日常の暮らしの最近のブログ記事

ミスドのクリスマスセット

| トラックバック(0)
ミスドで販売されている「クリスマスセット」が、かなり我が家でツボでした。 

クリスマスケーキが入っているかのような可愛い箱に入ってきます。
スヌーピー好きにはたまらないんじゃないかなと思いますよ。 


クリスマスのリースを模したポンデリングとチュロス、雪だるまシュー。
雪だるまシューは見た目はちょっとコワいけど、ホイップクリームが美味しかったですよ。
クリスマス気分満開になるセットなのですが、旦那の希望でこんなに早く受け取ることに(笑)


グッズはマグカップにしましたが、プレートも選べます。
うまいのはグッズがクリスマス柄ではないので、年間を通して使えることですね♪ 
ドーナツを大切そうに抱えているスヌーピーとウッドストック、見てると癒されますねえ。


ミスドは、年末年始のクリスマス商品や福袋商品がいい感じです。 
去年はリラックマとコラボして、今年はスヌーピーとコラボ。 
私はどちらも好きなので、去年から年末年始のミスドが楽しすぎて(笑) 
スケジュールンも手に入れたし、しばらくはスヌーピーに囲まれて過ごすことになりそうです。

MOSDOのドーナツ

| トラックバック(0)
期間限定で販売されている「MOSDOのドーナツ」。
スヌーピーのスケジュールンが欲しくて、久しぶりに行ったミスドで購入してきました。
(好きなドーナツ7個とスケジュールンで1000円というセットがあるので)

これは、東日本エリアのミスタードーナツで買うことができる
「キャラメルホワイト」と「キャラメルナッツグレイズド」です。
見た感じも楽しげだし、味もなかなかでした
番メニューになってくれたら嬉しいなあ。

西日本エリアでは、これとは違うドーナツが楽しめるそうですよ。

南平岸のマックスバリュに行ったら、こんな面白いお弁当を見つけてしまいました。 


なんで「助六」に、おはぎを入れちゃうんだろう? 
というかネーミングがそもそも、助六に本来おはぎは入らないという前提なのではないかと。 

入っているのは太巻き2個、半分にカットされた稲荷寿司が4個、 
俵型に握られたお赤飯が2個(not甘納豆バージョン)、付け合せの紅しょうが、 
そして中央に乗っているのは、おはぎがまるまる1個。 
これはかなりのインパクトです。それぞれの味は美味しいんですけどね。


助六に砂糖がけフレンチドックが入っていようと、 
砂糖入り茶碗蒸しが入っていようと、もう驚かないぞっ! 
法事で出される仕出し弁当には、なぜか羊羹がちんまり入ってるし…。 

普通にスーパーを歩いているだけでも、北海道はいろいろと面白いですね。
円山のダイエーで「北海道キッチンスポンジ」なるものを見つけまして
ネタ的に面白かったので買ってきました。
スポンジがちゃんと北海道の形で、カラーは夕張メロンなんだそうです(笑)

ちなみにキクロン製なので、品質もバッチリ!
でも、まだ使ってないけど、この形でうまく食器が洗えるかな?

同人チックなミスドの看板

| トラックバック(0)
大通公園のミスタードーナツ前に、こんな看板が立っていました。 
スタッフさん(ミスドのアルバイトは「働きさん」という愛称らしい)の中に 
同人属性の人がいるんだろうなあ(笑)

札幌の手稲山では今朝、初冠雪が確認されたそうですが
大通公園では、いまだに紫陽花が綺麗に咲いていました。
関東と北海道とでは、同じ花でも咲く時期が違うんですよね。
紫陽花やヒマワリなどの夏に咲く花が、雪が降る直前くらいまで咲いていたりします。


その中でも目を引いたのが、この紫陽花です。
なんとなく、ハート型に見えませんか?


話は唐突に変わりますが、
北海道のお店は、試食のサイズが大きい気がします(笑)
お菓子でもお惣菜でもパンでも、とにかく試食一切れがボリュームたっぷり!


ドニチカキップが感熱紙に

| トラックバック(0)
土日祝だけ、500円で札幌地下鉄が一日乗り放題になる「ドニチカキップ」
プラスチックの磁気カードから感熱紙に変わり、イマイチなデザインになってしまいました。
アスキーアートとかで再現できないものなのかな(笑)
今までは券売機で買えなかったので、その点では便利になったんですけどね。
(窓口に駅員さんが不在の場合、買えなかったのですよ)


こちらの写真は、地下鉄車内の広告です。
室蘭やきとりをくわえて走るサラリーマンのポスターは、この時期おなじみ。


あと、映画「探偵はBARにいる」の市電貸し切り特典の案内です。
市電貸切は意外とお手頃な料金で可能なので、何か機会があったら利用してみたいですね~。
映画も観てみたいな。


フルーツを食べたくなって、近所のスーパーでプルーンを買ってきました。 
「ミキプルーン」じゃなくて「ニキプルーン」です(笑) 

札幌からちょっと離れたところに「仁木町」というところがあり 
フルーツの栽培が盛んで、フルーツ狩りなんかも楽しめるんですよ。 
西武線で言うと、横瀬みたいな感じかな? 

