クリスマスの最近のブログ記事

>平成23年12月24日(土)にクリスマスの装飾を施した貸切電車を運行し、 
>車内で大道芸人によるパフォーマンスや軽食を楽しんでいただくパーティー電車、 
>貸切電車「クリスマス号」を運行します。たくさんのご応募をお待ちしております! 
>http://www.stsp.or.jp/event/2011/christmas_streetcar.html

毎年ポスターを見て、このイベントが気になってたのですが
いつも応募を忘れてたんですよ。 
かなり倍率が高いらしいので、ダメもとで今年初めて申し込んでみたら…当選しました~! 


我が家が応募したのは、いちばん遅い時間帯の第3便。
昼間の第1便と第2便は親子連れがターゲット、第3便はカップルがターゲットなんだそうで。
大通駅構内の集合場所に行くと、私達をあわせて30名の参加者が集まりました。
思ったより年齢層が高く、ひょっとしたら私達がいちばん歳下だったかもしれません。

ひとりひとりに、参加者の目印となる手作りのクリスマス柄ステッカーと
カップルごとにおみやげの紙袋が手渡され、いざ始発駅の西4丁目電停へ。

そこで待っていた貸切車両は、なんと雪ミク仕様の市電でした。
いや、この市電はすでに見かけて少し写真を撮ったりしていたんですが
まさかこれを貸切に使うとは思っていなかったので、ちょっとビックリ!
乗車前にみんなで、写真をバシャバシャ撮りまくりでした。


参加人数30名は、ちょっと少ないかなと最初は思いましたが、
市電のシートに全員が腰掛けるとなると、30名くらいが限界なんですね。
乗車時にお菓子のパック(スノーボールクッキー)と、好きなソフトドリンクを頂きました。

テーブルにはオードブル(チキン、ポテト、ソーセージ、玉子焼き、枝豆など)が。
メルカトキャンティのスパークリングワインボトルも、カップルに1本準備されていました。
このスパークリングワインが、めちゃめちゃ美味しくって…♪

スパークリングワインは、プラスチックのカップに注いで飲むのですが
黒いうずまき状のカップホルダーのおかげで、
ゴトゴト揺れる市電でも、こぼれることなく戴くことができました。
ホルダーは金属製で結構重い上、底部が磁石になっていて
テーブルにしっかり貼りつくようになっていたんですよ。うまくできてるものですねえ。

市電は普通、暗黙の了解で飲食は御法度、アルコールなんかもってのほかですが
走っている市電でスパークリングワインとオードブルを楽しむなんて、すごく刺激的でしたよ。


天井部分にも、クリスマスの装飾がたくさん並んでいました。
雪ミク市電の通常車内装飾とは、たぶんかなり変えてあるんだろうなと思います。
コカコーラのラッピング市電が今の時期は走っていて、車内がクリスマス装飾満載なんですけど
それともちょっと違い、かなり豪華な感じでした。


いちばん奥に見えるのは、サンタ姿に扮した司会進行役の男性。
札幌市交通局の職員さんなんだと思います。
市電もいよいよエンジンをかけて動き出し、クリスマスパーティ開始!
期待をこめた、みんなの拍手でスタートしました。


早速みんなで軽食タイムを楽しんでいると、ビンゴゲームが始まりました。
ビンゴなんて滅多にやる機会がないし、これは楽しいなあ♪


「ビンゴがそろった人!」「はーいっ!」
私の隣に座っていた男性は、早い段階でビンゴ完成。すごいなー。
と思っていたら、ほどなく旦那もビンゴに。
先着5名までプレゼントがあるということだったので、とっても盛り上がりました。
参加者はみんな見ず知らずの人たちだけど、親近感が深まって良いものですねえ。


