ニホンカイハツヤマネコの最近のブログ記事

ネコさんと牡蠣

| トラックバック(0)
久しぶりにネコさんを連れて、大通公園へ行ってきました。 
いま開催されている「オータムフェスト」という、道内の美味しいものがいっぱい集まるイベントで 
今年も厚岸の牡蠣を食べるためです(笑) 

厚岸ブースは毎年すごい行列。みんな牡蠣が大好きなんだなあ。 
ネコさんも嬉しそうな顔をしていました。 




以前予約しておいた共同購入型クーポンを使い、
居酒屋で、ジンギスカンをいっぱい堪能してきました。
琴似にある「おちょうし門」という楽しい名前のお店です。

ちなみに、このお店のちょうど裏あたりが、高橋名人の生家だったりします。
(現在はテナントビルになっているんですけどね)

今回のクーポンは、かなりコストパフォーマンスが高い内容でした。
ジンギスカン・イカ・エビ・ホタテ・野菜・ライスが食べ放題、120分飲み放題、
野菜サラダつきで1500円なのですよ。
旦那が「たまには家じゃなくお店のジンギスカンが食べたい」というので、
久しぶりに外でジンギスカンを食べることになったのでした。

予約した時間にお店に行くと、すでに鉄鍋に火が入っていて
テーブルには、ラム肉と野菜と魚介がてんこもりになった大皿が置かれていました。
うわわ、お肉がとっても厚切りだ!
お皿がずっしり重くて、テーブルの上で動かすにもちょっと苦労するほど。


鍋に脂をひき、さっそく焼きまくりました。
自宅ではホットプレートでラム肉を焼くので、こういう鍋はとっても久しぶりです。
肉厚でなかなか火が通らないものの、一切れ一切れがボリュームたっぷりで満足感もいっぱい。
うーん、家で食べるジンギスカンと全然違うな(笑)
魚介を一緒に焼くのは初めてだったけど、なかなかいいものですね。
プリプリの食感が楽しいです。


水菜、レタス、きゅうり、トマトがたっぷり入った野菜サラダ。食べごたえありました。
4~5人前くらいのサイズなんじゃないかと思います。
生野菜が大好きなので、嬉しいメニューでした。いい箸休めになりますしね。

最初に出されたお肉の皿とサラダの皿を食べきるのに、1時間近くかかりました。
おかわりするどころか、完食するのがやっとでしたよ。
ツイッターで書いたところ、フォロワーさんが「食べ放題というよりはメガ盛りですね」と。
うまい! 確かにその表現がピッタリかも!


店内は下町の居酒屋っぽい雰囲気で、なんだかちょっと懐かしい気分になりました。
若い店員さんが適度に絡んできてくれるのが、フレンドリーで好印象でしたよ。
ネコさんも生ビール片手に上機嫌でした♪

いっぱい食べて楽しい時間を過ごし、お店を出たあと
髪から身体から服から、全身がジンギスカンの匂いになっていることに気づきました(笑)
帰宅してからは着ていた服を全部洗濯機に入れ、念入りにお風呂タイム。
外でジンギスカンを食べると、これはどうしようもないんですけどね。

しかし、クーポンを使わなくても非常にコストパフォーマンスの高いお店でした。
飲み放題・食べ放題コースがとってもボリュームたっぷりで、3500円ほどなんですよね。
会社で飲み会やる時なんかには最高のお店かもしれないなあ、と思います。

ご馳走様でした!


