札幌☆喫茶店の最近のブログ記事

いくつか用事を済ませたあと円山へ移動し、六花亭喫茶でミックスピザとコーヒー♪
ピザを切るためのキッチンばさみが添えられてくるんですよ。
初めて見たときは驚いたけど、ピザがとても切り分けやすくて便利でした。


デザートも頼んでしまいました。
私は紅茶のクリームパフ、旦那はチョコのクリームパフ。どちらも120円でした。
パフをカットすると、新鮮なクリームがたっぷり詰まっています。
北海道のケーキは、安くて大きくて美味しいので大好きなんですよね♪


「コーヒー&レストラン ロータ」で、初めてチキンライスを頼んでみました。500円。
ここのオムライスは好きでよく注文するんですけど、オムライスの卵なし版という感じです(笑)
でも、若干チキンの量が多めだったかな。

オムライスやチキンライスやピラフ類は、コンソメスープ付きです。
このマキシムのカップが、持ちやすい形でお気に入り。

例の豪快なトマトサラダを一緒に頼みました。
これが1皿あるだけでも「野菜を食べた~!」という気分になれますね(笑)

このあいだ仕事中に足を怪我してしまい、1週間ほど家から出られずにいるのですが
今日は所用があってレンタカーを借りていたので(我が家は必要な時だけレンタカーを借りる派です)
気分転換を兼ねて、旦那の運転で札幌市内をドライブしてきました。
長距離だと全然歩けないけど、車で出かけて店内を歩く程度なら大丈夫なので…。

六花亭喫茶・真駒内店 に、初めて行ってきました。
正確には「真駒内六花亭ホール店」というんですけどね。
名前どおり中にホールがあり、ときどきコンサートなどが開催されているんですよ。
いつもは円山店ばかり行っているので、ツタの葉に囲まれた自然豊かな外観にビックリ。
ひっきりなしにお客が出入りして、人が写っていない写真が全然撮れませんでした(笑)


とてもお腹が空いていたので、開店直後の喫茶ルームへ入りました。
六花亭の花柄包装紙をモチーフにしたオブジェが印象的♪
「空いていて落ち着く~♪」と思っていたら、このあとすぐ満席になっちゃいました(笑)


建物の周囲に絡んでいるツタの葉が、店内の窓からも見えます。
窓の外が緑色の葉で覆われている景色は、さわやかで涼やかで良いものですね。


旦那も私も「十勝おこわ定食」を頼みました。ワンプレートで500円。
6種類の豆がたっぷり炊き込まれたおこわ、きゅうりの甘芥子着け、ささげのきんぴら、お茶。
ごま塩も添えられてきます。
ヘルシーでお気に入りのメニューなので、今までに何度も頼んでいるんですよ。


いつも行く円山店の伝票は感熱紙だけど、真駒内店の伝票は手書きでした。
六花亭喫茶は、ピザも美味しいんですよね~。


いつもお世話になっている喫茶店「ロータ」さんで、オムライスを戴いてきました。
コンソメスープと福神漬けがついて500円。
写真は旦那が頼んだ大盛りで、100円増しの600円です。
ケチャップライスにはチキンが結構ゴロゴロ入っていて、ものすごくお腹いっぱいになります。

食べているうちに、店内のお客さんがちょうど一斉に帰ってしまったので
マスターといろいろお喋りしてきました。
テイクアウトにも対応してくれるという情報をゲットしたので、こんど試してみようかな。
毎日ひとりで朝から晩までお店に立っているマスター、いつまでも元気でいて欲しいです。

私は自分で作る料理より、マスターの料理の方が好きなのでした(笑)

職場でもネットでも世話になっている「みー」さんと、ススキノで遊んできました♪
遊ぶと言っても、お茶してゴハン食べてお喋りしまくるだけなんですけどね(笑)
でも面白い話がいっぱい聞けて、MPをたっぷり補充できる貴重な時間なんですよ。

ラフィラ地下の「フルーツケーキファクトリー」で、ケーキセットを頼みました。
800円未満の好きなパイとドリンクで500円という、不思議なセットなのです。


二人して、ショーケースの中のケーキに目移りしまくっていたんですが
せっかくフルーツケーキファクトリーに来たんだし…ということで、定番の「フルーツタルト」を。
見ているだけで元気になりそうな、色とりどりのフレッシュなフルーツがたっぷり!


そのあと「喫茶サンローゼ」で、ハヤシオムライスを頼んで夕食。
ここのオムライスは、卵がふわふわで美味しいんですよね。

なんだかんだで6時間くらい喋りまくり、途中で仕事帰りの旦那まで合流して
みーさんと旦那は、マニアックな話で異様に盛り上がっていたのでした(笑)
長時間お付き合いありがとうございましたっ。またご一緒しましょうね♪


中島公園の近くにあった「公開秘密結社あじと2」が、幌平橋の近くに移転し
「カフェ日びの」として、リニューアルオープンしました。
4/10がグランドオープンだったのですが、もうプレオープンが始まっていたので
さっそくお邪魔してきました!

「あじと2」の頃から何度か食事に行っていたのですが、
基本コンセプトは変わらないまま、さらにお洒落なメニューになっていたように思います。
今回は、名前は忘れてしまったのですが…1000円くらいのランチセットを頼んでみました。

まず、こんなプレートが運ばれてきます。
焼き野菜・ひじきペースト・サラダ。
奥に見えるのは、甘酒オニオンドレッシングなんだそうですよ。


サラダは冷たくひやしたグラスに入っていて、お洒落な盛り付けでした。
甘酒オニオンドレッシングがよく合い、美味しいサラダでしたよ。
豆がたくさん入っているのも、嬉しいところです。


次に、メインのプレートが運ばれてきます。
玄米2種類or今日のごはん、味噌汁orベジスープ、自家製食べるラー油or塩なめたけ、
そして今日の日替わりおかずは、かぼちゃと豆腐の雑穀麻婆でした。

ちなみに、ごはんと汁物はおかわり自由なんです。すごい!