西4丁目電停を発車して、約25分後。
中央図書館前の電停で方向転換したあと、電車事業所へいったん入りました。

ここでトイレ休憩&敷地内の撮影タイム。これにはちょっと感動でしたよ。
毎年8月の終わりくらいに、ここで「市電フェスタ」というイベントが開催されるんですけど
こんな場所までは開放されないんですよね。
普段なら絶対入れない場所に来られて、しかも周囲を自由に撮影してかまわないとのことで
降りしきる雪など誰も気にせず、みんなで写真を撮りまくってきました。


雪ミク市電を間近で撮影し放題なのもすごいけど、
暗闇に包まれた電車事業所の奥で、みんな思い思いに撮影しているという
ものすごく非日常な光景が、なんだかとっても新鮮でした。


もいわ山ロープウェイのラッピング市電も発見。これは初めて見たなあ。
大量の積雪を跳ね飛ばす「ササラ電車」も、右側に見えます。


「乗降中」のランプが点灯してるのがカッコいいなあ。
単体ではなく、ドアの開閉に連動して点灯するのでしょうか。


雪ミクのプリントも、とっても可愛いですよね。


昼間だったら、もっと綺麗に見えたのかもしれませんが
夜の暗闇の中で見るのも、これはこれでいいなあと思いました。


去年のラッピングと違い、ねんどろいどがベースになってるのかな?


方向幕に燦然と輝く「貸切」の文字と「クリスマス号」のプレートが、レア感いっぱい。
乗り物ってどうして、こんなにカッコいいんでしょうね。


休憩時間は10分ほどでしたが、すっかり満喫してしまいました。
ひととおり撮影して身体も寒くなってきたので、ちょっと早めに車内へ戻ります。
集合時に渡されたおみやげの紙袋に、このイベントの参加アンケートが入っていたので
この空き時間を利用して、ささっと記入しました。


札幌市電のルートは、昔は環状だったらしいのですが
今は「C」の字状というか、乗りっぱなしで始発に戻ることはできないのです。
西4丁目電停とすすきの電停を、片道約1時間ほどで往復していて
(車両の前後に運転席があり、終点では逆側の運転席に移ることで方向転換します)
電車事業所は、ちょうどその中間くらいにあるんですよ。

というわけで、パーティの後半がスタート。
前半はビンゴがメインでしたが、後半はバルーンパフォーマンスがメインでした。
このお姉さん、口の奥に笛を仕込んでいるのか
普通にはしゃべらず、笛の音色だけで会話するんですよ。
でも吹き方がうまくて、何を言っているのかちゃんとわかるんです。すごい!

これは、クリスマスリースのバルーンアートを作っているところ。
次々に楽しいバルーンアートを作っては、参加者に配っていました。
ただ作って配るだけではなく、客いじりがものすごく上手なんですよね。
みんなスパークリングワインで軽く酔っていることもあり、車内は大爆笑の連続でした。


クリスマスツリーとか、ハートを抱えた白鳥のカップルとか、
まりもっこりとか、ハエとか(笑)本当にいろんなバルーンアートを作っていました。
客いじりの間合いも絶妙で、久しぶりにこんなに楽しいパフォーマンスを堪能できました。


バルーンパフォーマンスがちょうど終わる頃、市電は終点のすすきの電停に到着。
最後に上手いこと市電や貸切電車のPRで締めた、司会進行のお兄さんや
運転手さんに挨拶して、すっかり満足して降車しましたよ。

降りたところでは、バルーンパフォーマンスのお姉さんが待っていて
帰ってゆく参加者ひとりひとりに挨拶してくれました。
もちろんここでも、お姉さんは絶対に喋らないんですけどね(笑)
思いっきりハグしてもらったり、おみやげに花の腕輪のバルーンアートをもらったり
最後まで、とっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。


帰宅してから、おみやげ袋を開けてみました。
札幌市交通局のパンフや、ノベリティグッズがいろいろ♪
紙袋は市電がトナカイになっていて、とっても楽しい絵柄なんですよね。


旦那がビンゴで当てたプレゼント。
私は昔からビンゴが全然ダメで、リーチすらままならないことも多いのです。
これって何か、才能とかが関係するのかなあ(笑)