年末年始の買い出しのついでに、札幌時計台を撮影してきました。 
時計台は被写体としてカッコいいので、そばを通るたびに撮影してしまいます。 
札幌時計台とビックバイパーはイケメンだと思うのですよ。 
旦那には「意味がわからん」と言われるけど(笑) 


北海道では大晦日の夜に、おせち料理やオードブルを食べてしまうのです。 
そんなわけで我が家も、札幌駅のエスタでオードブルを買ってきました。 
2980円のものが2000円で売られていたので、即ゲット! 
とはいえ二人なので当然食べきれず、残りは明日の夜に回すことに。 
お寿司とカツゲンは全然合いませんでした(笑)



北海道生活を始めてから、4年を迎えることができました。 
年に一度は必ず行っていた東京に、今年はスケジュールの都合で行けなかったけど
北海道内を車でいろいろ探索することができて、楽しかったです。 
お店の開拓がいっぱいできたのも収穫でしたよ。 
自分の縄張りを少しずつ増やして、こちらでの生活が年々充実してきているのがわかります。 

冬になっても寒さや凍結路面を怖れることがなくなって、だいぶ余裕が出てきましたよ。 
意外と私の身体は、寒冷地仕様なのかもしれないなあと思ったりします。 

人間関係や生き方や考え方を再考した一年でもありました。 
うわべだけの人間関係の脆さを痛感したり、 
逆に、身近なところに自分を理解して支えてくれる人がいたことに気づいたり...。 
やみくもに人間関係を構築するよりも、 
本当に大切な人とのお付き合いをさらに深めていきたいな、と考えるようになりました。 

旦那と二人で紅茶教室に通い始めたこと、 
セキセイインコのポポを新しく迎えたこと、 
札幌の紅葉写真が札幌市交通局の冊子に掲載されたこと、 
ゲームサークル「ADVENTURE-WORLD」を再開させたことは、特記事項かな♪ 
(参加してくれてるメンバーの皆様、ありがとです!) 

なんだか、あっという間に終わってしまった一年だったように思います。 
ある意味ではとても平和な、ありがたい年でした。

いつもこのブログを読んでくださっている皆様、一年間ありがとうございました。
来年も楽しみつつ更新していきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。 
良いお年をお迎えくださいね! 
グルーポン系クーポン共同購入サイト「さっポン」で以前購入したチケットを使って、
ススキノの「ちきん・だっくす」さんというお店へ、旦那と行ってきました。
手羽先と焼き鳥が美味しいお店なんだそうで、わくわく。
結婚して13年ほどになりますが、旦那と二人で居酒屋さんへ行くのは初めて。

完全な個室ではないんですけど、のれんが掛かっていると結構いい感じですね。
壁にたくさん貼ってあるのは、今までに来たお客さんが書いた「名言」カードなのです。
テーブルに紙とペンが置いてあって、書いてスタッフさんに渡すと貼ってもらえるようでした。
いま考えると、せっかくだから何か書かせてもらってくればよかったかな。

早めの時間に予約したので、店内は貸し切り状態でした。


運ばれてきてから少し経ったので、泡が消えちゃってますが
生ビールを見て期待に胸をふくらませるネコさん。


今回のメインは鍋なんですけど、準備にちょっと時間がかかるということで
サービスで枝豆を出してくれました。この配慮は嬉しいですね♪


お酒を飲みながら待っていると、準備がととのったみたいで
コラーゲンたっぷり「水炊き鶏鍋」が運ばれてきました。
目の前に置かれたカセットコンロでぐつぐつ煮えて、見ているだけでもあったかくなってきます。


いい感じにダシが出ていて、鶏肉や野菜といった具はもちろん
スープがものすごく美味しかったのです。うどんを入れて楽しみたくなるほど。
あまりに後を引く味わいで、夜に喉が渇いちゃうかな~と思いながらも
ついつい、スープを全部飲んでしまいました(笑)
ポン酢も用意されていましたが、この鍋はスープそのものが本当に美味しかったです。
小鉢の奥に見える赤いものは、私が頼んだファジーネーブル。


自慢の手羽先。塩味が最初からついています。
ポン酢が添えられていましたが、これもやっぱりそのまま食べるのが美味しかったな。
実は、こういう手羽先を食べるのも初めてだったりするんですよね。
手が汚れてベタベタになっちゃうんですけど、ジューシーな鶏肉の美味しさにはかなわないっ!
いままで手羽先を軽視してました。こんなに美味しいものとは思わなかったです(笑)