かぼちゃと豆腐の雑穀麻婆は、辛くない優しい味でした。
雑穀が入っているのは面白いですよね。
かぼちゃが入っているおかげで、とてもボリュームがありました。


ベジスープは、ほんのりカレー風味でした。
細切りにした野菜が、たくさん入っていましたよ。


玄米は「長岡式酵素玄米」「あすなろ玄米」のうち好きなものを選べます。
おかわりすると、両方の種類を戴くことができますよ。
私と旦那は、玄米を汁物を両方ともおかわりし、両方の味を楽しんできました。
ものすごくお腹いっぱいになってしまいましたけどね(笑)

色が濃いこの玄米が「長岡式酵素玄米」。ちょっとクセがあります。
でも、慣れると美味しいんですよ。


こちらが「あすなろ玄米」。
クセが少なくて食べやすいので、初心者はこれから始めるのがいいみたいですね。
炊いていないものが1kg単位で売られていて、家で味わうこともできるんですよ。


食後にドリンクが選べるので「自家製ジンジャーエール」をお願いしました。
自販機やコンビニで売られているジンジャーエールと違い、辛いんですよね~。
ごくごく飲むことはできないけど、ひとくち飲むたびに身体がポカポカしてくる感じでした。
これはなかなか気に入りましたよ。


窓際には、ねこやなぎの枝が飾られていました。
外には、解けかけた雪でぬかるんだ道が見えます。
夏になって木々が青々としてきたら、きっと綺麗な景色になるのでしょうね。


伝票は、小さな木のクリップに挟まれて置かれていました。
これだと風で飛ばされることもないし、面白いアイディアですよね。

たまに「公開秘密結社あじと2」に行くのは、食生活をリセットできる感じでお気に入りでした。
今後はこの「カフェ日びの」に、ときどき来たいなと思います。
ご馳走様でした♪


旦那とススキノの「喫茶サンローゼ」で夕食してきました。

私が食べたのは「オムライス」760円→クーポン使用で660円
旦那が食べたのは「あんかけ焼きそば」760円→クーポン使用で660円。

ご馳走様でした。いつも安心して食べられるお店です♪
私には、こんなに綺麗なオムライスは作れません(笑)


ススキノの喫茶店「サンローゼ」で、鍋焼きうどん(750円)を食べてみました。
鶏もも肉、かまぼこ、お餅、たまご、長ねぎ、三つ葉、お揚げなどが入っていて、ボリューム満点。
つけあわせにサラダがついているのが、ちょっと面白かったかな。
うどんは太めでとてもコシが強く、食べ応えがありましたよ。
ご馳走様でした。

サンローゼは、若いホールスタッフさんたちの対応が抜群に良いなあと感じています。
いつもありがとうございます♪


★2011/02/25

ススキノの「喫茶サンローゼ」で夕食してきました。
お店選びに迷ったらサンローゼ!
安くて美味しくて店内も広いので、待つこともあまりなくゆっくり過ごせるのです。
ただ広いせいか「ちょっと声のボリュームが大きすぎるんじゃないかな」という人が結構いるので、
たまたま近くの席にそういう人がいた時は、多少ツラいかも。

旦那が頼んだのは、ピラフだかチャーハンだったかな?
スープとサラダがついているのが嬉しいですね。
ちょっと失念してしまったので、今度行ったときまた確認してきます(笑)


私が頼んだのは、スパゲティマリナーラ。
こちらもスープとサラダがついて760円(公式サイトのクーポン使用で660円)です。
魚介類がたっぷり入ったスパゲティに、大量のトマトソースが掛かっていて
トマト大好きな私ですら、途中で「も、もうトマトは充分すぎるかも…」と思うくらいのボリューム!
スパゲティにトマトソースをたっぷり絡めて食べても、スパゲティを全部食べ終えた時点で
トマトソースが半分近く残っているというのは、ちょっと凄いと思うのですよ。

朝、中島公園駅でこばPちゃんと待ち合わせ。
旦那と私とこばPちゃんの3人で、ベストウェスタンホテル札幌中島公園の中に入っている
「花カフェ シルバーレイン&マーガレット」で、モーニングを食べてきました。

このカフェは2年ほど前から気になっていたのですが、なかなか行かない札幌駅北口にあり
行くタイミングを掴めずにいたところ、最寄の中島公園駅に移転されたのです。
なんだか不思議な縁を感じてしまいます♪

さてさて、モーニングはこんな感じのメニューで500円。
トースト、バター、いちごジャム、サニーレタスのサラダ、ウィンナーが
お洒落に盛り合わせてあるんですよ。
丸くて小さな入れ物には、ケチャップと粒マスタード(写真では見えないけど)が入ってました。


セットのドリンクにカフェラテ(+100円)を頼むと、ラテアートを描いてくれるのです。 
それぞれ希望の絵をリクエストして、こんな可愛らしいラテアートを戴いてきました。 
これこれ、このラテアートがずっと憧れだったんですよね~。
見ているだけで気持ちがなごみ、心がほっこり癒されましたよ♪
 

テーブルにはちょっとした緑が飾られていて、これがまたいい雰囲気なのです。
店内の照明が暗めなのも、落ち着く要因のひとつなのかな。

でもこんな素敵なカフェで、旦那&こばPちゃんは 
シューティングゲームのマニアックな話で大盛り上がりだったのでした。 
弾幕シューティングの当たり判定を、バターのフタで説明されるとは思いませんでしたよ。 
どうして私の周りにいるのは、こういう人ばかりなのだ(笑)

ともあれ、ひさしぶりに満たされた朝食の時間を楽しむことができました。
ご馳走様でした♪


旦那と一緒に、雪まつり会場の撮影。
だいぶ疲れたところで、ロイズ札幌大通店のカフェで休憩してきました。

私はホットショコラショー(手前/420円)、旦那はホットコーヒー(奥/368円)を注文。
ホットショコラショーはココアというより、カカオそのものの味が強く出ている飲み物でしたよ。
甘味と苦味だけはなく、ちょっぴり酸味も感じるのです。
カップも、個性的で面白いデザインでした。

ドリンクを頼むと、ちっちゃなクッキーやチョコがついてくるのですが、
ちょっと小腹が空いていたこともあり、店内で1個ずつ販売しているお菓子を一緒に注文。
ダックワーズ、ウォルナッツクッキー、ココナッツクッキーなどを選びました。

以前はドリンクを注文すると、小さなカゴにお菓子をいくつも盛り合わせてくれたんですよ。
それがいつしか無くなり、お菓子も箱単位だけの販売だったので、ちょっと寂しかった記憶があります。
最近はまた、システムが変わったのですね~。
ともあれ、こういうちょっとしたコーヒーブレイクを楽しめるのは嬉しいです♪

北海道神宮へ行った帰りに、六花亭喫茶で遅いランチをしてきました。 
2階が喫茶で、1階はお菓子売り場になっているのです。
1階の階段そばには、とても大きくて立派な鏡餅が飾られていましたよ。


私は「十勝おこわ定食(500円)」、旦那は「ほたておこわ定食(550円)」を注文。 
ほっくり炊けた具だくさんのおこわ、お煮しめ、きゅうりの甘芥子漬け、お茶がついています。
こんな正統派のゴハンを楽しめるのに、お手頃価格なのがありがたいところです。


大豆・大納言小豆・金時豆・黒豆・白花豆・枝豆が、たっぷり入っています。
お米はもちろん道産米。
ふっくら炊き上げられていて、とても美味しいんですよ。
添えられたゴマ塩を少し振って戴きました。
うーん、やっぱり和食は良いなあ...と思うひとときです。