そんなわけで、仁木町で採れたプルーンだから「ニキプルーン」。 

いやしかし、この名前はわざと付けてませんか? 
案の定、Google先生に「ニキプルーン」を調べてもらうと 
「もしかして:ミキプルーン」と表示されるのでした(笑) 

ネーミングはネタっぽいけど、甘酸っぱくてとても美味しかったです♪

このあいだ手に入れた、自衛隊仕様のカップヌードルを食べました。
一般のお店では販売されていませんが、自衛隊のおみやげ屋さんにはあるそうです。
日清食品の通販サイトからは、誰でも普通に購入できます。
ただし1個単位では買えないので、結果的に1箱(20個)買うことになってしまいました(笑)

SDFというのはSelf Defense Force の略で、要するに自衛隊のことです。
ちなみにSDFをキーボードで入力しようとすると、キーが全部横に並んでいるのでラクチン。

数年前までは、自衛隊を含めた戦闘糧食のコレクションや試食に没頭してましたが
(軍事マニアとかではなく、単なる「変わった食べ物好き」が昂じただけ)
北海道へ越してきてからは機会が激減し、すっかりご無沙汰になっていたんですよね。


普通のカップヌードルと比較していないので、正確なことはわからないのですが
基本的には「パッケージが違う」というのが大きな特徴だと思います。
栄養成分や分量も違っているのかもしれないので、こんど改めて比較してみますね。
あ、ふたを止めるとき使う紙のシールが付いていませんでした。これは特筆事項かな。

普通のカップヌードルからは姿を消してしまった、いわゆる「謎肉」も入っていましたよ。
ちなみに、お湯を入れてから撮影したり補正したりTwitterにアップしたりしていたので
麺がだいぶ伸びてしまっている状態だったりします(笑)

先日、狸小路のおみやげ屋さんから連れ帰ってきました。 

鮭をくわえたクマの木彫り置き物は、もらって困るおみやげとして有名ですよね。
子供の頃初めて見たときは「おおっ」と思ったけど、見た目ちょっと怖いし(笑)

最近は、こんなおみやげも登場しているんですね。
小さなクマさんが鮭を抱きかかえていて、とっても可愛いでしょう♪ 
手のひらサイズなので、手軽に飾っておくことができるんですよ。

戦利品と言っても、買いに行ったわけではないんですけどね(笑)

コミケに行けないので、せめて雰囲気だけでも味わおうとAmazonでカタログを買ったら 
3日目の情報・評論系サークルで気になるところが、結構ありまして。 

買い物代行してくださる方を募ってみたところ 
mixiでお世話になっている、ひいらぎあやさん&amaletさんが名乗りを挙げてくれたので、
お二人にお買い物をお願いしました。暑いところ本当にありがとうございました♪ 

正直言ってサークルカットだけだと、本のグレードが全くわからないので 
お買い物をお願いしたいサークルさんをリストアップしつつ「賭けだなあ」と思っていましたが 
こんな本が欲しかった!と思えるサークルさんばかりで、ホントに嬉しいです。

買ってきてもらったのは、紅茶本・海外旅行本・ネコ本・郵便局本・宅配業界本・鉄道本などなど。
この手の評論・情報系の本は、札幌の即売会では、まずほとんど買えないんですよ。
作ってるサークルさんを全然見かけません(笑)

10年ぶりくらいにコミケの同人誌をたくさん手にしましたが、とってもいい刺激になりましたよ。
良い刺激になりました。北海道ではなかなか味わえない感覚です。 
みんな自分の能力を最大限に活かし、いろんな人に情報や娯楽をシェアしてるんですよね。 
とても素敵な文化だなあと、改めて思いました。

東京に住んでいた頃は私も何度か、本を作ってコミケにサークル参加してたんですよね。
「ナムコ・ワンダーエッグ」の本や、レトロゲームの本を中心に作っていました。 

札幌でも同人誌即売イベントはたまに開催されているので、一度行ったことがあるんです。
規模の小ささはまあ仕方ないとして、参加しているのが若い人ばかりなので
流行のジャンルがまるっきりわからず、居場所が見つけられない感じでした(笑)
元ネタを知らない本&グッズばかりで、入り込む余地がなかったんですよね。

なのでもう「同人誌即売会でモチベーションを上げる」ことはあきらめていたんですが、
自分にとって興味のあるジャンルの本が存在するのであれば、たとえ札幌では機会が無いとしても
誰かに頼んだり通販で買ったりして手に入れることは、
すごくプラスになるんじゃないかなと思いました。

本を作ったり通販で頒布したりするのは、北海道にいても出来るんですけど
いろんな人の本を手にすることで、目と脳と心で味わう大切さに改めて気づきました。
一人で活動するのと、他の人の刺激を受けながら活動するのとでは、
モチベーションの高さが全然違ってきますね。

しばらくは、これらの購入物でMPの充電をしようと思います(笑)



狸小路の「HUGマート」で、摘果メロン(間引きした小さくて甘くないメロン)を買ってきました。
ちょうど今の時期だけ出回るもので、これでピクルスを作ると美味しいのです。
道の駅など、農家直送のお店じゃないと手に入らないんですよ。


昼間にケーキをたくさん食べたので、夕食はあっさりしたものにしようと思い
「紅鮭漬」という、鮭と野菜を漬け込んだものを買ってみました。
298円くらいだったかな。


キャベツ、大根、にんじん、紅鮭を漬け込んであります。
私は初めて食べたんですけど、北海道では冬の保存食として昔から愛されているそうですよ。
適度な塩気で、ごはんが進む美味しさでした。
値段もお手頃だし、これはときどきおかずに出してもよさそうな感じ♪
紅鮭ではなくニシンを漬け込んであるものも売られてましたが、そちらはちょっと癖があるのかな。

市販のお漬物はあまり好きじゃないんですが、
北海道には農家が作っているお漬物が結構あって、とても美味しいんですよね。
いい野菜が手に入るのは、本当に幸せなことだなあと思います。
でも近所のスーパーは、野菜の質もイマイチで値段も高くて悲しいのです(笑)


早起きした(というより眠れなかった)ので、珍しく朝の番組が観られたのですが 
星占いのラッキーポイントがローカルすぎて、目を奪われてしまいました。

しかし稚内の最高気温、低いな~(笑) 




14回目の結婚記念日

| トラックバック(0)
6/23は、我が家の14回目の結婚記念日でした。 

ワンダーエッグ前のモルツクラブで 
婚姻届に証人のサインを書いて頂いたのが、つい先日のようです。 

家で合流できた時間も遅かったし、贈り物しあう習慣もないので 
とってもささやかに、ローソンの「ウチカフェ」ケーキを初めて食べてみました。 
おおっ、コンビニスイーツとは思えない美味しさ。 
良い時代になったものですねえ。 