そうそう、最初に冷たいおしぼりを持ってきてくれるのですが
手羽先を食べ終えた頃を見計らって、替えのおしぼりを持ってきてくれました。
おしぼりが汚れてどうしようと思っていたところだったので、助かりました。
ちなみにここのおしぼりには、ハッカの爽やかな香りがつけてあったんですよ。


私はお酒と一緒にポテトフライを食べるのが好きなので、頼んでみました。
鶏肉料理がメインのお店なんですけど、手羽先と鍋ですっかり満足してしまったので。
ポテトには青のりと、四角いバターが乗っていましたよ。
たっぷり添えられたケチャップも嬉しいところ。


ザンギ好きの旦那は、塩ザンギを注文しました。
ひとくち食べさせてもらいましたが、ネコさんの喜びっぷりが全てを表しています(笑)


「おいしかった~。ここで寝てるから、食べ終わったらカバンに入れて連れて帰って~」


食べ終えてお会計を済ませると、お店のスタッフさんたち3人が
わざわざ外まで見送りに出てきてくれました。
お見送りしてくれるお店は時々ありますが、なんだか形式張って落ち着かないことが多いのです。
だけどこのお店は、なんだか親戚やお友達のお家へ遊びに行った時みたいに
アットホームなお見送りをしてくれて、帰るのがちょっぴり寂しくなっちゃいました(笑)
とにかく接客が抜群で、居心地の良いあったかいお店でしたよ。いいお店でした。

機会があったら、ぜひまた行ってみたいお店です。
美味しい鶏肉料理、ご馳走様でした♪
現在ロイヤルホストで期間限定開催中の「お好きなだけパンケーキ」を体験してきました。
10/1~10/29の平日15:00~18:00に限り、パンケーキが好きなだけ食べられてしまうのです。

ドリンクつきで、税込み700円。
まず3枚のパンケーキが出されて、そのあとはおかわり自由というシステムです。
ドリンクは何でも好きなものを選べるのですが、ホットコーヒーだけはおかわり自由。
他にも100円で、いちごホイップやチョコバナナホイップなどのトッピングを追加注文できます。

今年の春にも開催されていて、その時は税込み500円でドリンク無しでした。
トッピングのオプションも無かったみたいですね。
最初に出てくるパンケーキは、5枚だったそうですよ。

というわけで、旦那とちょうどお互いに平日休みだったので
ネコさんも連れて、近所のロイヤルホストへ行ってきました。
旦那はアイスコーヒーを、私はパラダイストロピカルティーをチョイス。


本当は、3枚のパンケーキをお皿に広げてからシロップをかけるのがベストだそうです。
たしかにその方法なら、3枚とも均等にシロップをかけられますもんね。
ロイヤルホストのパンケーキを食べるのは、実は20年ぶりくらいだったりします。
少し塩味がついているんですね。


一度おかわりして合計6枚食べると、もう既にお腹がいっぱいになってきました(笑)
でも、せっかくだからもうちょっと食べていきたいなあ...と思い、
100円のチョコバナナホイップを別に注文して、味を変えて食べてみましたよ。


トッピングを頼んでも、パンケーキの上には丸いマーガリンが乗ってきてしまうので
端に寄せてから、チョコバナナホイップのトッピングを乗せてみました。
うんうん、味が変わってなかなかいい感じ。
でもこれだったら、パンケーキのトッピングとして用意されているチョコバナナホイップよりも
同じく100円で提供されている「ミニチョコサンデー」を頼んで乗せた方がいいかも。