旦那が頼んだ帆立おこわは、道内産の餅米を
醤油と一緒に貝柱の戻し汁で炊き込んであるんだそうです。
海の香りが広がって、満足感でいっぱいになってしまうんですよね。


おせち料理を食べていないので、お煮しめは嬉しかったです。
ごぼう・たけのこ・里芋・さやえんどう・れんこん・人参・こんにゃく・しいたけ入り。
しいたけの出汁がとってもよく染みていて、しみじみ味わいながら戴きました。
味が染みているのは、つめたく冷やしてあるのも理由のひとつなのかもしれません。


きゅうりの甘芥子漬け。
私は芥子の辛さがあまり得意ではないんですが、これなら食べられるんですよ。
きついな~と思うちょっと手前で、辛さが止まっている感じで。
おこわとよく合う味です。


デザートに、土鍋ぜんざい(480円)をはんぶんこして食べてきました。 
塩昆布が添えられていて、甘いぜんざいの口直しにピッタリなんですよ。 


我が家は、お餅もあまり食べないんですよね。
あれば食べるけど買ってまでは食べないし、貰ってもそんなにたくさんは食べないし。
考えてみたら今年のお正月に食べたお餅って、この土鍋ぜんざいに入っていたものだけでした(笑)


会計のとき「新年のご挨拶です」と言って、お菓子の詰め合わせを頂きました。 
こういう心遣いもたまりません。
六花亭は、北海道の中でも特に好きな企業のひとつなんですよね。
今年もちょくちょく通いたいなと思います。


私たち夫婦が東京を離れて北海道に住むようになったのが、2006年12月19日でした。 
今日で、北海道に住んでちょうど4年が経過したことになります。 

雪が降る中、旦那と二人で「喫茶サティ」の美味しいコーヒーを飲んできました。 


最初の2年くらいは気候にも環境にも慣れず、落ち着いて安心して過ごせる場所がなく 
しょっちゅう東京にいた頃と比べてはブルーになり、日記で思いを吐き出してました。 

だからといって、東京に戻りたいとか思ったことは一度もなくて 
「自分達の意思で越してきたのに、どうしていまだに馴染めないんだろう...」と 
毎日ひたすら自分を責めて、適応しようともがいては壁にぶちあたってたんですよね。 
バイトの面接を受けても落ちてばかりだし、気分転換に友達と会うこともできないし。 

いま改めて当時の日記を読み返すと、重いことばかり書いていたのに驚きます(笑) 
とにかく辛くて寂しくて。 

テーマパークや大型イベントのような、人がたくさん集まって楽しい場所に身を置くことで 
傷ついた気持ちや寂しい気持ちを癒しつつ 
ちょっとずつ前進していくという不器用な生き方が、自分の中で定着していたので 
そういった場所が皆無である北海道に来て、エネルギー充電の場所をいきなり失ってしまい 
これには本気でまいりました。 

しかも、せめて歩いて景色を楽しもうと思っても、凍った路面がツルツル滑って本気で怖いし。 
家にいると鬱屈してくるから外に出たいのに、その外出が怖くて怖くてしかたないという。 
外に出ると全ての場所がツルツルに凍っているという大きなストレスは、 
冬の雪国を一度も訪れたことのない私にとって、生まれて初めて経験するものでした。 
晴天が多くて、日中はポカポカ暖かく晴れた日が続き 
夜の空っ風に耐えられるなら基本的に外出しやすい、東京の冬しか経験したことがなく。 

そして、会うことが滅多になかったとしても 
昔からの友達や家族に、ちょっと電車に乗れば会いに行けるというのは 
意識していなくても、どれほど心強いものなのかということを、 
飛行機に乗らないと会えない場所に引っ越してから、初めて気づいたわけです(笑) 

でも今は、札幌生活のいろんなことを心底楽しめるようになりました。 
いったん馴染んでしまうと、ここでの生活は加速度的に楽しくなっちゃいましてね。 
今はお仕事も、仕事先の仲間との会話も、デジカメ持参の写真撮影散歩も、食べ歩きも 
すべて満喫できるようになっちゃいました。 

特に充実しているのは、仕事の時間かもしれません。 
生まれ育ったわけではない土地に住み、そこでささやかながらお仕事を見つけて 
お客さんや仕事仲間に必要としてもらえていることが、今とても幸せに思えます。 
東京から埼玉や神奈川や千葉に越すのと、東京から北海道へ越すのは 
まるっきり別物でした(笑) 

私はたぶん、引っ越してきてすぐにこんな状態になれるだろうと思っていたから 
うまくいかないことに苛立って自信をなくし、落ち込んでいたのでしょうね。 
でも、全く違う土地で暮らしていくということは、自分がそこに根付くまで 
ある程度のまとまった時間が必要なんだなということが、ここに来てわかりました。 
当然ですが、旅行で遊びに来るのとは、まったく違うんですよね。 
ゴハンが美味しいとか景色が綺麗とか、それだけでは満たせないものがあるのです。 

たまたま東京で生まれ育ったので、そのまま惰性で住み続けてきましたが 
ずっと同じ土地で暮らしてきた、今までの自分の人生の難易度は 
なんてラクチンだったんだろうと、改めて思います。 
今まで当たり前に受け取ってきたことが、実は当たり前なんかじゃなかった。 
自分の実力ではなく、惰性で住み続けてきたことで享受していたにすぎなかったんです。 

この4年間で、東京在住時の何倍も、苦しいことや辛いことや嬉しいことを経験して 
一気に経験値を獲得できた気がしますよ(笑) 

そんなわけで、明日から北海道生活5年目に突入です。 
皆様、これからも改めてよろしくお願いします。 

そして、今まで一緒の時間を共有してきてくれた旦那にも感謝です。 
いつもありがとうね。
「六花亭喫茶・円山店」でお茶してきました。 
前日に来たばかりな上に、スープカレーを食べたばかりで
あんまりお腹が空いてないんですけどね(笑) 

クリスマスまでの間、日没後はキャンドルの灯りだけで営業しているのです。


とっても素敵な雰囲気でしょう♪


庭に生えている木には、赤くて大きなリボンがたくさん!
白い雪が乗っていて、なんだかサンタさんの帽子にも見えますよね。


旦那はミートソースピザ(650円)とコーヒー(250円)を頼みました。
ミートソースピザは今月限定で、ひときれ貰ったところ
トマトの味がきいていて、とても好きな味でした。


私はストロベリーのミニパフェ(350円)を頼みました。 
甘酸っぱくて新鮮ないちごが、とっても美味しかったです。


メニューを眺めていると、当日がお誕生日の人は
店員さんに証明するものを見せると、特典があるとの記述を発見。 
今まで全然気がつかなかったけど、そんなサービスがあったんだ! 

