札幌☆スープカレーの最近のブログ記事

最近スープカレーを食べていないので、ひさしぶりにスパイスを摂取したくなり
ススキノのスープカレー屋さん 「Suage+」 へ行ってきました。

頼んだのは、パリパリ知床鶏と野菜のカレー(1100円)。
辛さは3にしましたが、もうちょっと上げても大丈夫だった気がします。
チキンが香ばしくて、やきとりみたいで美味しかったですよ。

このお店は、スタッフさんたちの接客がとても良いのです。
昔「Suage」というお店だった頃は、あくまでも普通の印象しかなかったのに
リニューアルして「Suage+」になってから、抜群に良くなっていてビックリしました。

若いスタッフさんたちばかりで、キッチンに結構多くの人数が集まっているのですが
内輪で私語に盛り上がることもなく、客に対して挨拶を欠かすこともなく
呼ぶと笑顔でさわやかに対応してくれて、いつも快適な時間を過ごさせて頂いています。

まあ言ってしまえば、サービス業としては当然の対応ではあるんですけど
スープカレー屋さんは、趣味の延長でやっているんじゃないかと思うようなお店も多く
唖然とするような対応をされることも少なくないので、当たりハズレが本当に大きいんですよ。
Suage+さんは、夫婦そろってお気に入りの数少ないスープカレー屋さんのひとつです。

いつも店内は満員で忙しそうですが、スタッフの皆様には
今後も変わらず頑張って欲しいな~と思います。

前から気になっていた、ススキノの「イエロー」というスープカレー屋さんに行ってみました。

お店の前には黒板に書かれたランチ情報、スープカレー紹介の写真と映像、
そして電話番号が流れる電光掲示板まであって、あまりの豪華さにちょっとビックリ。
なかなか無いと思うんですよ、ここまでやっているスープカレー屋さんって。


ランチタイムを外した時間だったせいか、店内は空いていてゆっくりできました。
テーブルが横並びになっているのは、隣の席を気にしないで済むのでいいですね。
DJブースなんかもありましたよ。お洒落なお店なんですねえ。


すべての椅子の下には、荷物や上着を入れておけるバスケットが。
テーブルごとにバスケットが置かれているお店は、たまに見かけるんですけどね。
椅子ごとに置かれていると、荷物が入りきらない心配をしなくて済みますね。


日替わりメニューや限定メニューは
ラミネートしたカードに書かれ、各テーブルに並べられていました。
売り切れになったら、そのカードを回収していくのでしょうね。わかりやすい!


旦那は「ベーコンステーキのカリー」を辛さ4で。1100円でした。
厚切りベーコン、キャベツ、なす、人参、芋、ピーマン、レンコン、うずらのたまご入り。
ベーコンの大きさと厚さに、旦那は大喜びしていました(笑)
携帯のクーポンで、いももちトッピングをつけてもらいましたよ。


私は定番の「チキン野菜カリー」を辛さ3で。こちらも1100円。
チキンレッグ、ブロッコリー、かぼちゃ、オクラ、芋、人参、ピーマン、
レンコン、なす、うずらのたまご入り。
同じく、いももちトッピングをつけてもらいました。

他のお店だと、ココナッツスープを入れるとこんなクリーミーな色になるので
ここもそうなのかなと思ったら、豚骨と鶏ガラからスープを作っているんだそうです。
なるほど、それでこんな色になるんですね。

こってりした美味しさで、気持ちよい汗をたくさんかきました。
というか、頭皮から汗が出まくって止まらなくなりました(笑)
私はスープカレーを食べてもあまり汗をかかないのですが、これはすごいなあ。

野菜はあまり揚げられていない感じでした。
火が通っていないという意味ではなく、油の使用を最低限に控えているのかな?
あっさりしていましたよ。
そして、トッピングのいももちが香ばしいのなんの!