こちらも市営交通グッズでした。どれも初めて見るものばかり。


大勢で集まってひとつのイベントに参加するのって、とっても楽しいものですね。
最初はちょっと不安だったけど、帰るときは充実感と幸せ感でいっぱいで。
ふだん夫婦ふたりきりで行動することが多いし、
北海道は東京とくらべてこういうイベントが少ないので、久しぶりに感じた充足感でした。
これからはもうちょっと、人が集まるイベントに出かけてみようかなと思いましたよ。
なかなか無いんですけどね(笑)

交通局の職員さんたちの細かい配慮のおかげで、とても楽しく過ごせました。
またこんな機会があったら、ぜひぜひぜひぜひ参加させて頂きたいなあと思います。
車内でご一緒した皆様、職員の皆様、ありがとうございました♪
初めて「アドベントカレンダー」なるものを買ってみました。 
12/1~12/25のあいだ、毎日ひとつずつ日付の書かれた窓を開けて 
中に入っているお菓子を楽しみながら、クリスマスを楽しみに待つというものです。 


基本的に子供向けの製品らしいですけど、私たちが子供の頃には 
こんな楽しいカレンダー、存在しなかったですよね。 
なので、いい大人だけど自分のために買ってしまいました。 
しかもケンカにならないよう(いや、別にしないけど)旦那と1箱ずつ購入! 

メリーチョコレートカムパニーが出してるもので、1箱1050円でした。 
海外製のものも数多く出てますが、絵柄も味もイマイチだと聞くので...。 
メリーのチョコなら、ハズレが無いですからね。 

日付のついた窓を開けると、その日によって違うメッセージと
可愛らしいチョコが出てくるのです。


チョコは何種類かあって、どれも一口で食べられるくらいのサイズです。
朝起きてこれを口に放り込み、血糖値と一緒にテンションを上げるのでした(笑)


缶入りクッキーも一緒に買ってみました。 
クリスマス柄の7種類のクッキーが、17個ほど入っていましたよ。 
ひとあし早くクリスマス気分を味わいながら、仕事のあと紅茶と一緒に食べました♪ 


缶のプリントがとても可愛くて、
特に、フタに描かれているイラストがたまらなく愛らしいのです。 
こんなデザインの絵皿があったら、飾っておくんだけどなあ。 
とりあえず、25日までこのフタを飾っておこうと思います(笑) 


土曜日にちょっとだけ、大通公園の「ミュンヘン・クリスマス市」へ行ってきました。 
開催が始まった直後でテレビでもたくさん報道され、しかも週末だったので 
ものすごく混雑していて、全然ゆっくり見られなかったのですよ。 
少し落ち着いてきた頃にでも、また改めて見に行ってこようと思っています。 


くまさんの飾りが可愛い~!
星をモチーフにしている飾りも、大好きです。


ガラス細工のお店で、小物をいくつか組み合わせて購入し 
こんなクリスマスの飾りを作ってみました。
大切に持ち帰り、居間の小さなツリーの横に飾っています♪ 

土台も手のひらに乗るようなサイズで、とても小さいんですよ。 
サンタのガラス人形もたくさんありましたが、あえてサンタさん不在で(笑)


札幌三越の地下にある「ジョアン」というパン屋さんで、 
先日、クリスマステイストのパンをいくつか買ってみました。 

木の切り株を模したパンは、チョコクリームたっぷりで 
上に乗っているクッキー生地がしっとりで、なかなか気に入りましたよ。 
その左にある丸いのはコーンパンで、お店で一番人気なんだとか。 
オレンジの紙が巻いてあるパンは、カスタードクリームとりんごジャムが入ってます。 
この組み合わせがまた、ピッタリなんですよね。 


惣菜パンも、油がくどすぎることもなく美味しく戴きました。 
クリスマスらしい配色が、とても楽しげなんですよね。


「レッケリ」という商品も買ってみました。 
フランス・アルザス地方で、クリスマスに食べられているそうです。 
クッキーかと思ったら柔らかいパンで、表面には白いアイシングが。 
アーモンド・シトロンピール・オレンジピール・シナモンが使われてるそうです。 
初めて食べたんですけど、シナモンの風味が独特で美味しかったですよ♪ 