紅茶のカップを見上げているくまさんは、10年くらい前に夫婦で札幌旅行へ来たとき
宿泊したホテル(すすきの東急イン)の売店で一目惚れして、大切に連れ帰った子です。
まさかこの子を連れて札幌へ越してくることになるとは、当時は想像もしていませんでした。

皆様、今後とも夫婦ともども 
どうぞよろしくお願いいたします♪

5月8日に「アロマテラピー検定1級」を受検してきまして、合格通知がとどきました!
ひとあし先に受検&合格した たみちゃん には、いろいろお世話になりました。ありがとね♪

私は今まで、資格を全然取らずに生きてきたんですよ。英検すら受けたことないし(笑)
札幌に住むようになってからは、ちょいちょい資格(というか民間の検定)を取得してきました。
ビジネス電話検定、秘書検定2級、サービス接遇検定2級、そして今回のアロマテラピー検定1級。
どれも仕事の採用に直接役立つわけではないけど、日常でものすごく役に立ってます。

今後はサービス接遇検定の準1級や、札幌シティガイド検定を受けてみようかと考えています。
簿記検定も受けてみようと思い、だいぶ前に3級テキストや模擬試験問題を手に入れたのですが
どうも私は簿記検定の勉強をしてもイマイチ必要性を感じず、モチベーションが維持できなくて…。
覚えたい知識ではあるので、そのうちきちんと勉強して受検してみたいですね。

あ、その前に。
今月中に「環境カオリスタ検定」も受ける予定です。
受検料1050円で在宅受検なのですが、7月からテキスト改正&受検料値上げらしいので。

Oisixの「お試しセット」

| トラックバック(0)
有機野菜などを販売している Oisix(おいしっくす) の「お試しセット」を取り寄せてみました。
送料無料で980円と、とってもお得な価格だったので。
美味しい野菜には目がないので、こういう商品は大好きなんですよね。

・ピーチかぶ
・熊本県産の塩タマネギ
・神奈川県産の春キャベツ
・奈良県産のアロマイタケ
・愛知県産のミニトマト
・北海道根釧地区の牛乳
・とろーり絹豆腐
・館ヶ森高原豚のモモ肉スライス
・栃木の濃厚たまご
・ハプスブルグ家ゆかりの塩(おまけ)

ピーチかぶは厚切りにして、クレイジーソルトをちょっぴりかけて生食。甘くて美味しい!
アロマイタケと絹豆腐は、味噌汁にしちゃいました。マイタケからいい出汁が…。
モモ肉は油をひかず塩だけで焼くのが勧められていて、試したらこれがまたいい味。
プチトマトはそのままで。フルーツのような甘さでした。

塩タマネギと春キャベツと濃厚たまごが残ってますが、何を作ろうかな。
もとの素材が良いので、シンプルな調理方法で食べるのがいちばんなんですよね。

北海道は夏になると、道の駅などで美味しい道産野菜が安く買えるのですが
冬になると事情が激変し、いい野菜が全く手に入らなくなってしまうのです。
まあ、長い積雪シーズンに野菜は作れないですもんね…。

そんなわけで、美味しい野菜をお手頃価格で手に入れられる機会をみつけると
迷わず試してしまうのでした(笑)

私の住む札幌では、地震の影響は皆無に近くて、通常と同じ生活ができています。 
とはいえやっぱりみんな、被災地のことを常に心配しているのは事実で 
誰かと顔を合わせれば地震の話や、知人・友人の安否確認の話になっています。 

被災地の人のために、自分に何ができるかというと
やっぱり直接・確実に役に立つのが、募金や寄付ですよね。
募金についてもいろいろ考えてみたのですが、
糸井重里さんの「寄付についての一指針」という考えが、とてもしっくり来ました。

簡単に要約すると「自分ひとりを3日雇えるくらいのお金」を目安に
募金するのはどうだろうか、という指針なのです。
単純に3日ぶんの給与というのは、仕事によっては計算しづらい場合もあるので 
我が家は夫婦で話し合った結果、二人ぶんの月収をあわせた額の10%を募金することにしました。 
復興状況が安定するまで、毎月その支援を続けたいと思っています。 

寄付金を送る手段はいろいろありますが、 
我が家は 日本赤十字社 へ直接送金しようと思っています。 
現在もファミリーマートのFamiポートで、日本赤十字社への募金はできるのですが 
今回の震災用の口座が用意されるのは来週なので、 
いま送金すると、別の用途に使われる可能性があるらしく。 
なので来週、日本赤十字社からの詳細が発表になってから送金する予定です。 

いつもの仕事に全力で取り組み、その仕事で得た収入から
可能な範囲で最大限の募金を継続的に行い、
現場で活躍している自衛隊や医療関係の方達に託して、有効に使ってもらうというのが
被災地の外にいる私達にできる、最大の支援だと思うのです。

-----

そして、自分の持ち場でベストを尽くすということは
実はとても大切なことなんじゃないかなと、今日ふっと思いました。
よく言われているように「経済を回すのは重要」という理由もあるんですが、
他にもちょっと、思うところがあるんですよね。

私は札幌でサービス業をさせて頂いていますが
「いつもよりちょっと元気に、ちょっと明るく、仕事は確実に」
というテーマで動くことを、今日から自分に課してみました。

この仕事は、被災地の方の支援に直結するわけではありません。
でも、ここで明るい気分になったり、気分転換したりできたお客様が
他の誰かを助けたり、力になったりするための原動力の一部になれるかもしれない。 
そう考えるようになりました。