ライスは無料で大盛にしてもらえるということなので、お願いしたところ
通常170gのところが倍の340gも盛られていて、大量のライスに驚きました(笑)
いやまあ、完食しちゃいましたけどね。お腹パンパンです。
スープも多めだったので、途中でライスを食べるのに困らずに済んで助かりました。


旦那のカレーに入っていた厚切りベーコン、引き上げたらこんなに大きかったのです。
ベーコンはやっぱり、これくらいたっぷりあると満足感が違いますよね。


私のカレーのチキンレッグも、ためしに引き上げてライスに乗せてみたところ
「チキンどんぶり」みたいになってしまいました。これも結構大きいなあ。
写真だとわかりづらいですけど、これはかなりボリュームのある大盛ライスなんですよ。


たくさんこだわりが感じられるお店でした。美味しかった~!
夫婦そろって気に入ってしまったので、これからリピートしたいなと思います。
ご馳走様でした♪


共同購入型クーポンサイト「Do★Pon!」で購入していたクーポンで
市電通り沿いの「てら家 中央店」に行ってきました。

札幌市内で食べ歩きするのが好きなので、いろいろなお店を開拓するべく
気になったクーポンはなるべく購入するようにしているのですが、
使用期限ギリギリに未使用クーポンが何枚も残ってしまうことがあり、そういうときは焦ります(笑)
3月~4月は、そういう理由で外食に出かけることが多かった気がしますね。

さて、てら家さんを利用するのは初めてなのですが
購入したクーポンは、スープカレー「こんがりやわらかちきん」、ラッシー、デザートのセット。
通常価格1500円が750円でした。

チキンのにおいに少し強いクセがあり、それがスープ全体に絡んでいて
残念ながら、ちょっと苦手な味でした…。
ところで器に店名が書かれていると、写真を見て一発でわかる利点がありますね(笑)


デザートは、白玉とアイスに黒蜜ときなこがまぶしてあるもの。
これはとっても美味しかったです。また食べたいなあと思いましたよ。


仕込みの準備の都合らしく、ラッシーを最後に提供されました。
ラッシーにガムシロップがついてきたのは初めてなので「よほど甘さが少ないのかな?」と思いきや
飲んでみると甘酸っぱくて美味しくて、ガムシロップは使わずに済みましたよ。


仕事の帰りにススキノで旦那と合流し、
札幌へ越してきた時からずっと行こうと思っていた 「スープカレー&バー 龍祈(たつき)」 へ。
スープカレーに詳しいAir-Wind氏から、オススメのお店として聞いていたんですよ。
なかなかきっかけがないままだったんですが、ようやく足を運ぶことができました。

テーブルにはまだ空きがあったものの、何故かカウンターへ案内されました。
でも後から気づいたんですが、このお店は窓から見える景色よりも
カウンターの方が雰囲気が味わえて、なかなかいい感じなんですよね。
なんだか、ディズニーランドの「グランマ・サラのキッチン」を強く思い出す雰囲気でした。
あたたかい雰囲気で、妙に居心地が良いのです。

私は定番の「チキンカリー」を、辛さ1で頼みました。1100円。
キャベツ・にんじん・なすピーマン・オクラ・ブロッコリー・パプリカ・じゃがいも・ゆでたまご入り。
もちろん主役の、骨からすぐ身が外れるほどやわらかいチキンも♪


旦那は一日限定20食の「厚切りチャーシュー(ロース)カリー」を、 辛さ6で。
こちらは1200円でした。


厚切りチャーシューはスープに沈んでいて見えなかったのですが、
スープから引き上げてみると、本当にものすごく分厚くてビックリしました。
これはボリュームありますねえ。旦那は満足感がたっぷり味わえたようでした。


私のチキンカレーも、スープからチキンを引き上げてみました(笑)
どうしても肉類はスープに沈んでしまうので、せっかくだから別枠で撮っておかないと~。

スープはいわゆる「こってり系」で、個人的に好きなタイプでした。
ちなみに私はいつもスープカレーを食べるとき、先に具をすべて平らげてから
ライスをすべてスープに投入し、おじやのようにして食べるのが好きだったりするんですが
スープとライスの量はお店によってまちまちなので、途中でスープが足りなくなることもあります。
でも、このお店はとてもスープが多いようで、ライスを食べきってもたっぷりスープが残りました。

夜遅くまで営業しているようですし、また機会があったら来たいなと思います。
ご馳走様でした♪


今まで複数の共済に加入していたのですが、保障がちょっと心もとないな…という気がしていて
夫婦そろって保険の見直しをしたいということを、何ヶ月か前から考えていました。

いろいろ検討した結果、アリコに勤めている「まめ」くんにお願いすることに。
彼とは15年ほど前に私がベーマガで会員募集したサークルで知り合い、
主に郵便やネットでやりとりしてきたんですが、お会いするのは初めて!
とても詳しくわかりやすい説明で、彼のところで加入することができて良かったなと思いました。
(詳細については、また今度改めて別エントリにて書きますね)