・好きなケーキ+年齢キャンドル 
・好きなドリンク 
・店員さんの「ハッピーバースデー」の歌 

これらのサービスを受けられるんだそうです。
ちょっと恥ずかしいので、歌ってもらうのはキャンセルさせてもらって 
オリジナルブレンドティーとココアシフォンケーキ、キャンドルをお願いしました。 
わーい、こういうサービスって嬉しいなあ♪ 


たまたま、家族連れの小さな男の子もお誕生日だったみたいなのですが 
その男の子は、歌をお願いしたみたいなんですよ。 
店員さん3名がテーブルまでキャンドルつきのケーキを運んで 
(店内がキャンドルの灯りだけでの営業なので、なんだかおごそかな空気でした) 
とても澄んだ綺麗な声で、ハッピーバースデーの歌を合唱していました。 
あれは絶対、普段から練習してる歌声ですね。 
斉唱じゃなく合唱なんですよ。全員違うパートで歌っていて、すごかったなあ。 

店内のお客さんも、パチパチパチ...とあたたかい拍手をしていて。 
ひとときの優しい時間が流れました。 来てよかったです♪

後日、六花亭のツイッター公式アカウントに 
「ハッピーバースデーの合唱は、店員さんたちで練習しているんですか?」
ということを質問してみたところ、教えてくれました。 

> お誕生日おめでとうございます! 
> また、当日、喫茶室をご利用頂きまして、ありがとうございました。 
> コーラスは開店前に音合わせをしています。 
> 一年に一度、特別な日の思い出のお手伝いを少しでもできればと、 
> お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら...。 

これって毎朝、音合わせをしているということですよね。 
やっぱり凄い会社だなあ...さらにファンになっちゃいました。

ご馳走様でした&幸せな時間をありがとうございました。
仕事のあと、旦那と待ち合わせてススキノへ。
お気に入りの「喫茶サンローゼ」で夕食してきました。
ここは何を頼んでもハズレが無いので、いろんなメニューを開拓するのが楽しいのです。

旦那はラーメンセット(820円→クーポン利用で720円)を注文。
ラーメンは醤油と味噌があり、味噌ラーメンは何度か頼んだことがあるのですが
醤油ラーメンを頼むのは初めてだったんですよ。
セットにすると、ザーサイとチャーハンがついてきます。


チャーハンをひとくち味見させてもらいました。シンプルながらも真面目な味付け。
うちの近所の中華料理屋さんで出てくるチャーハンより、こっちの方が美味しいぞ(笑)


こちらは、私が頼んだシーフードグラタン(920円→クーポン利用で820円)。
入口のショーウィンドウでも、テーブルに置いてあるメニューでもわからないけど
スープとサラダがついてきます。これが結構嬉しいんですよね~。

グラタンは他のメニューと比べると高いので、今までなんとなく敬遠してたんですよ(笑)
でもこの日はどうも胃腸の調子がイマイチだったせいか、クリーム系の食事が欲しくて。

食べてみて、ちょっとビックリしました。
エビとホタテとカニがたくさん、ぷりっぷりの状態で入ってるんですよね。
どれも食べ応えがあって、満足感がとても高いグラタンでした。
このグラタンを家で再現しようとしたら、かなり大変なんじゃないかなあ...。

寒かった身体も、すっかりポカポカになりましたよ。ご馳走様でした♪


会計のとき、なんとなくレジの近くをのぞいてみていたら
公衆電話のところに、こんな貼り紙がありました。


今はすっかり携帯電話が主流ですし、公衆電話を使う人も減っていますもんね。
私自身も、最後に公衆電話を使ったのがいつか思い出せないですし。
こういうのも時代の流れなのかな~と思います。


旦那が猛烈に空腹モードらしいので、
炭水化物をたっぷり補給してもらうべく、豪快な盛り付けが魅力の「ロータ」へ行ってきました。

私が頼んだのは、ナポリタン(400円)。
これは並盛なんですけど、かなりボリュームたっぷりです。
熱い鉄板に盛り付けられてくるので、下の方におこげができるのが良いのですよ。
懐かしい味で、食べているとなんだかホッと落ち着くのです。


旦那が頼んだのは、カレースパゲティ大盛(400円+100円)。
これでもかというほど盛られたスパゲティに、カレーがかけられています。
コストパフォーマンスはかなり高く、お得なメニューですが
運んできたマスター自ら「これってちょっとエサっぽいよねえ」と冗談を飛ばしてきました(笑)

お洒落に「パスタ」と呼ぶより、あくまでも「スパゲティ」という言葉が似合います。
ご馳走様でした♪


ススキノの「喫茶サンローゼ」で、ちょっと早い昼食を戴いてきました。

旦那が頼んだのは、きのこスパゲティ(760円)
ちょっとだけ味見させてもらいましたが、香ばしくて美味しかったです。
メニューにもディスプレイにも書かれてないけど、コンソメスープとサラダがついてきます。
オムライスあたりのメニューにも、スープとサラダはついてくるんですよね。
思いがけないオプションというのは、なんだか嬉しく感じます。


そして私が頼んだのは、ラーメンサラダ(680円)
和風ドレッシングかごまドレッシングが選べたので、今回は和風ドレッシングを。

このラーメンサラダというのは、北海道の居酒屋でよく出てくるメニューらしいんですよね。
居酒屋に行く機会が滅多に無いので、食べる機会も全然なかったんですけど
サンローゼのディスプレイで初めて見かけたので、頼んでみました。

ドレッシングが、カレーのルゥでおなじみの器に入れられてきたのが、ちょっと斬新。
好きな量をかけて食べられるのが、ありがたいなあと思います。
ちなみにドレッシングはかなりたっぷり入っているので、足りなくなるということはなかったです。


「ラーメンサラダ」という名前だと、あくまでも主役はサラダで、ラーメンは具のひとつという感じですが
これはどう見てもラーメンが主役の「サラダラーメン」なんじゃないかなと思いました(笑)
普通にラーメンが1玉入っていて、思ったよりボリュームたっぷりなんですよね。
水菜、コーン、人参、ヤングコーン、トマト、小さく刻んだチャーシューなどが、たっぷり乗っていました。
今度は、ごまドレッシングで頼んでみようかなあ。

ご馳走様でした♪


いつも何かとお世話になっている ダリア(旧みー)さん と、
夜のススキノで美味しいものを食べながら、いっぱいお喋りしてきました♪

まず行ったのが、最近お気に入りのスープカレー屋さん 「SHO-RIN(ショーリン)」
二人そろって頼んだのは、チキン&ベジタブルカリー(1150円)+雑穀米(50円)でした。
携帯クーポンでソフトドリンクを選べたので、私はコーラ、ダリアさんはアイスコーヒーを。
いつ来ても安定した美味しさで、幸せいっぱいになれてしまいます。
私はサラサラ系スープより、SHO-RINのようなこってり系スープの方が好きなんですよね。


次に、知る人ぞ知るパフェのお店「ぴーぷる・ぴーぷ」へ。
このお店にダリアさんをご案内したくて、行きましょう行きましょうと言いながら
お互いにスケジュールがなかなか合わず...いや、どちらかというと私の都合が多く(笑)
1年くらい前から約束していたのですが、ようやく実現しました!