たとえば、飲食店で働いて誰かに美味しいものを提供したら
心身とも元気になったお客様は、別の誰かに力を貸せるかもしれません。

整体師さんが誰かにマッサージをして、そのお客様が元気になったら
その夜、いつもより1時間多くネットで有益な情報を拡散してくれるかもしれません。

美味しいお菓子を作ったり販売したりしたら、
そのお菓子を食べたお客様の幸せなエネルギーになり
目の前に相手に対して優しく接することができるかもしれません。
優しくしてもらった相手は、ニコニコと笑顔で周囲の人に明るい気持ちを拡散して
明るい気持ちをわけてもらった人達は、被災地の人に自分は何かできないか考え始める
気持ちの余裕ができてくるかもしれません。

全ての仕事に、そういう側面があると思うのです。
プラスのエネルギーはその場限りで終わりではなく、次々と連鎖していきます。
誰かの役に立つことで、その人が別の誰かの役に立つための原動力になり
そんなリレーが回り回って、被災地で身を粉にして働いている人達を力づけられるはず。

被災地の外にいる私は、全力でそんな後方支援をしていきたいと思っています。

-----

今回の地震に遭われた皆様。
しばらく大変な状況が続くと思いますが、負けずに頑張ってください。
私も後方支援チームのひとりとして、全力で頑張ります!

日常と変わらない生活が可能な地域に住んでいる方へ。
みんな環境は違いますが、復興のためできることは絶対にあると思います。
無理のない範囲で、自分に出来ることを考えて協力しましょう。

被災地に物資をいきなり送ったり、ボランティアと称して被災地に行ったりするのはNGです。
そういったことは自衛隊など、非常時対応のプロに任せるのが一番ですから。
プロが命を張って働いているところにアマチュアの私達が乗り込んでも、迷惑なだけですしね。
やはり「募金・献血」が一番ではないかと思いますよ。
あとは闇雲に自粛したり心配したりせず、元気と希望を絶対に失わない方向で!


「イカのおすし」は、警視庁が作った子供の防犯スローガンです。
不審者に遭遇したとき気をつけることをリストアップし、頭文字をつないでるみたいなんですけど
正直、かなりわかりづらいような気がします(笑)

ところで先日届いた札幌の市報では、こんな可愛いイラストで「イカのおすし」が紹介されていました。
天真爛漫なイカちゃんの笑顔と、震えて泣きながら顛末を話すところが
ものすごく可愛くて、ぎゅっと抱きしめたくなってしまいます。

「イカのおすし」で画像検索すると、いろんな自治体のいろんなイラストを見ることができますが
個人的に、この札幌バージョンがダントツに可愛らしいなと思っています♪
携帯の待ち受け画面にしようかと考えてしまうくらい。





マリモを買いました

| トラックバック(0)
編集する2011年03月02日03:18

子供の頃から、マリモが好きでした。 
「いつかは阿寒湖へ行ってみたい」と思ってた夢も、北海道に来てから叶いましたしね♪
(阿寒湖を含め道東旅行へ行ったときの写真は、近いうちにブログにアップしますね) 

おみやげ用のマリモを買って育てては、今までに何度もダメにしちゃってます。 
水が汚れたら替えるとか、明るいところに置くとか、夏は冷蔵庫に避難させるとか
気をつけて育てていても、ダメになってしまうことは結構あるんですよ。

この2年くらい、すっかり”マリモ離れ”していたのですが 
ひさしぶりに欲しくなって、おみやげ屋さんで買ってきました。 
マリモが欲しいと思ったら割とすぐ買えるのが、札幌の素敵なところです。 

ちなみに、阿寒湖のマリモは天然記念物に指定されているので 
買うことはできないし、もちろん採取もできないんですよ。 
おみやげ用のマリモというのは、阿寒湖で採れたものではなく 
釧路湿原国立公園にある「シラルトロ湖」で採取した、糸状のマリモを 
手で丸めてビンに詰め、販売しているんだそうです。 

でも、そのまんま考えると夢が壊れてしまうので 
「静かで綺麗な阿寒湖で育ったマリモが、うちに来てくれたんだ…」と 
たくましい妄想と共に眺めて満足するのが、正しいマリモの飼い方なのかもしれません(笑) 

近いうちにアクアリウムみたいに、ビンの中を楽しくカスタマイズしたいなあ。 

コクヨが販売している「もしもの時に役立つノート」を 
私のぶんと旦那のぶんであわせて2冊、Amazonで買いました。 

私は2年前に、腸閉塞で救急搬送→入院したのですが
ある程度痛みがおさまった頃、いろいろ心配になってきたんですよ。 
普段から家の中の貴重品管理、書類管理、消耗品在庫管理、 
クレジットや自動引き落としや光熱費や家賃支払いの管理などなど、 
すべて私がやってきたので、旦那ひとりでは何もできないわけなんです。 

これを書いている今も、たとえば旦那は 
「どの口座から」「毎月何日に」「何円が」自動引き落としされているかなど 
全く把握していないので、私がいきなり倒れたら 
どこに何があるか、どこに何の情報がしまわれているのかわからず 
旦那が途方に暮れることは、明らかなわけです(笑) 
でも、大抵の家庭はこういう状況なのではないかと思います。 

幸い入院は1週間足らずで終わったのですが、 
そのとき、しみじみ思ったんですよね。 
普段から重要な情報はすべて一箇所にまとめておき、 
何か起きたときには、家族がそれを読むことで引継できるようにしたいなと。 

私は2chの「掃除全般」板をよく読んでいます。 
他の板に比べて、素晴らしいアイディアが日々蓄積されていく良スレばかりなので。 
その中に「身辺整理総合スレ」というのがあり、ここで交わされている内容が 
いま書いてきた内容に近いんですよ。 

【備え】身辺整理総合スレ 6【新生活】
> 身辺整理=死ぬ準備ではありません。 
> 就学就職による引越し、結婚出産など新しい生活への準備や、 
> 急な病気で知人が家に入る事を想定しての片付けなど様々な理由があります。 
> 部屋を片付けて情報を整理し、ゆったりスムーズな生活を手に入れましょう。 

で、この身辺整理を実践するのにとても役立ちそうなのが 
「もしもの時に役立つノート」なんですよね。 
こういうツールはありそうでなかったので、これからブレイクしていくんじゃないかな。 