今回も実は、郵送でやりとりできればいいかなと思っていたんですが
なんと、まめくんが三重から札幌まで契約と説明のために足を運んでくれたんです。
しかも前々から約束していたその日は、あの大震災の翌日でした。
彼はちょうど震災の前日から札幌入りしていたため、影響を全く受けずに済んだそうです。
とはいえ何かと大変だったと思います。遠いところからありがとうございました。
今後、よろしくお願いしますね。

自宅で説明を受けたり書類を書いたりしたあと、「パークポイント」というスープカレー屋さんへ。


札幌駅の地下街で、疲れた身体を休めるためにお茶したりもしました(笑)
これは私が頼んだ「あんみつパフェ」だったかな。猛烈に甘かったです。


ちょうど開通したばかりの「札幌駅前通・地下歩行空間」へ。
これで、すすきの駅から札幌駅までは地下をとおって移動できるようになりました。
雪の季節には、とてもありがたい存在になってくれそうです。


「白い恋人」のPRになっているスペースもあり、
観光客らしき人が、この前で記念撮影していましたよ(笑)


★2011/02/12

雪まつりを見に札幌へ遊びに来ているこばPちゃんと、ススキノの「SHO-RIN」で遅めの昼食。
二人とも、チキン&ベジタブルカリー(1150円)に、雑穀ライス(プラス50円)を注文しました。

オクラが2本入ってたんですけど、なぜか1本は猛烈に固くて噛み切れませんでした(笑)
それを除けば、いつもと同じ美味しいスープカレーでしたよ♪

札幌へ遊びに来てくれた人には、ぜひともスープカレーを体験していってもらいたいので
時間的にも場所的にもアクセスしやすい「SHO-RIN」に誘うことが多いのです。
こばPちゃんにもスープカレーの美味しさを体験してもらえて、よかったよかった。

基本的にお誕生日には、スープカレーを食べに行くことにしています。
旦那のお誕生日だった今日は、初めて訪れる 「パークポイント」 というスープカレー屋さんへ。

店内は、外から見るよりずっと広い空間でした。
雪の中を歩いてきて寒かったので、ストーブにいちばん近いテーブルに座らせてもらいました。

旦那が頼んだのは、インドカレーのチキン(780円)。
札幌黄というたまねぎを飴色になるまでじっくり炒めて、たくさん入れてあるそうです。
たまねぎとスパイスに、とことんこだわっているお店なのですね。
ライスの上に乗っているピクルスも、いい箸休めになりそう。

サービスで、ヨーグルトをつけてくださいました。
とてもトロミが強いヨーグルトでしたが、普通のヨーグルトとは違う作り方なのかな?


そして私が頼んだのは、スープカリーのチキンレッグ(1050円)。
辛さ設定は無く、一緒に運ばれてくる辛みペーストで調節するスタイルです。
でも、そのままでちょうどいい辛さだったので、ペーストは入れずに戴きました。

骨がすぐ外れるやわらかいチキンレッグがドンと入っていて、
かぼちゃ、なす、ピーマン、じゃがいも、パプリカ、にんじん、水菜、たまねぎ…と、野菜もたっぷり。
ゆでたまごが入っているのも、辛さをやわらげてくれて嬉しいんですよね。


ミニサラダ(180円)もつけてみました。
思ったよりボリュームがあり、いろんな野菜が入っていて満足感いっぱい!


とっても美味しいカレーだったので、また食べに行きたいなと思っています。
ご馳走様でした♪
私の誕生日=加齢記念日=カレー記念日でした。
そんなわけで毎年この日は スープカレーを食べることにしています(笑)
今年は「lavi 札幌エスタ店」に行ってみました。

私が頼んだのは、角煮to野菜カレー・辛さ4・ココナッツスープ。 


旦那が頼んだのは、鹿肉to野菜カレー・辛さ4・オリジナルスープ。 


場所的にも時間的にも人が多くて、ちょっとあわただしいランチになりましたが...
別料金になってしまうけど、ココナッツスープを加えるのは、辛さがマイルドになるのでいいですね。
ご馳走様でした。
市電通り沿いに「カレマニアン」というスープカレーのお店がありましてね。
ブログにレポートをアップしそこねていましたが、前に一度食べに行ったことがあり
とっても美味しかったので、また行きたいなと思っていたんですよ。

ちょうど2周年を迎えられたらしく、10/1(金)~10/3(日)までのあいだ
スープカレーの全メニューが500円ということだったので、またお邪魔してきました。
こういうイベントって、オープン記念日の当日だけ開催されることが多いのに
3日間も連続開催してしまうなんて、なんという太っ腹なお店なのでしょう。