「レープクーヘン」という、スパイスを入れてハートや星の形に焼き固めた 
クリスマスツリーのオーナメントにピッタリの、硬めのクッキーも売られてました。 
今回は買わなかったのですが、こういうのも好きだなあ...。 
 
クリスマスつながりで、もうひとつ。
札幌には街中や公園など、結構いろんなところに彫刻があるんですけど
この「元気地蔵」という彫刻も、クリスマスに合わせておめかしをしていました。 



ちなみに普段は青いフードは着ていなくて、こんな姿をしています。 
個人的にはクリスマスバージョンの方が、可愛くて好きだなあ(笑)

昨日ススキノまで行ったとき、ついでに大通公園まで足をのばし 
今年2回目の「ミュンヘン・クリスマス市」を見てきました。 
前回と違って雪が積もっているので、雪景色の写真が撮れるかなと思ったのですが 
解けちゃってるところが多く、地面がツルツルなだけで景色的にはイマイチ(笑) 
とりあえず、お店のブースをひととおり見てまわりました。 

前に来たとき、これは見なかったんですけど 
この「クッキーキャンドル」の可愛さにやられました。 
自分で買うより、誰かにプレゼントしたいグッズですねっ。 
でも送ったらもうクリスマスに間に合わないし、ちょっと見つけるのが遅かったな。 
本物のクッキーみたいに可愛いです☆ 


クリスマスケーキや、ブッシュドノエルを模したキャンドルもありましたよ。 
リスや松ぼっくりのキャンドルもあって、どれも可愛い! 
私は子供の頃、お年玉を全額使ってデコレーションキャンドルを買うほど 
キャンドルにハマって集めてたんですけど、
最近のものは当時とは比較にならないほど抜群に出来が良くて、つい見とれてしまいます。 

 

ちなみに、札幌スイーツのブースは殆ど売り切れ状態でした。 
お昼前に行ったのに、商品がほとんど残っていなかったので 
イベント開始前に仕入れたものが無くなったら、もう追加発注しないのでしょうね。 
去年もそんな感じだったので、特にお菓子関係は早めの時期に狙うのがいいかも。 

ドイツ語読めないけど、自由に入れる休憩所があります。 
中はストーブで暖められていて、ベンチがあって。 
北海道のイベントでは、こういうブースをよく見かけるんですよ。 
やっぱり、ずっと外にいると寒いですもんね。 


赤と緑の小さなカードとペンが置いてあり、願い事を書いてツリーに飾れます。 
これはどちらかというと、クリスマスツリーではなく七夕では(笑) 
カードの色がクリスマスチックで、いいですねっ。 


 
札幌のこういったイベントでは「ペレットストーブ」というのをよく見かけます。 
主に針葉樹を使ったペレットを燃料にして焚くストーブで、火力が強いんですよ。 
外の寒さで冷えた身体には、とってもありがたかったりします。 
そして大抵、ペレットの見本が置かれているんですよね。 



ストーブの隣には、大きなクリスマスツリーも。 
根元にプレゼントを置いておくというのは、日本ではやらない風習ですよね。 
でも、夢があっていいなあと昔から思っています。 


クリスマス市のフードは、全体的に高めです(笑) 
いや、値段のわりに量が少ないというか...。ちょっと物足りないかな。 


旦那が前回来たときから食べたがっていた「スノーボール」というお菓子と 
「ラム酒入りチョコレートドリンク」を、はんぶんこしました。各600円。 
スノーボールは、バイエルン地方の伝統菓子なんだとか。 
やわらかいドーナツ風の生地を丸く揚げて、砂糖がまぶしてありました。 
チョコレートドリンクは、ラム酒が強く効いていて美味しかったです。 
前回飲んだ「グリューワイン」よりは、まだアルコールは少ないんですけどね。 

 

「アイスバインスープ」という野菜メインのスープです。500円。 
塩分が少なくて薄めの味付けだったんですけど、これはそういうものなのかな? 