興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

氷の結晶

| トラックバック(0)
自家製の凍み豆腐(余った豆腐を小さく切って凍らせておいただけ)を、
2ヶ月ほどずっと、冷凍庫にしまったままにしていました。
なんとなく容器のふたを開けてみると、氷の結晶がニョキニョキ生えていてビックリ。
自宅の冷凍庫でこんなものを見るのは初めてです。


結晶はかなり頑丈で、手でちょっと押しても簡単には壊れないほど。
暖かい室内の気温で溶けないよう、急いで写真を撮ってから
この結晶まみれの凍み豆腐を煮て、昼食のおかずに加えました(笑)


そういえば昨日の夜、大量の雪が降りしきる中を仕事から帰ってきたのですが
自販機で冷たいカルピスソーダを買ったら、ぬるく感じたのですよ。
別に自販機の冷蔵設定が壊れているわけではなく、外が寒すぎるんですよね(笑)
マイナス8℃くらいでしたからねえ…。

でも、札幌レベルの寒さで缶ジュースがぬるいと感じるなんて
もっと寒いエリアに行ったら、どうなるんでしょうね。

ちなみに、日本一寒い町と言われている十勝の陸別町では、
昨日の最低気温は、マイナス24.9℃だったそうです。ひえ~!
私はさっき、半袖Tシャツ+薄手のパーカー+ジーンズだけで
マイナス6℃の中を買い物に行ってしまいましたが、レベルが全然違います。

陸別町はカントリーサインからして、こんなに寒そうなんですもん。
(札幌市のカントリーサインも好きなので、意味なく並べてみました)

                

クマさんの雪だるま

| トラックバック(0)
ミスタードーナツで「エンゼルテディパン」という
元日にも食べた、クマさんの形のドーナツをテイクアウトしてきたのですが
箱にぎゅうぎゅうに詰められてしまい、クマさんがつぶれてしまっていたのでした。
うーん...この詰め方はちょっと、どうなのかなあ?


とりあえずクマさんのドーナツは、あまり表面を見ないようにして食べて
ベランダにモフモフと大量に積もっている新雪を、洗面器いっぱいに集めてきました。
マンションの上の階からも雪が落ちてくるので、綺麗な雪がたっぷりあるのです。


で、旦那と協力しながら雪を固めて、クマさんの雪だるまを作りました(笑)

鼻と口のプレートは、実はクマさんのドーナツについていたもの。
目は...セキセイインコのエサ(ミックスシード)に入っている実です。
首元のリボンは、クリスマスに使ったものの残りを使いました。

北海道のサラサラなパウダースノーは、本当に固まりづらくて
細かいところをカスタマイズするのも、かなり苦労しました。
雪まつりで大きくて精巧な雪像を作っている人たちは、本当にすごいなあと思います。


さて、作るだけで満足してしまって
そのあとどうするか考えていなかったので、とりあえず冷凍庫に入れてあります。
あまり置いておくと情が移ってしまう気がするので、実はちょっと困ってたり。
雪だるまが溶けてしまうのは、辛いものなんですね。
映画「スノーマン」の切なさが、今になって初めてわかったような気がします。


2011年の初詣/北海道神宮

| トラックバック(0)
我が家ではお正月に、琴似神社と北海道神宮でお参りすることにしています。
琴似神社へ行く理由は、高橋名人ゆかりの地だからなんですけどね(笑)

先に琴似神社でお参りしたあと、北海道神宮へ行きました。


参道には、こんな可愛い雪だるまもいましたよ。
表情がいいですね~。


思ったほどの混雑はなかったものの、 
30分~1時間くらいは、こんな状態の中にいました。 
参道に積もった雪がツルツルで、待ちの列で滑ったり転んだりする人も。 


いつもここでお守りを授与してもらうんですけど、
今年は「カード型お守り」というものにしてみました。
お財布の中に入れておけるので、いつでも持ち歩けて便利なんですよね。
普通のお守りだと、どうしても机に入れっぱなしになってしまったりするもので。
よくわからなかったりするんですけど、お守りはやっぱり持ち歩いた方が良いのかな?


おみくじは大吉でした。やった~!
今年もいろいろ頑張っていきたいなと思います。

北海道神宮は、パワースポットとしても有名な場所なんだそうです。
そのせいなのかどうかはわかりませんが、
心に重い荷物を持っている時に来ると、気持ちがすっと軽くなるのを感じるんですよね。
毎回必ずその感覚があるので、私に合う場所なんだろうなと思います。
(神社や仏閣によっては、必ず身体が重くなったり頭が痛くなったりする場所もあるのですよ)


お参りの後には、いつものように「砂糖がけフレンチドック」を購入。 
寒い雪の中で食べるアツアツのフレンチドックは、北海道に来てすっかり定番になりました。 
グラニュー糖がまぶしてあるけど、中身は魚肉ソーセージなんですよ。 

こん棒を振り上げているような写真になってしまいました(笑)


ここは、いわゆる「どんど焼き」の日を待たなくても 
お正月の参拝時に、前年ぶんのお守りを返納することができるのですが 
毎年行っているくせに、毎年持っていくのを忘れてしまいます(笑) 

ところで北海道神宮には、リラックマの絵馬があるんですよ。
残念ながらお正月には授与されていないようなので、日を改めてまた行ってみようかな。
明けましておめでとうございます。
昨年中は当ブログへ遊びに来て頂き、ありがとうございました。
気まぐれ更新ではありますが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

ブログトップにカウンタを取り付けてあるので、
来訪者さんがいらっしゃることは辛うじてわかるのですが、
もしよろしければ、たま~に気が向いた時だけで結構ですので
ひとことコメントを残して頂けますと、管理人がとても喜びます(笑)

さてさて、お正月ではありますが
我が家はおせち料理を作らないので、食事にもあまり変化が無いのです。
北海道の「大晦日の夜にオードブルを食べる」というのは、かなり定着したんですけどね。