カレマニアンのブログを、ちょくちょく読んでいたりするのですが
スープカレー屋さんとして書いてるのに、カレーのことが書かれる日があまり無かったり
店長さんの自転車が盗まれてしまい、もう戻ってこないだろうと思ったら取り返すことができて
急遽「チャリンコお帰りフェア」と称して、お得な値段設定のサービスが4日間開催されたり...と
なんだかとても面白いお店なのですよ(笑)

そんなわけで、今回の2周年フェア。
週末だったこともあり、土・日と続けてお邪魔してきてしまいましたっ!


このお店は、スープカレーがフォンデュ鍋で提供されるんですよね。
最後までアツアツの状態で食べられるので、とっても嬉しい配慮だなあと思います。

土曜日に私が頼んだのは「ベーコンマニアン」辛さ3・ライスMサイズ。
チキンレッグのトッピングが通常300円のところ150円だったので、スープインでお願いしました。
わーい、なんて贅沢なんだろう♪
ベーコンは味がしっかりしていて肉厚で、美味しかったです。
チキンも柔らかくていい感じ。野菜もいっぱいですよ。


旦那が頼んだのは「ラムマニアン」辛さ3・ライスMサイズ。
揚げゴボウのトッピングをつけてあります。
このお店のスープカレーはみんな「~マニアン」というネーミングなんですよね。面白いなあ。


そして日曜日、2日目の来店。
旦那が頼んだのは「ナットリマニアン」辛さ3・ライスLサイズでした。
ナットリマニアンは割と最近登場したメニューで、納豆とチキン(鶏)でナットリなんだそうです。
納豆に合わせて食べやすくしてあるのか、野菜も細かく刻んでありましたよ。

カレマニアンのスープは、いわゆるこってり系。トマトベースなのかな?
なんとなく、デミグラスソースみたいな風味を感じたりもします。


私が頼んだのは「ヤサイマニアン」辛さ2・ライスMサイズ。
昨日に引き続き、チキンのトッピングをお願いしました。今日はスープインではなくライスオンで。
ヤサイマニアンは名前のとおり、野菜がたっぷり摂取できちゃいます。
キノコも舞茸とシメジの2種類が入っていて、しかも結構ボリュームがあるんですよ。
丁寧に盛り付けられていて、野菜がスープの中に沈み込まないのも、見た目が賑やかで嬉しいな。
いろんな野菜が入っていても、スープに沈んでしまっていると、ちょっと残念なので。


チキンはライスオンにすると、香ばしさが楽しめて良いですね。
でも途中から、スープの中に入れてしまいました。個人的にスープインの方が好きなのかも。
ライスの盛り付けも洒落てます。
ちなみにライスのMサイズは180g。具だくさんなので、お腹いっぱいになります。


2日連続でスープカレーを食べに行ったのは、たぶん初めてです。
こんな美味しいメニューを500円で戴くことができて、ラッキーでした。
冬になって雪が積もるとちょっと行きづらくなるけど、市電に乗ってまた来たいなあ。
ご馳走様でした&2周年おめでとうございます!
いつも何かとお世話になっている ダリア(旧みー)さん と、
夜のススキノで美味しいものを食べながら、いっぱいお喋りしてきました♪

まず行ったのが、最近お気に入りのスープカレー屋さん 「SHO-RIN(ショーリン)」
二人そろって頼んだのは、チキン&ベジタブルカリー(1150円)+雑穀米(50円)でした。
携帯クーポンでソフトドリンクを選べたので、私はコーラ、ダリアさんはアイスコーヒーを。
いつ来ても安定した美味しさで、幸せいっぱいになれてしまいます。
私はサラサラ系スープより、SHO-RINのようなこってり系スープの方が好きなんですよね。


次に、知る人ぞ知るパフェのお店「ぴーぷる・ぴーぷ」へ。
このお店にダリアさんをご案内したくて、行きましょう行きましょうと言いながら
お互いにスケジュールがなかなか合わず...いや、どちらかというと私の都合が多く(笑)
1年くらい前から約束していたのですが、ようやく実現しました!