「ドイツラビオリ トマトソース添え」こちらは700円。 
皮がモチモチで美味しいんですけど、やっぱり量が物足りなーいっ。 
なんかこれ、MREについてくるおかずみたいな味だった気がします(笑) 
これらのメニューもはんぶんこ。 
種類を多く楽しむには、これが一番ですね♪ 

 
大きな丸いテーブルが、テントの下にいくつも並んでいるスペースがあり 
降ってくる雪を気にせず、屋台で買ったものを食べられるようになっています。 
このテーブルをよく見てみたら、全部クリスマス関係のデザインでした。
すべて手書きです。素朴であったかくて、こういうのっていいなあ...。
とても可愛らしいので、人がいないタイミングを狙って、ひととおり撮ってみました。










市電(路面電車)で、予約していたクリスマスケーキを受け取りにススキノまで行ってきました。

札幌の市電は基本的にラッピングというか、車体の外装が全面広告なんですけど 
きょう乗ったコカコーラ仕様の市電は、車内が完全にクリスマスしていましたよ。 
こんなの初めて乗りました。 
小学生のクリスマスパーティー会場みたいで、なんだかやたらと可愛いぞ(笑) 






調べてみたらこの「クリスマス電車」、今年で10年目なんだそうです。 
平日6~7往復、土日祝日は9往復の運行らしく。 
市電は一日に130往復ほどしてるので、これに当たる確率は1割切ってるんですね。 
道理でいちども乗ったことないと思いましたよ(笑) 

さらに毎年、札幌市交通局の主催で 
この市電を貸切で運行し、大道芸人のパフォーマンスを見ながら 
軽食やスイーツを楽しみつつクリスマスパーティーが行われていたりもします。
参加希望者は抽選で招待され、参加は無料なんですよ。 
一度は参加してみたいなあ...と思っていたりします。
11月のうちに札幌三越で、ネット経由でケーキを予約しました。 
今週、私が夜に自宅にいられるのは今日だけだったので 
受取日指定を12/23(今日)にして、市電でススキノまで行って受け取ってきました。 

いつもとちょっと趣向を変えて、デコレーションケーキではなくバウムクーヘンで。 
カタログにはたくさんのケーキが載っていましたが、これがいちばん可愛かったのですよ。 
清田区の 「ドルチェヴィータ」 というお店が作っているケーキです。 
「うさぎのクリスマス」という名前なんですよ。2100円でした。 


夕方頃、珍しく固定電話に着信。三越からでした。 
受け取ったケーキは本来、賞味期限が12/24なのに 
印刷ミスで、賞味期限が12/22(昨日)になってしまっているので 
急遽ケーキ屋さんと連絡を取り、ちゃんとした日付のものと交換してくれるらしく。 
「19時くらいに自宅までお伺いしますが、お時間は大丈夫でしょうか?」とのことでした。 
シールに印刷した日付が問題というだけで、ケーキの賞味期限には問題ないんですけど 
それでもわざわざ、大急ぎで発注しなおしたらしくて。 

食べるにしても遅めの時間になりそうだったし、OKして待っていたところ 
時間より少し早めに、玄関のチャイムが鳴りましてね。 
三越の社員さんがケーキを届けに来てくれました。 
丁寧な物腰で謝罪してくださいましたが、そのあと大急ぎで戻っていかれました。 
注文した全部の家にまわるなんて、大変だろうなあ...。 

って、あれ? 交換じゃないの? 
玄関先にケーキの箱を持っておいていたのですが、何も言われなかったのです。 
(上の写真を撮ったのはこの後で、その時はまだ箱を開けてなかったのですよ) 
まあ確かに、持ち帰ってすぐ食べてしまった家もあるだろうし 
食べてない家だけ交換、というわけにはいかないのでしょうけどね。 

そんなわけで思いがけず、ケーキが2個に増えてしまったのでした(笑) 



我が家の愛馬、シンボリクリスエスもやってきました。 
撮ったときは気づかなかったんですけど、この写真はどうも 
サンタさんの背後から、そーっと近づいてるように見えますね。
 


包丁でカットするのもけっこう大変なので、そのまま1個ずつ食べることに。 
しかし一人で食べるには、明らかに多すぎる量ですねえ。 
いくら私ら夫婦が甘党だといっても、これは本当に多いっ! 