到着すると店内はほとんど満席で、唯一空いていた地下エリアのいちばん端のテーブルへ。
長居していたら他のお客さんがそのうち全員いなくなったので、久しぶりに写真を撮ってみました。
撮影する1時間くらい前までは、あまり広くはないこの空間に、10人以上のお客さんがいたのですよ。


お気に入りの「ラム酒とカスタードのプリングパフェ」を注文しました。
ラム酒の強さと甘くない生クリームの組み合わせが絶妙で、幸せに浸りながら完食♪
ダリアさんは、個性があまりにも強いこのお店に衝撃を受けながらも面白がってくれて
パフェも気に入ってくれたみたいなので、よかったよかった。


このお店は、9月限定の「ヴルーベリーパフェ(ブルーベリーではない/笑)」が大人気。
マスターが仁木町まで自ら摘みに行って、それをパフェにして出しているんです。
まだ私も食べたことがないんですけど、この日はたまたま出てたんですよね。
しばらくあるだろうし、来週また食べに来ればいいかなあと思って頼まなかったのですが
会計の時マスターに聞いてみたら、どうも今日が今年最後のチャンスだったようで(笑)
わーん、やられたっ!

「ヴルーベリーパフェ」は本当に美味しいらしく、
知っている人は時期を狙って来店し、狙って注文するくらいなのです。
9月中ならずっとあるというわけではなく、だいたい2~3週間でなくなってしまうとか。
どうも今年は例年に比べて、なくなるのが早かったらしいんですよね。
マスターいわく、グループで来店したお客さんが全員ヴルーベリーパフェを注文するというのが
一日続くことが何度かあったとか。
この日も、ひとりでヴルーベリーパフェを4杯食べていったお客さんがいたそうなんですよ。

他のお客さんがみんな帰るくらいまで残っていたのに、なんという不覚!
来年は絶対にリベンジしましょう、ダリアさん(笑)

さてさて、ぴーぷる・ぴーぷは照明も暗く、あまり長居してお喋りするには向かないので
ゆっくり過ごすために「喫茶サンローゼ」へ移動しました。
飲食店ばっかり巡ってますが、一箇所に長時間いづらいお店ばかりだったので...。
その点サンローゼは、ゆっくりお喋りするにはうってつけの雰囲気なんですよ。
実は旦那と前日にも来てたんですけど、偶然にも同じテーブルに案内されました。

バナナジュース(560円)を注文。ダリアさんはアイスコーヒー。
ちゃんとバナナをジューサーで搾って作られているようで、自然の甘さが心地良かったです。
パフェを食べた直後にこんな甘いもの頼むのも、我ながらどうかと思ったんですが
サンローゼは最近すごくお気に入りで、機会があったらいろんなメニューを試してみたいのですよ。


ここでも、いろんなお話で盛り上がりまくりました。
さっきのパフェに入っていたラム酒が効いているのか、
ダリアさんの面白い話を聞いていたら、笑いがとまらなくなっちゃいました。
こんな時間を過ごすのは久しぶりで、いっぱいエネルギーを充電できましたよ。
お付き合い頂いて、ありがとうございました♪>ダリアさん
少し前から気になっていた、行啓通の「ZILL」というカフェに初めてお邪魔しました。
11:30~14:00はランチタイムで、日替わりのスープランチが楽しめるのです。

この日はとても暑く、外を歩いていると体力を消耗して疲れるような一日でした。
北海道のお店は、夏でも冷房をつけない(というか冷房を設置していない)お店がとても多く
ZILLにも冷房はついていなくて、ドアや窓を開け放した状態で営業していました。
暑さが心配だったけれど、入ってみると涼しい風が通り抜けていて、快適に過ごすことができました。

さて、日によってメニューは違うのですが
基本的にスープ2種類とサンドイッチ2種類、おにぎり6種類があり
スープ+サンドイッチとか、スープ+おにぎりとか、組み合わせを自由に選べます。
こういう時はお互いに違うものを頼んで、はんぶんこするに限ります(笑)
旦那と二人で、別々の組み合わせをお願いしました。

カニすり身と豆腐のお団子とたっぷり野菜のスープ(490円)
レタス・トマト・チーズのサンドイッチ(380円)の組み合わせが、こちら。
いかにもカフェごはんという感じで、なんとも美味しそう!


ちょっと塩味の強いスープには、柔らかく煮込まれた野菜がいっぱい。
そして、カニすり身と豆腐のお団子...優しい味で、食べ応えがありましたよ。


このお店のサンドイッチに使われているパンは、
小樽の「エグ・ヴィヴ」という有名なパン屋さんのものなんだそうです。
もちもちして香ばしい、美味しいパンでしたよ。
サンドイッチは、ちょうど半分くらいの位置までラップでくるまれていて
具だくさんでこぼれそうだけど、食べやすいよう配慮してあるのがわかります。


そしてこちらは、
越冬男爵イモの冷製ポタージュ(470円)
厚焼き卵のサンドイッチ(380円) の組み合わせ。


男爵イモの冷製スープは、要するにビシソワーズのことだと思うのですが
冷たくてなめらかな食感が、暑かったこの日にはとてもありがたかったです。
熱いスープとはまた違う魅力が、冷たいスープにはありますよね。


大きな厚焼き卵が印象的なサンドイッチ。ジューシーでふわふわです。
いつもサンドイッチに卵を入れるときは、スクランブルエッグにしていたのですが
厚焼き卵にしてからサンドするのもいいなあ、と思いました。


紅茶かコーヒーを選べます。
ホットとアイスのどちらか好きなほうを決められるので、暑いですしアイスにしました。
ガムシロップとミルクが、単品でゴロンと出されるのではなく
小さなトレイに入れて出されるのが、丁寧な印象があってちょっと嬉しいですね。


プレートに薄緑色の紙が敷いてあって、お洒落だなあと思っていたのですが
なんとなく気になってめくってみたところ、「お~いお茶」の茶殻を再利用して作ったものでした。
これ、洒落てるなあ...。
初めて見たんですけど、なかなかいいですね。
茶殻が入っているということは、抗菌効果もあったりするのでしょうか?