お皿はもちろん、フォーク&ナイフもおかわりのたびに交換してくれました。
どうしてもシロップやマーガリンでベタベタになってしまうので、これは嬉しい配慮でした♪


ところでロイヤルホストは最近、吉祥寺の紅茶専門店「カレルチャペック紅茶店」
バジーちゃんという、可愛いみつばちのキャラを使ってるんですよね。
主にキッズメニューで使われてるんですが、ロイヤルホストのブログを読んでみると
バジーちゃんのパンケーキミックス・シロップ・テンプレートのセットが販売されているらしく。

これはぜひ欲しいな~と思って、会計のときレジ周辺の商品を見てみたのですが
私が行ったお店では、バジーちゃん関連のものは販売されていなかったのでした。
うーん、ちょっと残念。

ともあれ美味しいパンケーキをいっぱい、ごちそうさまでした!
バジーちゃんには、また別の機会に会えるといいな。

中秋の名月

| コメント(2) | トラックバック(0)
我が家は昨夜のうちに、一日早い「お月見」を楽しみました。
ネコさんと一緒に、デスクトップで(笑)

ちなみにネコさんが持っているのは 一久 大福堂 札幌三越店でのみ販売している
「よくばり串大福」という商品です。
小さめの大福が4種類、串に刺してあります。ずっしり重いのですよ~!

今夜は綺麗な月を見て、みんなで幸せな気持ちになれるといいですね♪


大通公園で開催中の、さっぽろオータムフェストに行ってきました。 
道内の美味しいものが一同に集まる、毎年恒例の大きなイベントなのです。 
わりと最近始まったイベントで、今年で3回目の開催だったかな。


厚岸の焼き牡蠣を食べたがるネコさんを連れていきました(笑) 
オータムフェストの開催期間は長いんですけど、ブースは基本的に入れ替え制。
メインの目的である厚岸が出展するのは、今日が最後だったんですよ。 
最終日ということで売り切れてしまう可能性を考え、紅茶教室の前に行くことに。 

最近はかなり涼しくなってきたのに、夏の暑さがぶり返したような空気。 
カンカン照りの快晴の中しばらく並んで、ネコさんは念願の牡蠣を堪能してきました。 
ああ、海の香りがいっぱいで美味しかったなあ...。 


このネコさんは、なぜか牡蠣が大好きで
牡蠣を食べるために、厚岸まで私たち夫婦を強引に動かしたという経緯があります(笑)
詳細については、こちらの動画をご覧ください♪ → 『ニホンカイハツヤマネコ 道東の旅』


牡蠣の大きさには結構バラつきがあり、お皿によって当たりハズレがあったのですが
たぶんそれも、運試しのひとつなのでしょう(笑)
アツアツの焼き牡蠣が2個セットで、400円で販売されていました。


牡蠣のお皿が乗せられたトレイには「厚岸町まで返却お願い致します」と書かれたテプラが。 
厚岸町ブースではなく、厚岸町まで返しに行かなきゃならないのでしょうか(笑) 

ちなみに札幌→厚岸間は約400km、車で8時間くらいかかります。北海道は大きい!
なので道内在住といえ、軽い気持ちで行けるような場所ではないのです。
行こうとすると、それなりに覚悟と時間とガソリン代が必要なのですよ。
美味しい牡蠣をちょくちょく楽しみに行けたら、どんなにいいだろうと思います。



牡蠣を頼んで食べるだけで、紅茶教室の開始時間ギリギリだったので 
レッスンが終わった後でもういちど来たのですが、なぜか土砂降りの雨! 
今日、雨の予報なんて出てなかったのに~!