私の勤務シフトが夜固定なのもあり、生活が夜型なもので
普段は朝食をとることも、あまりなかったりします。
が、今日は日中のうちに初詣に行きたいので
昨日のうちに、ミスタードーナツの福箱に入っていた引換券で手に入れておいた
「エンゼルテディパン」という、くまさんのドーナツをを朝食にしました(笑)


チョコ、キャラメル、いちごの3種類があります。
かなりしっかりした造形で、とっても可愛らしいんですよね。
寒いところに置いておいたこともあり、表面のチョコがパリパリ固くて美味しかったです。
暖かい部屋に持ってきたせいで、表面がちょっと結露してしまいましたけどね(笑)
ベースとなっているドーナツは、おなじみ「エンゼルクリーム」でした。


ドーナツを入れてくれる箱も、リラックマの絵柄で可愛らしいのです。
リラックマは好きなので、今回のミスタードーナツのキャンペーンはとても嬉しかったりします。
単独でグッズを買うことはあまりないけど、こういうコラボ企画には惹かれてしまいます。


クリームはドーナツの上から注入されているので、箱に入っている状態はちょっと怖かったです(笑)

このエンゼルテディパンは、今年3月までの限定販売なんだそうですよ。
かなり気に入ってしまったので、何度かリピートできたらいいなあと思っています♪


年末年始の買い出しのついでに、札幌時計台を撮影してきました。 
時計台は被写体としてカッコいいので、そばを通るたびに撮影してしまいます。 
札幌時計台とビックバイパーはイケメンだと思うのですよ。 
旦那には「意味がわからん」と言われるけど(笑) 


北海道では大晦日の夜に、おせち料理やオードブルを食べてしまうのです。 
そんなわけで我が家も、札幌駅のエスタでオードブルを買ってきました。 
2980円のものが2000円で売られていたので、即ゲット! 
とはいえ二人なので当然食べきれず、残りは明日の夜に回すことに。 
お寿司とカツゲンは全然合いませんでした(笑)



北海道生活を始めてから、4年を迎えることができました。 
年に一度は必ず行っていた東京に、今年はスケジュールの都合で行けなかったけど
北海道内を車でいろいろ探索することができて、楽しかったです。 
お店の開拓がいっぱいできたのも収穫でしたよ。 
自分の縄張りを少しずつ増やして、こちらでの生活が年々充実してきているのがわかります。 

冬になっても寒さや凍結路面を怖れることがなくなって、だいぶ余裕が出てきましたよ。 
意外と私の身体は、寒冷地仕様なのかもしれないなあと思ったりします。 

人間関係や生き方や考え方を再考した一年でもありました。 
うわべだけの人間関係の脆さを痛感したり、 
逆に、身近なところに自分を理解して支えてくれる人がいたことに気づいたり...。 
やみくもに人間関係を構築するよりも、 
本当に大切な人とのお付き合いをさらに深めていきたいな、と考えるようになりました。 

旦那と二人で紅茶教室に通い始めたこと、 
セキセイインコのポポを新しく迎えたこと、 
札幌の紅葉写真が札幌市交通局の冊子に掲載されたこと、 
ゲームサークル「ADVENTURE-WORLD」を再開させたことは、特記事項かな♪ 
(参加してくれてるメンバーの皆様、ありがとです!) 

なんだか、あっという間に終わってしまった一年だったように思います。 
ある意味ではとても平和な、ありがたい年でした。

いつもこのブログを読んでくださっている皆様、一年間ありがとうございました。
来年も楽しみつつ更新していきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。 
良いお年をお迎えくださいね! 
旦那に、ミスタードーナツの福箱を買ってきてもらいました。 
今までも「お得でオススメ」というクチコミを、ネットでたくさん見てたんですけどね。 
大好きなリラックマの福箱ということで、これは買わなくちゃと思いまして(笑) 

600円のキッズ福袋、1000円の福箱、2000円の福箱があるのですが
購入したススキノ店で唯一販売していた、2000円の福箱を購入。 
中身はブランケット、トートバッグ、メタルストラップ、小物入れ、スクイーズ人形。 
あと、ドーナツでコーヒーブレイクしている写真のカレンダーがついてきます。 
どれも可愛らしくできていて、かなり満足! 


ブランケットは結構大きいです。 
右下にドーナツ型の小物入れ&スクイーズ人形を、大きさ比較で置いてみました。 
なんだかこのイラスト、わかさぎ釣りをしてるようにも見えませんか(笑)


さらに、好きなドーナツorパイと交換できるチケットが20枚ついてきます。 
チケットもちゃんとリラックマのデザインなのがいいなあ。
ドーナツだけじゃなく、普通はセールだと除外されてしまうパイでもOKなのが嬉しいところ。 
箱そのものも可愛い上にしっかりした作りなので、物入れに使おうかと思ってますよ。 


2箱買ったので、引換券は40枚手に入りました♪ 
有効期限は3月末なので、ちょくちょく買ってこようかな。 
普段はミスドにはあまり行く機会がないんですけど、こういう機会は楽しいですねっ。

で、そのドーナツorパイ引換券をさっそく使い 
旦那が福箱と一緒に、パイを何種類か買ってきてくれました。 
今日はこれで、朝昼ごはん。


ミスドのドーナツやパイはだいたい1個220kcalくらいなので、 
そこまで極端に高カロリーというわけでもないんですね。 
むしろコンビニで売ってる菓子パンの方が、1個で500kcalくらいあってコワいです。 

ドーナツを入れてくれる紙袋も、 
ドーナツについてくる、薄いツルツルした白い紙(名前がわからないな)も 
リラックマのデザインになっているのが、とっても可愛らしいです♪