ドリンクとスープとサンドイッチでは足りないかなあ、なんて思ってたのですが(笑)
朝食を食べず、お腹ペコペコで行ったのに
食べ終えた時には、ものすごく満腹になっていたのが驚きでした。
見た目的にも満足感があると、ボリュームがあるように感じるのかもしれませんね。

そしてこのお店、キッチンから漂ってくる調理中の匂いが
どういうわけかわからないのですが、東京ディズニーランドのレストランそっくりの匂いなのですよ。
うーん、懐かしい匂いだ...と思っていたら、旦那も全く同じことを考えていたそうで。

喫煙OKで分煙もされていないというのが、タバコを吸わない私達にはちょっと厳しいのですが
お店の女性スタッフの対応がとても感じが良くて、店内も居心地が良かったので
機会があれば、ときどきランチしに来たいなあと思います。
「中島公園通」電停近くにある「洋食ダイニング 7丁目Cafe」へ行ってきました。
ここにお邪魔するのも、もう3回目くらいかな?
お店の方がみんな親切で、デミグラスソースが美味しくて
かなり気に入っているお店なのです。


「ドリア風オムライス ハンバーグ添え」を注文しました。
840円くらいだったかな?
卵のとろとろ半熟具合と、ハンバーグのコシの強さがポイント。
食べているうちに、ちょっと寒かった身体がどんどん暖まってきました。
うーん、美味しい♪


この日オムライスを注文した人だけのサービスで、ごまプリンを頂きました。
こういうサプライズは、なんだかとっても嬉しいなあ。
ちょっとザラザラした舌触りが特徴の、なかなかヘルシーなデザートでしたよ。
食べなれない味だけど、結構好きかも。


会計時に、ソフトドリンクのサービス券をくださいました。
なんだか至れり尽くせりで、ちょっと申し訳ないくらい。
次に来たとき、ありがたく使わせて頂こうと思います。
なぜか、手のひらサイズの小さな植木鉢に入っていました。


せっかく可愛い植木鉢を貰ったので、
「種でも買ってきて蒔こっか」ということを、旦那と話しながら帰宅したのですが
家に帰ると、カエルさんたちが入りこんできて...。
どうにもこうにも、ご満悦の様子です(笑)

私「その中に入ると、ナウシカに出てきた"飛行ガメ"みたいだねえ」
カエルさん「? カメじゃないよ、カエルだよ~」
私「いや、植木鉢だからカメじゃなくて"飛行バチ"になるのかな」
カエルさん「?? ハチじゃないよ、カエルだよ~」


【洋食Dining 7丁目Cafe】
札幌市中央区南11条西7丁目 南ステージ中島公園1階
旦那と二人でお世話になっている紅茶教室が運営している
大通公園近くの紅茶専門店「ル・アン」では、月に一度ケーキフェアが開催されます。
800円ちょっとで、手作りのお菓子が食べ放題。
美味しいクスミティーも、ポットでサービスしてもらえます。

ホテルのケーキバイキングとは違い、こぢんまりとした規模なので
ケーキの種類も席数も、それほど多いわけではありません。
だけど、お菓子ひとつひとつが丁寧に作られていて、とても満足感があるのです。
よくケーキバイキングに提供される大量生産の冷凍プチケーキとは、全然違うんですよね。

そしてなんといっても、プロのティーコーディネーターさんが淹れてくれる紅茶の味は、
本当に格別の味なのですよ~!


今回のケーキを、ひときれずつ戴きました。
ラムレーズンケーキ、ポピーシードケーキ、夕張メロンの果汁入りカスタードケーキなど。
お腹いっぱいになってしまいました(笑)


紅茶ですが、私はアールグレイ、旦那はアッサムをお願いしました。
ポットがひとつしか写ってないけど、もちろんひとり1ポットずつ提供されています。
好きなカップを選ばせてくれるのも嬉しいサービス♪
今回は、シンデレラをモチーフにしたデザインと思われるカップを選びました。


プレーンのスコーンと、いちごのスコーン。
いちごのスコーンは、中に果肉がたくさん練りこまれていて
とてもフルーティな味でした。
紅茶にはやっぱり、スコーンがよく合いますよね。


ごまだれ団子と、桜餅です。
これもケーキと同じく、手作りなんだそうですよ。
和菓子も紅茶によく合うんだなあと、新しい発見がありました。

ちなみにこれ、ティーカップの受け皿を一時的に使ってしまっています(笑)
お皿は交換自由ではないので、最初にケーキを載せたお皿は汚れてしまって
写真を撮るには、あまり適していないんですよ。
せっかくのお菓子を綺麗に撮りたかったので、ちょっと邪道な手を使ってしまいました。


前述したとおり、ケーキの種類も数もあまり多くはないんですけど
紅茶が出される前に、ケーキの取り皿が先に提供されるんですよね。
そしたらいきなり、テーブルに出ているケーキを山盛りにして持っていってしまった人がいて
他の人はおかわりどころか、選択の余地がほとんどない状態になってしまって...。

私は早めに行ったので、なんとかケーキ1種類につき1個はキープできたんですけど
旦那がいきなり興冷めしてしまい、残り少なくなったケーキには全く手を出さず
数がたくさんあるスコーンしか食べなかったのです。

うーん、これはちょっと、どうなのかなあ...。
できればもっと、優雅に楽しみたいものですよね。
早いもの勝ちでケーキの争奪戦になるような雰囲気は、このお店には似つかわしくないような。

とりあえず、今後また似たような状況に遭遇してしまったら
私もひたすらスコーンに走ろうと思いました(笑)

【Le Ann(ル・アン)】
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル2F
11:00~19:00/木曜休
3月に「ル・アン」という名前に変わり、月に一度ケーキフェアを開催しているそうです。 
好きな紅茶がポットサービスされ、ケーキを堪能できて820円! 