みんな大きな木の下で雨宿りしてたけど、それでもしのげないくらい雨足が強くなり 
やむなくホテルのロビーに避難させてもらいました。 
そんなこんなで2時間ほど大通公園で途方に暮れたあと、
雨がやむ様子が全然なく、それどころかどんどん強くなるばかりだったので
その後に予定していた用事を延期して、自転車で必死に帰りました。

でも帰った途端、頭上には実に爽やかな青空が広がったのでした...。

とりあえず、紅茶教室の前に牡蠣を食べにいったのは正解だったかな。 
今日で出展終了だったから、本当に最後のチャンスでした。 

帰宅するとネコさんはクッションの上で、めちゃめちゃ満足そうな顔で寝ていました。 
今日のネコさんは一人で、いちばんおいしいとこ取りしたねえ...。 
晴れているうちに牡蠣をしっかり堪能して、カバンの中に入って雨から守られて。 
あいかわらずの強運さに、旦那と二人して溜息をついたのでした(笑)


ワンダーエッグ時代からお世話になっている、KEIさんが代表者として運営している 
「アーケードゲーム博物館計画」の倉庫にお邪魔してきました。 
埼玉県の菖蒲町にあるんですよ。



この日は一般開放日ではなく、メンテやお掃除をするためにみんな集まってました。 
全部で15人くらい集まっていたのかな? 
ワンダーエッグで遊んでいた頃に知り合った人ばかりなんですよね。 
みんな変わらず元気そうで、久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです。 
ちょっと緊張してたのですが(ブランク空いた後の再会は、なんか照れくさいのですな) 
うまく言えないけど、感極まって実はちょっと泣きそうでした。 








この倉庫には、ギャラクシアン3シアター6もあるんですけど 
「プロジェクト・ドラグーン」でもなく「アタック・オブ・ゾルギア」でもなく 
プレステ版の「ライジング・オブ・ガーブ」が稼動していたのでした。 
ピラリスたちもいた~♪




みんな(相変わらず凄腕ばっかり)に混ざって遊ばせてもらってきましたよ。 
あのブラスターを握るのも久しぶりで、連射するのも久しぶり。 
プレステ版は家にあるんですが、私は一度も遊んだことがなかったんですよね。 
まさか、初めてのガーブをシアター6でプレイすることになるとは(笑) 
貴重な体験でした♪ 





ピラリスの「修理中」サインがいい感じですねっ。 
私も昔、ワンダーエッグで看板を撮影して、拡大コピーして部屋に貼ったりしてました。 
デジカメとか使ってなかった頃だから、これだけ綺麗に大きくスキャンできてるのは 
かなり羨ましいなあ、とか思ってみたりしましたよ。 

 

プロップサイクルもあるんですよね~。 
昔これはやりこんで、最後までクリアできるようになってたんですよ。 
久々に遊ばせてもらったら感覚が全然違ってて、ボロボロでした(笑) 
でもでも、楽しかったなあ。 

 

セガのタイム・トラベラーで、ネコさんがホログラムとなって出現しました(笑) 
いやあ、これはホント面白かったです。よくこんなこと思いつくなあ。 
連れて行ったネコさんをネタにしてくれて、嬉しかったですよ。 




そして、スペースハリアーにも入れてもらったネコさんだったのでした。 


アーケードゲーム博物館計画の存在は、設立時から知ってましたが、 
私はこの日初めて、この倉庫にお邪魔しました。 
実際に来てみて改めて、素晴らしいプロジェクトだなあ…と強く感じましたよ。 
このまま誰も何もしないと、いずれ遊べなくなってしまうアーケードゲームの名作たち。 
みんなで力を合わせて手に入れて保守して、解放日には誰もが遊べるようにして。 
夢が形になるって、こういうことなんだなあと思いました。 
遠くから応援することしかできないけど、これからさらに発展することを祈っています。 

行きの渋滞でものすごく時間がかかってしまったので、 
このあとまた海浜幕張へ戻って、レンタカーを返却しなきゃいけない関係もあり 
倉庫には残念ながら、1時間ちょっとしか滞在できませんでした。 
でもKEIさんや皆様のおかげで、とても濃密な時間を過ごすことができましたよ。 
帰りには駐車場までみんなが見送りに来てくれて、嬉しかったです。 
ホントありがとうございました。 
次の機会にはまた、ゆっくりと遊びに行きたいなと思います。 