大きなバウムクーヘンにホイップクリームが乗ってるのですが、 
食べ進めていくと、中心の部分にはカスタードクリームが入ってました。 
途中で味が変わるというのは、嬉しいものですね。 
そしてイチゴも適度に甘酸っぱくて、ちょうどいい口直しになるのでした。 


でもさすがに一度には食べきれず、半分で限界でした(笑) 
残りはラップをかけて冷蔵庫へ。明日また戴きます♪ 

札幌のケーキ屋さんって、お洒落というより可愛いデコレーションが多い気がします。 
こういうデザインのケーキ、かなりツボなんですよね。 
今度、お店にも行ってみようかなと思います。清田区はちょっぴり遠いけど。 

サンタさんの足というかブーツが、どうしても枝豆に見えてしまう~(笑)


札幌コンサートホールKitaraの大ホールで行われた 
「札幌聖心女子学院・創立45周年記念クリスマスコンサート」へ行ってきました。 


クリスマスコンサートといっても、 
単なるクリスマスソングの合唱・演奏ではなく 
タブロー(静劇)という形式でプログラムが進められました。 
イエス・キリストの降誕シーンを、順を追って役者たちが無言で表現し 
聖書の朗読と、女声合唱で演出しているんですよ。 
こういう形式は初めて見たのですが、おごそかな雰囲気が出ていてとても良かったです。 


役者たちの衣装や演技も、生徒たちの合唱も 
普通の中高生レベルではなく、普段から訓練を受けていると思われるほど 
レベルの高いもので、本当に素晴らしいものがありました。 

札幌聖心女子学院というのは、札幌・宮の森にあるミッション系スクールです。 
私は今まで、そんな学校があることは知らなかったんですけどね。 

こういう学校らしく、寄宿舎があるらしいのですが 
新入生には、それぞれ1人ずつエンジェル(先輩)がつき、 
自分のチャイルド(新入生)が寄宿の生活になじめるようにお世話をするとのこと。 
あったかい雰囲気の寄宿舎なんだろうなあ、と思いました。 
年間予定表を見てみると、5月には「ジンギスカンパーティー」が(笑) 
話に聞いたことはあるけど、本当にやってるんですねえ! 

ずっと公立の学校で育ってきたんですけど、 
私立の学校というのは個性的で、どこも面白いですね。 
前は職場に、自由学園を卒業した人がいまして 
ときどきせがんで、学校生活のエピソードを聞かせてもらってました。 

ミッション系スクールに通っていても、クリスチャンというわけじゃないんですよね。 
親や家庭がキリスト教に対して理解が深いとか、 
そういう背景がある子が入学するものなのでしょうか? 

さてさて。 
この時期Kitaraの中庭には、クリスマスツリーがたくさん登場します。 
いい感じに雪が積もっていて、雰囲気バッチリでした。 
ツリーに乗っている白いものが、綿ではなく本物の雪だというのが 
北の地に住む醍醐味かもしれませんね。 
ちょうど昨日は、久しぶりに「ハリー・ポッター」1作目のDVDを 
家で観ていたこともあって、気分はすっかりクリスマスです♪ 


今年は、教会のクリスマス礼拝というものにも行ってみたいな~。 
普段は教会なんて敷居が高いけど、クリスマスは普通の人でも入りやすいし。 
どんなものなのか、ちょっと体験してみたかったりします。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクリスマスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはおうちで手作りです。

次のカテゴリはゲーム&イベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261