到着すると店内はほとんど満席で、唯一空いていた地下エリアのいちばん端のテーブルへ。
長居していたら他のお客さんがそのうち全員いなくなったので、久しぶりに写真を撮ってみました。
撮影する1時間くらい前までは、あまり広くはないこの空間に、10人以上のお客さんがいたのですよ。


お気に入りの「ラム酒とカスタードのプリングパフェ」を注文しました。
ラム酒の強さと甘くない生クリームの組み合わせが絶妙で、幸せに浸りながら完食♪
ダリアさんは、個性があまりにも強いこのお店に衝撃を受けながらも面白がってくれて
パフェも気に入ってくれたみたいなので、よかったよかった。


このお店は、9月限定の「ヴルーベリーパフェ(ブルーベリーではない/笑)」が大人気。
マスターが仁木町まで自ら摘みに行って、それをパフェにして出しているんです。
まだ私も食べたことがないんですけど、この日はたまたま出てたんですよね。
しばらくあるだろうし、来週また食べに来ればいいかなあと思って頼まなかったのですが
会計の時マスターに聞いてみたら、どうも今日が今年最後のチャンスだったようで(笑)
わーん、やられたっ!

「ヴルーベリーパフェ」は本当に美味しいらしく、
知っている人は時期を狙って来店し、狙って注文するくらいなのです。
9月中ならずっとあるというわけではなく、だいたい2~3週間でなくなってしまうとか。
どうも今年は例年に比べて、なくなるのが早かったらしいんですよね。
マスターいわく、グループで来店したお客さんが全員ヴルーベリーパフェを注文するというのが
一日続くことが何度かあったとか。
この日も、ひとりでヴルーベリーパフェを4杯食べていったお客さんがいたそうなんですよ。

他のお客さんがみんな帰るくらいまで残っていたのに、なんという不覚!
来年は絶対にリベンジしましょう、ダリアさん(笑)

さてさて、ぴーぷる・ぴーぷは照明も暗く、あまり長居してお喋りするには向かないので
ゆっくり過ごすために「喫茶サンローゼ」へ移動しました。
飲食店ばっかり巡ってますが、一箇所に長時間いづらいお店ばかりだったので...。
その点サンローゼは、ゆっくりお喋りするにはうってつけの雰囲気なんですよ。
実は旦那と前日にも来てたんですけど、偶然にも同じテーブルに案内されました。

バナナジュース(560円)を注文。ダリアさんはアイスコーヒー。
ちゃんとバナナをジューサーで搾って作られているようで、自然の甘さが心地良かったです。
パフェを食べた直後にこんな甘いもの頼むのも、我ながらどうかと思ったんですが
サンローゼは最近すごくお気に入りで、機会があったらいろんなメニューを試してみたいのですよ。


ここでも、いろんなお話で盛り上がりまくりました。
さっきのパフェに入っていたラム酒が効いているのか、
ダリアさんの面白い話を聞いていたら、笑いがとまらなくなっちゃいました。
こんな時間を過ごすのは久しぶりで、いっぱいエネルギーを充電できましたよ。
お付き合い頂いて、ありがとうございました♪>ダリアさん
東急ハンズ近くにある「スープカリー専門店 ドミニカ」へ、初めて行ってきました。
お店の近くを通るたび、スパイスの良い香りに惹かれていたんですよね~。

スープが黄・黒・赤・白の4種類から選べるとのこと。
そして、サラダがおかわり自由というのが、嬉しいサービスなんですよね。

旦那は黄スープで辛さ4、トントロのスープカレーを選んでいました。950円。
トントロは、ライスの上に乗った状態で提供されます。
カレー味の甘辛いタレがライスによく合って、それだけで美味しくて大満足だったようです(笑)


私は赤スープで辛さ3、野菜カレーを頼んでみました。こちらも950円。
赤スープは、トマトベースなんですよ。
ごま油の味が強く出ていて、ちょっと癖のある味だったかな?

串に刺さっているのは玉ねぎで、スープの中でバラバラにならないようになっていました。
手前に見える丸くて白い野菜は長芋ですね。シャキシャキでスープカレーに合うなあ。


各テーブルには、感想やコメントが書けるノートが置かれていました。
昔はこういうノートを見ると、嬉々としてコメントを残していたんですけどね。
いろんな人のコメントを読んでいるだけで、こちらまで楽しい気分になってきました。

お店のお兄さん(店長さんかな)は、とてもフレンドリーな接客をしていました。
まるで家に来た人をもてなしているかのように、客のひとりひとりに言葉をかけている感じで
会計を済ませて帰るときも、あちらから先に視線をはずすということをしないのです。