「遊んでくれてありがとー!」 


この倉庫はときどき、一般向けに解放されています。
興味のある方は、こちらのブログで詳細や注意事項を読んで遊びに行ってみてくださいね。

ホテルニューオータニ幕張

| トラックバック(0)
東京へ帰省したとき、母親の還暦祝いを兼ねて
「ホテルニューオータニ幕張」に泊まってきました。 
普段は安いビジネスホテルを利用していますが、 
還暦祝いなんて、一生に一度のお祝いですからね♪ 

11月下旬だったので、ロビーにはクリスマスツリーが飾られていました。 
スーツを着て立っている男性は、てっきりホテルのスタッフの方かと思って
写真のシャッターをお願いしてしまったのですが、
どうも仕事で来ていて、待ち合わせのためツリーの前で姿勢良く立っていたようです(笑)


エレベータは2機あって、どちらもきらびやかで素敵でした。 

チェックインして、ベルボーイさんが荷物をお部屋まで運んでくれるとき 
「おおっ、これは今までに乗ったエレベータの中でいちばん豪華だ」と 
つい口に出して言ってしまいました(笑) 

ベルさんに笑われるかと思ったけど、笑みを浮かべて 
「ありがとうございます」と言ってくれたのでした。いい人だ~。 
ホテルの人たち、全体的にとても感じ良かったです。 


もう1機のエレベータ。
そのときの気分で好きなエレベータを選ぶ、という贅沢もできます(笑)


廊下もあたたかい雰囲気で、静かで広いのですよ。


部屋に入って、まずは机の上を激写!
ここでゆっくり手紙を書いたり、書類を書いたりできます。


メモやボールペンなんかも、ロゴ入りでいちいち洒落ているのです。 
カッコいいので、ちょっと欲しくなっちゃいました。


アメニティグッズは、さすがに良い製品ばかりを使っていましたよ。
安いビジネスホテルに泊まると、アメニティグッズもそれなりのものしか出て来ないのですが
さすがニューオータニだけあって、質の良いものがいっぱいでした。
こういうところから来る満足感というのは、特に女性の場合は大きいのかも...と思います。 


特に気に入ってしまったのが、シャンプーとコンディショナー。 
やたらと泡立ちが良く、香りも仕上がりもすごく気に入ってしまいました。
たっぷり入っていたので7割くらい余り、家に持ち帰ってちびちび使ってましたよ。

調べたところ「ルベル」というメーカーのもので、なかなか良いお値段のものでした。
かなり悩んだけど、3ヶ月くらい後にボトルで買ってしまいました!
とっても使い心地が良いので、すっかり病み付きになってしまって。
でも毎日は使わず、普段はもっとお手頃価格のシャンプーやリンスを使い
週に一度くらいの贅沢で、ルベル製品を使っています(笑)


部屋で撮ったアイテムたち。
ホテルで写真を撮るのは好きだけど、さすがにスリッパを撮ったのは初めてです。


自由に淹れて飲める、煎茶と梅茶のパック。
これもやっぱり安いビジネスホテルだと、どこのメーカーだかわからないような
あんまり美味しくないものが置かれているので、
結局コンビニで、スティックコーヒーや緑茶のティーバッグを買ってきたりしてしまうんですよ。
ここのお茶は美味しかったです...って、お茶ひとつでテンション上がりすぎですね(笑)


テレビのリモコンを撮ったのも初めてです(笑)
ちゃんと上の方に、ニューオータニのロゴが入っているのが珍しくて。
特注で作ってもらってるんでしょうね。


キッチン(?)のエリアも、やたらと高級感が漂っていました。
いろんなところを探険してしまうネコさん。


お酒や紙ナプキン、マドラーやグラスなども。


洗面台エリアも綺麗です。
シンプルで丸い鏡が、なんだか洒落ていて良いですね。


ソファでくつろぐネコさん。
ホテルの部屋というのは自宅と違って、シンプルで無駄のないインテリアになっていて
余計なものが目に入らないぶん、落ち着くんですよね。


綺麗に整えられたベッドで、ネコさんが早速ごろんと寝転んでしまいました。
すごく気持ち良さそうにしてるなあ(笑)