今月のケーキフェアは、4/30~5/2の3日間開催ということを知ったので 
初日である今日、GW休み中の旦那と一緒にお邪魔してきました。 

テーブルの上には、こんな感じでお菓子が並んでいます。 
私はケーキとスコーンでお腹いっぱいになってしまったんですが、 
べこ餅や柏餅のような和菓子もありました。 


棚にたくさん並んでいるカップから、好きなものを選ばせてもらえます。 
私は花柄が好きなので、こんなカップを選んでみました。 
ケーキを撮ってくるお皿も、カップとおそろいのものが出されるんですよ。 
楕円形のお皿で、ちょっと変わってるな~と思いました。 
奥に置いてある本は、紅茶が出てくるまでのあいだに読んでいたもの。 


クスミティーはどれも香りが良くて、いつも悩んでしまうのですが 
今回は二人とも、ラデュレの「マリーアントワネット」というお茶を選びました。 
とても香りが良くて美味しい紅茶でしたよ。 
茶葉も良いのでしょうけど、やっぱり淹れ方も大きいのでしょうね。 
前に本やネットで紅茶の淹れ方をそれなりに勉強したのに、 
自分で淹れると絶対、こんなに美味しくならないので...。 

手前の大きなケーキは、小さく刻んだラムレーズンが入っていて 
お酒がたっぷりしみこんでいるので、とってもいい風味でした。 
私はお酒のしみたケーキが大好きなので、これがいちばん気に入ったかな。 
奥のケーキは、上に塗られているクリームが甘酸っぱくて美味しくて♪ 
パウンドケーキ部分もしっとりしていて、食べやすかったです。 


左は枝豆のスコーン、右はサラミのスコーンです。 
紅茶のお供として人気のスコーンは、プレーンしか食べたことがなかったけど 
ベースが塩味で、しかも中に枝豆やサラミが入っている 
おかずパンっぽいスコーンというのも、意外と美味しくてビックリでした。 
マヨネーズを少しつけて食べると、さらに味が引き立ちました。 


ケーキの種類はそんなに多いわけではないけれど、 
1個1個がボリュームたっぷりで、しかも丁寧に作られている上に 
ティーコーディネーターさんがしっかり美味しく淹れてくれる紅茶なので、 
本当に「量より質」という感じで、めちゃめちゃ満足度が高いんです。 
解凍したプチケーキがたくさん並んでいる、ホテルのケーキバイキングよりも 
遥かに満ち足りた気分になれました。 

お茶してるあいだも帰り道も、旦那と一緒に何度も 
「美味しいね~!」とか「美味しかったね~!」とか話してましたよ。 
最初に食べた、お酒がしみたラムレーズンのケーキは 
お腹に余裕があれば、もう1個食べたかったくらいです(笑) 

ケーキフェアは毎月開催されるそうなので、 
次回もぜひお邪魔したいな~と思います。 

スタッフさんは忙しそうでしたが、心地良い応対をして頂いて感謝です。 
美味しいお茶とケーキ、ご馳走様でした♪ 

【Le Ann (ル・アン)】 
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル2F 
11:00~19:00/木曜休 

てぃらのさんと、大通の「モノプリカフェ」でお茶してきました。 
メインの目的は、お互いルピシアの福袋で手に入れた茶葉の交換会だったんですけどね。 
少量ずつ交換することで、いろんな茶葉を試しちゃおうということで♪ 

モノプリカフェは、東急ハンズ近くの雑居ビルに入ってるんですよ。 
雑居ビルといっても、なんだか学校っぽい雰囲気で...。 
小さな区画がたくさんあり、カフェや雑貨屋さんなどが入ってるんですが 
雰囲気的に「やたらと質の高い文化祭」という感じでした。 


そんなに広いわけではないのに、建物内はダンジョンのようにわかりづらく。 
少し中を迷って、ようやくたどり着いたのでした。 
お店の外の壁には、お知らせがいろいろと貼られていましたよ。 


あまりお店っぽくなく、お洒落なおうちにお呼ばれしたような空気でした。 
椅子にはそれぞれ、腰に当てる俵型のクッションが置かれていたのが面白いです。 
室内の窓は全部、落ち着いた配色のカーテンで覆われていました。 
なので外から光は入ってこないんですけど、それもちょっと新鮮でしたよ。 


右奥に調理スペースがあるようで、そちらでお茶の準備がされます。 
手前の食器棚には、外国製の高そうなカップやソーサーがいっぱい! 
お茶を注文したあとは、この棚から好きな食器を選ばせてくれるんですよ。 
ひとつずつ違う種類・違うデザインなので、つい目移りしてしまいます。 


このモノプリカフェ、フランスの「クスミティー」が飲める 
北海道で唯一のお店なんだそうです。 
私はクスミティーって何か知らず、チャイとかロシアンティーとか煎茶とかみたいに 
茶葉とか飲み方の種類だと思ってたんですが、違うんですね。 
クスミティーという会社があり、そこで販売しているお茶がクスミティーだそうで。 
http://kusmi-tea.jp/ 

今回は、てぃらのさんも私も「サンクトペテルブルク」というお茶にしました。 
柑橘・ベリー・キャラメルと3種類の香りがブレンドされているんだそうです。 
まずは茶葉がジャンピングできるガラスのポットで、お茶を抽出してくれます。 
ちょうどいい頃合になったら、陶器の白いポットに移し変えてくれました。 
ゆっくり飲んでも紅茶が苦くならないので、とても嬉しい配慮です。


お店で焼いたスコーンがついた「スコーンセット」(900円)にしてみました。 
運ばれてきたスコーンを見て、その大きさにビックリ! 
普通の紅茶屋さんで出るスコーンの、2~3倍はあるような気がしますよ。 


スコーンには通常、クリーム(このお店はクロテッドクリームじゃなくて生クリームです)と 
ジャムが添えられて提供されるんですが、今はちょっとスペシャルなサービスで 
ジャムのかわりに「コニャックバター」が選べるというので、それをお願いしてみました。 
黄色いマッシュポテトみたいなのが、コニャックバターです(笑) 
初めて食べましたが、ほど良いアルコール感がとっても美味しかったですよ。 
私、お酒を使った甘いお菓子って大好きなんですよね♪ 


3種類の香りがブレンドされているという紅茶も 
お互いが強く主張しすぎることなく、最初から最後まで楽しめました。 
香りの配合が絶妙なのでしょうね。 
それにしても、繊細なカップで飲む紅茶は美味しいなあ...。 
飲むときカップの取っ手に人差し指を入れ、そのたびに抜けなくなってたのですが 
てぃらのさんに聞いたところ、これは指先でつまんで飲むんだそうです(笑) 


店主の女性はとてもフランスに詳しく、知的好奇心が旺盛な方でした。 
いろんな薀蓄を、たくさん語ってくれるんですよね。 
そしててぃらのさんがまた、そういう話を引き出すのがとても上手なんですよ。 
私はお店に入っても、そこまでオープンな交流をしない奴なもんで 
何かと刺激になったし勉強にもなりました。 

てぃらのさん、今日は本当にありがとうございました! 