私たち夫婦が東京を離れて北海道に住むようになったのが、2006年12月19日でした。 
今日で、北海道に住んでちょうど4年が経過したことになります。 

雪が降る中、旦那と二人で「喫茶サティ」の美味しいコーヒーを飲んできました。 


最初の2年くらいは気候にも環境にも慣れず、落ち着いて安心して過ごせる場所がなく 
しょっちゅう東京にいた頃と比べてはブルーになり、日記で思いを吐き出してました。 

だからといって、東京に戻りたいとか思ったことは一度もなくて 
「自分達の意思で越してきたのに、どうしていまだに馴染めないんだろう...」と 
毎日ひたすら自分を責めて、適応しようともがいては壁にぶちあたってたんですよね。 
バイトの面接を受けても落ちてばかりだし、気分転換に友達と会うこともできないし。 

いま改めて当時の日記を読み返すと、重いことばかり書いていたのに驚きます(笑) 
とにかく辛くて寂しくて。 

テーマパークや大型イベントのような、人がたくさん集まって楽しい場所に身を置くことで 
傷ついた気持ちや寂しい気持ちを癒しつつ 
ちょっとずつ前進していくという不器用な生き方が、自分の中で定着していたので 
そういった場所が皆無である北海道に来て、エネルギー充電の場所をいきなり失ってしまい 
これには本気でまいりました。 

しかも、せめて歩いて景色を楽しもうと思っても、凍った路面がツルツル滑って本気で怖いし。 
家にいると鬱屈してくるから外に出たいのに、その外出が怖くて怖くてしかたないという。 
外に出ると全ての場所がツルツルに凍っているという大きなストレスは、 
冬の雪国を一度も訪れたことのない私にとって、生まれて初めて経験するものでした。 
晴天が多くて、日中はポカポカ暖かく晴れた日が続き 
夜の空っ風に耐えられるなら基本的に外出しやすい、東京の冬しか経験したことがなく。 

そして、会うことが滅多になかったとしても 
昔からの友達や家族に、ちょっと電車に乗れば会いに行けるというのは 
意識していなくても、どれほど心強いものなのかということを、 
飛行機に乗らないと会えない場所に引っ越してから、初めて気づいたわけです(笑) 

でも今は、札幌生活のいろんなことを心底楽しめるようになりました。 
いったん馴染んでしまうと、ここでの生活は加速度的に楽しくなっちゃいましてね。 
今はお仕事も、仕事先の仲間との会話も、デジカメ持参の写真撮影散歩も、食べ歩きも 
すべて満喫できるようになっちゃいました。 

特に充実しているのは、仕事の時間かもしれません。 
生まれ育ったわけではない土地に住み、そこでささやかながらお仕事を見つけて 
お客さんや仕事仲間に必要としてもらえていることが、今とても幸せに思えます。 
東京から埼玉や神奈川や千葉に越すのと、東京から北海道へ越すのは 
まるっきり別物でした(笑) 

私はたぶん、引っ越してきてすぐにこんな状態になれるだろうと思っていたから 
うまくいかないことに苛立って自信をなくし、落ち込んでいたのでしょうね。 
でも、全く違う土地で暮らしていくということは、自分がそこに根付くまで 
ある程度のまとまった時間が必要なんだなということが、ここに来てわかりました。 
当然ですが、旅行で遊びに来るのとは、まったく違うんですよね。 
ゴハンが美味しいとか景色が綺麗とか、それだけでは満たせないものがあるのです。 

たまたま東京で生まれ育ったので、そのまま惰性で住み続けてきましたが 
ずっと同じ土地で暮らしてきた、今までの自分の人生の難易度は 
なんてラクチンだったんだろうと、改めて思います。 
今まで当たり前に受け取ってきたことが、実は当たり前なんかじゃなかった。 
自分の実力ではなく、惰性で住み続けてきたことで享受していたにすぎなかったんです。 

この4年間で、東京在住時の何倍も、苦しいことや辛いことや嬉しいことを経験して 
一気に経験値を獲得できた気がしますよ(笑) 

そんなわけで、明日から北海道生活5年目に突入です。 
皆様、これからも改めてよろしくお願いします。 

そして、今まで一緒の時間を共有してきてくれた旦那にも感謝です。 
いつもありがとうね。

クッキーを焼きました

| トラックバック(0)
気まぐれで、久しぶりに紅茶クッキーを焼きました。 
今回はお試しで作ったので、特に型抜きもせずアバウトに。 
小さな袋に入れてリボンをつけたら、なかなか可愛くなりました♪ 


学生時代はよく、こんなことをしてたんですけどね~。 
ネットを始めてから「手作りお菓子をプレゼントされると困る」という人が 
思ったより多いことを知り、すっかりやめてしまっていたんですよ。 
今まで嬉々として作っては人にあげたりしてたので、なんだかすごくショックで。 

でも喜んでくれる人も少なからずいた(と信じたい)し、 
あまりネットの情報に左右されるより、もっと自分の好きな道を選びたいなと 
このことを15年くらい考えた結果、ちょっとずつ思うようになってきたので 
またいろいろお菓子を作って、機会があったらプレゼントしようかなと思ってます。 
私自身、こういうのを貰ったり買ったりするのは大好きなので。 

食品衛生責任者の資格講習とか、受けに行ってみるのもいいかな。 

札幌に来てから買ったオーブンレンジは、陶器製の白くて丸い回転板がついてましてね。 
オーブンを使う時は回転板をはずして、ホイルを敷いたりしてたんですよ。 
天板がついていないので、焼き菓子を作る時いつも困ってました。 

が、改めて説明書を読んだところ、回転板だと思っていたものは天板でした(笑) 
レンジ加熱時の受け皿でもあり、おかずはこの上に直接乗せて温めるのが正しいそうです。 
お皿に乗せたままおかずをレンジ加熱すると、うまくいかないとか。 

なんとまあ、3年以上も勘違いしたまま使ってましたよ。 
焼き菓子作りも、道理でうまくいかなかったわけだ(笑) 
回転板の上で直に焼いたら、ムラもなくちゃんと焼けるではないか。 
(クッキングシートは敷いてますけどね) 
オーブンを買い換えようかとも思っていたので、謎が解けて良かったです。 
これからちょくちょくお菓子を焼いて、今までの失敗記録を成功記録で上書きするぞ~! 