スタンドのあたたかい光に照らされて、ちょっとゴキゲン。


窓から見える夜景です。 
幕張メッセの目の前に泊まってるなんて、なんだかとても不思議な感じでした。 
ずっと都内に住んでいたので、イベントで来たことが何度かあるのですが
電車で日帰りしてましたからね。 


自販機にはいろんな商品が入ってました。UNOなんかもありましたよ。 
これはほんの一部です。うーむ高いぞ(笑) 


このホテルでカップ麺を食べようとは思わないけど、写真は撮りたくなります(笑)
もう、おのぼりさんモード全開になってました。
どこへ移動しても、いちいち珍しくて撮影しちゃいます。


そして夜が明け、朝日を浴びて輝く幕張メッセ。 これもまた新鮮な光景でした。
見慣れた建物であっても、住む場所が東京から北海道に変わるだけで、違って見えるのですね。


ちょっと離れたところに、海も見えました。

チェックアウトするのがもったいないくらい、快適な時間を過ごすことができました。
また機会があったら、ちょっと特別な時に宿泊してみたいです。


ロワジールホテル旭川

| トラックバック(0)
旭川中央郵便局の隣にある「ロワジールホテル旭川」に宿泊しました。

もともと旭山動物園へ行くためだったので、泊まれればいいやという感じで
禁煙のスタンダードツインルームを予約し、素泊まり一人2900円。 
でもチェックインの時にフロントで勧められて、
一人1000円増しで、スーペリアツインルームにしてみました。

部屋は広いし、ホテルの最上階で眺めは良いし、ベッドはセミダブルサイズだしで 
とっても快適な時間を過ごせました。
北海道は全体的に、ホテルの宿泊料金が安い印象があるんですけど
これで一人3900円というのは、かなりコストパフォーマンスが良いと思います。


洗面所まわりの様子。
アメニティグッズやシャンプー類も、結構いいものが使われていましたよ。

ホテルに泊まったとき、こうやってきっちり片付けられた部屋や洗面台を見るのが好きです。
部屋に入ってまずやることは、荷物を片隅に置いてから、いろんなところを撮影すること。
いつも旦那には迷惑かけてます(笑)


ネコさんは、ホテルの部屋で誰より先にくつろぐのが大好きな様子。


ひつじのラムちゃんはドライブで疲れたのか、早々とベッドで休んでいました(笑)


旭川の夜景は、札幌より綺麗な気もします。 
深夜2時くらいまで、ずーっとこの夜景を眺めていました。 
札幌って、駅の近くは夜景が映えるんですが、少し離れるとそうでもないので。 


エレベータホールには、間接照明と共にポプリが置かれていました。 
エントランスのロビーにあるおみやげ屋さんで、このポプリが小袋で販売されていて 
これはいい記念になるかもしれないな~、と思いました。 


鏡の前に、こんな感じでポプリが置かれています。
とってもいい香りでした。
確か、エレベータホールのポプリはフロアごとに違うものが置かれていて
どれもロビーのおみやげ屋さんで、300円くらいで販売されてました。


夜が明けてすっかり元気になった、ネコさんとラムちゃんです♪ 


旭川で食べ歩きしてみたかったので、素泊まりプランにして朝食はつけませんでした。
ロビーのレストラン前には、パン生地で作ったらしい魚(プクプク似)が。 


旭山動物園の近くでもあるので、こんな記念写真スポットもありましたよ。 
北海道へ旅行に来て、動物園に行く前にここで写真を撮ったら
とても楽しい思い出になりますよね♪