同じく接客業をしている身として、いろいろと勉強になりました♪
理屈ではわかっていても、実際にそういう接客をされると、大切さが改めてよくわかるんですよね。


余市のニッカウイスキー蒸溜工場と、丘珠空港へ行ったあと
チュッタ平岸店で、スープカレーを食べてきました。
せっかく札幌へ遊びに来たmansei3さんには、やっぱりスープカレーを食べていって欲しくて。
まだスープカレーは食べたことがないというので、なおさらオススメしたいんですよね。

携帯クーポンで、ラッシーのサービスをして頂きました。
こういうサービスは、お得感があって嬉しいですよね。


旦那が頼んだのは、平岸店限定メニューの...名前を失念してしまいましたっ。
辛さ4だったと思います。1050円。
大きなカツが入っているのがポイントで、とても食べ応えがありそうでした。


私が頼んだ「ポーク角煮・辛さ3」1050円。
もうちょっと辛くしてもいけるかなと思ったけど、途中から刺激で喉がキツくなってきました(笑)
ポークはやわらかくジューシーで、なかなかの美味しさ。
にんじんが大きくて甘いのも良かったです。
欲を言えば、もうちょっと野菜が多かったら、もっと嬉しいかな♪


いちのせくんが北海道旅行に来ていたので、旦那ともどもススキノで待ち合わせして
最近お気に入りの「SHO-RIN」で、スープカレーを食べてきました。

みんなで会うのも久しぶりで、いろんな話で盛り上がりましたよ。
いちのせくんと知り合ったのは、コナミの「ウインビーアイドル化計画実行委員会」編集会議。
かなり長いお付き合いをさせて頂いています。


私が頼んだのは、アスパラとベーコンのベジタブルカリー(1100円)。
ベーコンがなかなか肉厚で、食べ応えがありましたよ。
携帯クーポンで、プレーンラッシーをサービスして頂きました。


このご時勢ですし、外食は控えた方がいいんだろうなあと思いつつも 
スープカレーだけはどうしても、定期的に食べたくなります。 
スパイスと大量の野菜で、身体にも良いですしね。 

薬じゃないけど、身体を活性化させてくれるのは確かだと思うので 
そういう意味では自己投資のひとつなのかな~と思ってみたり。 
だってスーパーの野菜、美味しくないんだもん...。 
(↑北海道に越してきてから、明らかに舌が肥えてしまってます) 
本当は週に一度くらい食べに行きたいけど、予算の関係で今月は2週に1度。 

今日は「メディスンマン」というスープカレー屋さんへ行きました。 

旦那が頼んだのはチキンカレーHOT1、トッピングに揚げごぼうダブル。 
ここの揚げごぼう、お菓子みたいにサクサクしていて美味しいんですよ。 


私はチキンカレーHOT1、トッピングにベーコンを選びました。 
チキンも大きくてボリュームたっぷりなのに、ベーコンがまた厚切りジューシー! 
めちゃめちゃ満足度が高かったです。ご馳走様でした~。 



札幌には、カレーと餃子を出している「みよしの」というお店があります。 
組み合わせが独創的ですよね。 

昨日仕事から帰ってきたあと、初めて行ってみました。 
なんたってここには「ぎょうざカレー」なるメニューがあるので(笑) 
存在は2年前から知ってたんですけど、なかなか来られなかったんですよね。 
外でカレーを食べようと思ったら、スープカレー屋さんに行っちゃうので。 

店内でメニューを見てみたら、本当に餃子とカレーばかりなんですよね。 
サイドメニューは、サラダとか杏仁豆腐くらいしかなくて。 

そんなわけで、問題のぎょうざカレーなのですが… 
餃子とカレーとごはんを一緒に食べると、味がバラバラのままで実に面白いです(笑) 
思ったより違和感は無いものの、「餃子カレー」というよりは 
「カレー餃子」をおかずにごはんを食べているという感じでした。 

しかし、みよしので出される餃子は美味しいなあ。 
そこらのラーメン屋さんで出るものより、個人的に好みの味でした。 
ふっくらしていて柔らかくて、蒸し加減がちょうどよくて。 
皮があまりパリパリしすぎてるものよりも、こっちの方が好きなんですよね。 

今度は普通に、餃子の定食を食べに行ってみたいなと思います。 
ぎょうざカレーは、話のタネに一度食べてみたかっただけなのでした(笑) 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち札幌☆スープカレーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは札幌☆スイーツです。

次のカテゴリは札幌☆パンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261