よく利用させて頂いている、カエルさんの大判焼きのお店「ひなさく堂」さんに
お誕生日バージョンの大判焼きを注文してあったのです。
冷凍で届くんですけど、せっかくなのでこの日まで開けずにとっておきました。
大判焼きひとつひとつに、可愛いゲコタンの焼印がついているんですよ。


我が家のピクルスさんも出てきて、一緒にゲコタン大判焼きを楽しみました。
ちなみに中身はすべて「小豆あん」なんですよ。
ケーキもいいけど、こういうのもいいな~と思いました。

いつも可愛くて美味しい大判焼きをありがとうございます♪

中秋の名月

| コメント(2) | トラックバック(0)
我が家は昨夜のうちに、一日早い「お月見」を楽しみました。
ネコさんと一緒に、デスクトップで(笑)

ちなみにネコさんが持っているのは 一久 大福堂 札幌三越店でのみ販売している
「よくばり串大福」という商品です。
小さめの大福が4種類、串に刺してあります。ずっしり重いのですよ~!

今夜は綺麗な月を見て、みんなで幸せな気持ちになれるといいですね♪


ミスドの100円セール

| トラックバック(0)
ミスタードーナツで100円セールが開催中だったので、
滅多に行かないこともあり、つい10個とか買ってきてしまいました。

どうもミスドは、冷蔵庫で保管しておくと味が落ちるので
美味しいうちに食べようということで、二人して一日で完食。

我が家の可愛いカエルのピクルスさんたちは、ドーナツに群がって幸せそうでした。
でも100円セールだからといって一気に買うのは、いろんな意味で危険ですね(笑)




郵便屋さんの三輪バイク

| トラックバック(0)
近所で見かけた、初めて見るタイプの郵便配達中バイクです。。 
最近の郵便局には、三輪もあるんですね。 「ジャイロ」というバイクなんだそうで。

これなら雪でも滑らないのかなとか、私もこれで配達したいなあとか思いましたが、
三輪だろうと何だろうと、雪道をバイクで走ると滑るそうです(笑)

免許証の更新のため、札幌中央警察署まで行ってきました。 
原付免許オンリーなんですけどね。 
東京を離れるときスクーターも手放してしまったし、運転する機会はなくなってしまったけど
身分証明として、原付免許はものすごく役立っています(笑)

家から歩いていったんですが、マイナス3℃で強風の中、片道50分! 
風は猛烈に冷たいし、地面はツルツルだし、まいりました。 

今回は初のゴールド免許なので、講習時間は30分です。 
免許を取って5年だけど、運転していたのはそのうち1年半くらい。 
でもまあ、いちおう「5年間無事故無違反」ということで。 

府中の免許センターしか行ったことがなかったのですが、 
札幌中央警察署内にある「優良運転者免許センター」は、 
とても小ぢんまりとしていて、雰囲気も落ち着いていました。 
府中はおそらく、あまりにも人の数が多すぎるせいでしょうけど 
すごく対応が事務的で「捌かれてるなあ」って感じだったんですよね。 
こちらのセンターは、あったかくてのんびりした印象でしたよ。 

交通の規則が載っている本の他に、もう一冊本が配られましてね。 
北海道での運転に特化した内容が載っていました。 
面白いので、ちょっと内容を紹介しますね。 

これを見て最初「しる・まもる・はげる」と読んでしまいました。 
なんでそこまで、見た目の語呂にこだわるんだろう(笑) 
横についてる英語も、取ってつけたようなセレクトです。 


北海道と東京の、死亡事故の発生状況。 
こうやって見てみると、発生状況がまったく違いますね。 
北海道の場合、車両単独での死亡事故がいちばん多く 
次点が正面衝突と人対車両で、同率2位だそうです。 


北海道は交通事故での死亡率が全国ワースト1なのですが、 
いろいろ要因があるみたいで、それもわかりやすくまとめてありました。 
人づてに聞いたことはあるけど、こうやってデータで出されると 
とても説得力があるし、わかりやすいです。 


冬に凍結した交差点で車がクルクル回転してしまう、という話を 
よく聞かされるので、死亡事故は冬に発生しやすいのかと思ってましたが 
予想とは違い、夏がダントツに多いんだそうです。 
広い道路を猛スピードで飛ばすからなんだろうなあ…。 


北海道における、車の冬の装備品。 
こういうの、東京ではまったく必要ないですよね。 
こちらは冬になると、タイヤを替えたり不凍液を買ったりと 
やたら出費が多くなるので、車を持ってると非常にお金がかかります。 
それもあって、車の購入に踏み切れないんですよねえ。 


冬に北海道で車を走らせるときの注意いろいろ。 
いやもう、いろいろと神経を使いますね…。 
東京での雨の日の運転とは比べ物にならないほど大変そう。 


北海道を走るドライバーがスピードを出しすぎてしまう理由、 
そして、トンネルやガードレールなどに衝突する理由。 
何もかも東京とは違っているんだなと、改めて知りました。 


個人的には、これがいちばんツボでした。 


「超滑る」って(笑) 
警察がくれる教本で、こんな表記を見るとは思いませんでした。 
でもまあ実際、アイスバーンは「超滑る」んですけどね~。 

警察からの帰り道、おそらくラーメン屋の配達員さんなのでしょう、 
おかもちを持って、スケートリンクのようなツルツル路面でカブを走らせるおじちゃんがいました。 
タイヤにチェーンも巻かず、両足を地面につけながら 
何度もアクセルを回すことで、ちょっとずつ進んでいて…。 

うわー、見ているこっちが怖いっ!! 
思わずその場で立ち止まり、 
ヒヤヒヤしながら、バイクが見えなくなるまで見守ってしまいました。 

北海道を走るのはやっぱり、夏が一番だと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常の暮らしカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日々思うことです。

次のカテゴリは札幌☆スイーツです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261