店だと思うので、機会があったらまた利用してみたいと思っています。
ご馳走様でした!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://adventure-world.info/blog/mt-tb.cgi/297

コメントする

このブログ記事について

このページは、namachanが2011年4月10日 12:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「千の葉菓集/オランダ家」です。

次のブログ記事は「ススキノでティータイム&夕食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261