これだけ気持ちが落ち着く時間は、ものすごく久しぶり。
贅沢だけど、たまにはこういうひとときも必要なのかも...と思いました。

いつもホテルに泊まると狭くて難儀するのに、今回は全くそんなこともなくて。 
北海道でいろんなホテルに泊まりましたが、現時点でここはトップクラスかも。 
また旭川に来たときは、ここを利用したいなあと思いました。 

北竜・ひまわりの里

| トラックバック(0)
レンタカーで、北竜町へ行ってきました。 ひまわりがたくさんある町なんですよね。 
北竜の道の駅には温泉があり、いつもは朝10時からのところ 
今日までは7時半から入れるとのことだったので、ついでに朝風呂を堪能。 
ひまわりのお湯と、露天風呂を楽しんできました。 

北竜への道のり。延々と続く長いまっすぐな道路です。 
どうも北空知地方は、どの町でもたいして景色が変わらない気がします(笑) 
そして、凄まじい数のトンボが飛び回っていました。 
車のフロントガラスに、10秒に1度は接近してくるんですよ。 
バードストライクならぬトンボストライクが、何度も発生していました。 


道の駅で温泉に入ったあと、少し先にある「ひまわりの里」へ。 
隣接しているのかなと思っていたのですが、車で少し行ったところでした。 
北竜には何度か来たことがあるけど、夏に来たのは初めてなのです。 
おおっ、これはすごい景色だ! 


記念撮影スポットも、しっかり用意されていましたよ。 



そして、山頭火のパクリが! 勝手に名前を使ってるし(笑) 


圧倒されるほど大量のひまわりが見られます。 
一面に広がる花畑というのは、ものすごい迫力がありますね。 



ダチョウやマガモと触れ合ったり、餌をやったりできる場所もありました。 
餌は1回ぶん100円で、近くの売店で買うことができます。 


旦那がダチョウの餌やりを体験してきました。 
手でやるとしたら怖いなあと思っていたら、 プラスチック製の柄杓にペレットが入っているんです。 
確かにこれなら、つつかれることもなく安全に餌をやれますね。 
餌を食べるときのダチョウの迫力にビックリでした。 

おみやげや飲食物を買える場所があったので、 
「ひまわりソフトクリーム」なるものを食べてみました。 
写真だとよくわからないのですが、 細かく砕いたひまわりの種が混ぜ込まれています。 
香ばしくて、なかなか美味しかったですよ。 


以前ここでは「ひまわりナッツ」というものが売られていましてね。 
殻をむいて軽く揚げ、塩をふって缶に入った製品なのですが 
まだ東京に住んでいた頃、旦那の実家からときどき送られてきて 
とっても美味しかったので、買いたいなあと思ってたんですよ。 

でも、北竜に着いてからどこを探しても見当たらないので 
おみやげ屋さんに聞いてみたところ、だいぶ前に生産を止めたとか。 
人気は高かったけど、すべて農協で手作りしていたので採算があわず 
やむなく作るのを止めてしまったんだそうです。 
そして、外国製のひまわりナッツがお店に並んでいました。 
事情を聞くと切なくなりますが、ちょっと残念…。 
北竜の人たちも売っている人たちも、これでは納得いかないでしょうね。 

今回もぬいぐるみを連れていったので、何枚か記念撮影。  



近くには、北一已駅(きたいちやんえき)という無人駅がありましたよ。 
実際に使われているのかな? 
このあたりは本当に列車の本数が少ないので、踏切も滅多に鳴らないんですよね。 


午後は義父の還暦祝いのため、妹背牛へ移動しました。 
家族みんな揃って、写真館で記念撮影したあと食事会。 
息子2人に娘2人、嫁が2人、孫が3人。賑やかな時間でしたよ。 

札幌へ帰る直前に見た空は、綺麗な夕焼けでした。 


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちニホンカイハツヤマネコカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはディズニーリゾートです。

次のカテゴリはホテル宿泊記録です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261