【モノプリカフェ】 
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル2F
11:00~19:00(LO)/不定休 
一週間ずっと「美味しいものが食べたいなあ...」と思っていたので、 
今日は旦那と、円山の六花亭喫茶に行ってきました。 

500円の「十勝強飯定食」を狙ってたんですけど、円山には無いメニューらしく。 
六花亭は結構、店舗によって意図的にメニューを変えているみたいなんですよね。
 
ハヤシライス(680円)を食べてきました。 
みかんジュース(400円/ハヤシライスかピザと一緒なら250円)も一緒に。 

ハヤシライスは、デミグラスソースの甘さがかなり好みでした♪ 
牛肉も厚切りで食べ応えがあり、美味しかったですよ。 
甘酸っぱいみかんジュースとの組み合わせ、なかなか良かったです。 

このハヤシライスは帯広の「レストラン ホーム」という
本格的な洋食屋さんで提供されている、人気のメニューなんだそうです。
六花亭とは関係ないんですけど、六花亭本店の建物にあるお店なんだとか。
いつか機会があったら、そちらでも洋食を味わってみたいな。

お皿に縁取られているのは、かぼちゃの柄です。
画家の坂本直行さんが描かれたものなんですよね。
ひとまわり小さいものを、六花亭で貯めたポイントで引き換えて 
我が家でも愛用していますが、素敵なデザインで気に入ってるんですよ。


【六花亭 円山店喫茶室】
札幌市中央区南2条西27丁目174 
東京から北海道へやってきた私とは逆に、北海道から東京へ嫁いでいった義妹が 
札幌へ遊びに来ていたので、義妹家族ともども食事に行ってきました。 
お店を指定して良いよ~ということで、 
創作料理のお店「公開秘密結社あじと2」を提案。 

今までに2回ほど行ったことあるんですけど、面白いお店なんですよ。 
古い民家(というか下宿屋さんだろうな)を改造して作ったお店で 
1階はダイニングのような部屋にテーブルが並んでます。
床は土間で、今の季節はちょっと寒いんですけどね(笑) 
2階は7~8部屋ほどある部屋が、それぞれテーマの違うアレンジで個室になっています。 
1階と2階は吹き抜けになっていて、開放感いっぱいなんです。 
本当は2階の個室に行きたいと思ってたんですけど、あまり広くはないため1階へ。 

建物を外から見ると、顔の形になっていてとてもユニーク。 


店内には、可愛らしい手作りのモビールが飾られていました。 
私は2階の個室しか利用したことがないので、1階をゆっくり見るのは初めてなのです。

 
いろんなメニューが選べるんですけど、
玄米を中心に、ヘルシーな小鉢がたくさんついてくる 
あじとプレート(1100円)を、みんなで注文しました。 
この日のメインは、右上に写っている煮込みハンバーグでした。
ドリンクもついてくるんですよ。 


お箸は 「キャンディ箸」 というもので、とても握りやすいんです。 
2階には個室の他に箸専門店もあって、そこで買うこともできちゃいます。 
かなり気に入ってるので、そのうち欲しいなあと前から思ってるんですよね。

話が盛り上がり、食事のあとはデザートも注文♪ 

私はキャラメルバナナのムース(400円) を食べました。
カラメルのほろ苦さとバナナの甘さが絶妙で、後をひく美味しさでしたよ。 


十五穀米とフルーツグラタン仕立て(460円) 
米粉のクリームで、十五穀米とフルーツがグラタン風に仕上げられています。


かぼちゃクッキー(250円) 
コロコロと可愛いかぼちゃの形をしていて、ヘタの部分はかぼちゃの種を使っているという芸の細かさ。


タルト・ルバーブ・ポンム(400円) 
丁寧に煮込まれた、道産ルバーブとリンゴがたっぷり。


このお店は1階に飾られているものも、2階の個室も、トイレまでもが面白くて 
義妹家族は食事が終わると、それぞれ思い思いに探検に出かけていました。 
みんな優しくて気さくな人ばかりで、いろんなお話をしながら楽しい時間を過ごせました。
スタッフの皆様も良い人ばかりで、居心地は抜群でしたよ。

機会があったら、またみんなで行きましょう♪
次は2階の個室ですねっ。


【公開秘密結社あじと2 チキューのためにできること】 
札幌市中央区南11条西7丁目3-18
11:00-23:00/水曜・木曜休 
旦那&かずひこさんと「HOKKAIDOミルク村」でソフトクリームを堪能したあと、
すぐ隣にある喫茶・軽食「サンローゼ すすきの店」に行きました。 
席数が多くて待たずに済むし、料理も美味しいですしねっ。
営業時間の関係で、夕食とデザートの順番が逆になっちゃいました。

ただ、ここは値段のわりにボリュームがすごくて...。 
私と旦那はハヤシオムライスだったかな、 
かずひこさんはホワイトソースオムライスを頼んだんですけど、 
量がこれだけある上、サービスでスープとサラダがついてくるんですよ。 
完食してきたけど、猛烈にお腹がいっぱいで苦しかったです(笑) 


ホントに苦しかったけど、楽しい時間でした。 
個人的には、コミケ話が聞けるのがとても嬉しい~。 
また札幌へいらっしゃったときは、ご連絡お待ちしてますねっ! >かずひこさん

■サンローゼ すすきの店 
札幌市中央区南4条西3丁目 北星ビルB1F 
朝10:00~深夜2:00 
http://www.sainterose.jp/susukino.htm 
琴似駅前のダイエー奥にあった、なかなか雰囲気の良いコーヒー屋さん 
「カフェ ラ・トゥール」に立ち寄ってきました。 

”コーヒーとチーズケーキの美味しい店”みたいなことが 
看板に書いてあったので、お腹空いてなかったけどチーズケーキを(笑) 
濃いコーヒーは苦手なもんで、アッサムを飲みました。 
確かにケーキも紅茶も、なかなかいい味でしたよ。 


でも外から見て、とても雰囲気が良さそうだったから入ったのですが 
入口から見えていたのは、実はすべて喫煙席で 
すでに座っているお客さんたちの副流煙でいっぱい。 
禁煙席を案内してもらったところ、窓際の大きなテーブル一つだけ。 
外の雑踏が窓から思いっきり見えて、全然落ち着けなかったのでした。 

この露骨な待遇の差は何なのだろう(笑) 
店内の薄暗さと、間接照明のコントラストに惹かれて入ったのに。 
素敵な雰囲気を楽しめるのは、煙草を吸う人&副流煙に耐えられる人だけか…。 
とてもいい感じのお店なだけに、ちょっと残念。 

分煙がきちんとされていて、 
雰囲気の良い喫茶店orカフェを開拓したいなあと思います。
つどーむの「おでかけライブ」でグッズと本を購入。 
そのまま丘珠空港まで歩いて飛行機の写真を撮ってから
ススキノの老舗喫茶店「サンローゼ」で休憩中です。 

抹茶アイスを頼んでみましたが、サンローゼのアイスは大きいっ! 
100円で遊べる占いマシンも、久しぶりに見ました。 
これ、全テーブルに置いてあるんですよ。 
昔はいろんな喫茶店にありましたが、今はほとんど絶滅してますよね。 

良い意味で、昭和がそのまま維持されているようなお店でした。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち札幌☆喫茶店カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは札幌☆パンです。

次のカテゴリは札幌☆外食全般です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261