ディズニーリゾートの最近のブログ記事

ディズニーリゾートのグッズを通販で買えるネットショップで
クリスマスのグッズを少し注文してしまいました♪

これはオーナメントの形をした容器に、キャンディやクッキーが入っているもの。
各オーナメントの大きさは、キャンディが2個入るくらいかな。
我が家のツリーは小さめなので、枝に付けるにはちょっと大きいのですが
ただ並べておいても、なかなか可愛らしくていい感じです。

でもこれ、ジンジャーブレッドマンのラインが…!
殺人現場の実況検分みたいに見えなくもないです(笑)


大きなドナだるまのぬいぐるみも購入しました。
雪だるまミッキーやミニーは以前から存在してましたが、ドナルドは初登場。
すっごく可愛くて、パーク内でも大人気だそうですよ。

ディズニーシーで見つけたパーク内のハロウィンの飾りが、どれも可愛くて…。
特にダッフィーは、思わず目を奪われる可愛らしさでした♪



魔女の飾りもありましたよ。これもとっても可愛かったです♪
建物とうまく調和しているのが、またなんとも言えずいい感じでした。


先日ディズニーランドに行ったとき、朝いちばんにディズニーギャラリーで
「ディズニー・ドローイング・クラス」という、みんなでディズニーの絵を描くレッスンを予約してきました。
30分かけて白黒で描くクラスと、60分かけてカラーで描くクラスがあり(絵柄は数種類あります)
せっかくだからと、カラーで魔法使いミッキーを描くクラスに参加することにしました。


会場はディズニーギャラリーの2階で、椅子の背もたれがミッキーでした。
30人ほどが一緒に参加できるようになっています。


机にはこんな感じで、色鉛筆が入った箱と、絵を描くための紙が置かれていました。
この紙は裏返しの状態で撮影してしまったんですが、表側にはファンタジアの背景を模した柄が。


箱の中には、青・黄・黒・赤の色鉛筆が入っています。
色鉛筆のデザインも、入っている箱のデザインも素敵でしょ♪
終わったあとは持ち帰らせてくれるんですよ。


先生は線の入れ方を説明しながら、めちゃめちゃ上手にミッキーを描いていき
スクリーンに映された先生の絵を見つつ、必死でそれを追いながら描く私たち参加者。
基本的にデッサンのあと太い線で決めるという方法で、消しゴムは使わないのです。
紙も葉書サイズとかなら構図を決めやすいけど、B4サイズと結構大きめなので
大きさのバランスを把握するのが、絵を描き慣れていない身にはかなり難しいんですよね。

先生は笑いながら、何度も何度も笑顔で優しく
「完全に私の絵に似せようとしなくてもいいんですよ♪」
「私も描くたびに仕上がりが違うので、自由にのびのび描いてくださいね♪」
と言ってくれるのですが、手元にお手本があるわけでもなく、消しゴムが使えるわけでもなく
初めて見る構図がスクリーンに素早く描かれていくのを、リアルタイムに追いながら描くのは
思ったよりずっと難しくて、とっても大変でした。

模写だったらまた違うんですけど、そうじゃないんですよね。
「このあたりにこれくらいの大きさの丸を描いてください♪」
「そうしたら、三分の一くらいの場所に、こんな感じに線を引いてください♪」
といった感じで、パーツごとに描いていくんですよ。
完成した構図は最後までわからないので、全体を把握するのが結構大変なのです。

説明を聞いたら同じスピードで線を決める必要があり、一度タイミングを逃すとわからなくなります。
サポートのキャストさんが何人かいて、すかさずフォローに来てくれるんですけどね。
あまり考えずに参加しちゃったけど、これっていちばん難易度が高いクラスなのでした。
先生はニコニコしながら、結構シビアなことを要求してきます(笑)

でも能動的にこういうのに参加するのはとても楽しくて、
今回ディズニーで遊んだ中でも、強く印象に残る経験になりました。
難しかったけど本当に楽しく、今後は行くたびに参加してみようかなと思っています。

下手だけど恥をしのんで公開。私が描いたミッキーです。


そしてこちらは、旦那が描いたミッキー。
同じ説明を受けながらも、描く人によって癖や個性が出るのが面白いですよね。


参加者みんなで絵を見せ合い、60分のクラスは笑顔に包まれたまま、あっという間に終了。
描いた絵を持ち帰るための台紙と、それを入れるための取っ手つきの丈夫な袋が配られます。
この台紙がとても綺麗で、思わず見とれてしまいます。
真ん中の楕円形の部分はホログラムで、角度を変えると絵が変わっていくんですよ。


台紙を開くと、今回参加したコースの名前や、描いたキャラが印刷されています。
時期やキャラによって台紙も違うようで、これをコレクションしている人もいるのでしょうね。


ホログラムは2種類くらいの絵が隠れていることが多いですが、これは8種類くらいになっていて
デッサンから色塗りまで段階を追って描かれていく魔法使いミッキーが見られます。
実際のクラスも、こんな感じで描き方を教わったんですよ。
私は適当に一発描きをする奴なので、こういう描き方はいろいろ勉強になりました。


それにしても、こんなにいろんな絵が隠されているホログラムは初めてです。
これを手に入れるために、ドローイングクラスに参加するのも良いのではないかと思うくらい(笑)


ちなみに、先生が説明しながらハイスピードで描いていったミッキーのお手本が、こちらです。
スクリーンに映したままにしてくれたので、撮影させてもらっちゃいました。
こんなにさらさらっと可愛いミッキーを描ける才能は、とってもうらやましいなと思います。
普段まるで絵を描かないけど、たまにはこんな時間を持ってみるのも良いものですね♪

ディズニー・ドローイング・クラスは、ワールドバザールの「ディズニーギャラリー」で開催されます。
30分かけて白黒で描くスタンダードコースが500円、
60分かけてカラーで描くアドバンスコース(今回参加したもの)は1000円で体験できます。
朝のうちに予約しておかないと、結構すぐ予約がいっぱいになってしまうようなので
参加してみようと思う方は、早めに行かれることをオススメします!


魔法を思い出せる場所

| トラックバック(0)
ミッキーとミニーは、いつ見ても可愛いし仲良しですね♪
見ていると、こちらまで癒されるのを感じます。

私は昔から魔法の概念が好きなのですが、日常のリアル生活では流されることもしばしば。
ディズニーリゾートに来ると、大切な魔法を一瞬で思い出すことができます。
ちょうどシーの10周年イベント「Be Magical!」開催中ということもあり、
たっぷりと魔法の空気に浸ってくるのも、今回の目的のひとつでした。
札幌に戻ったらまたしばらく来られないので、そのあいだ魔法を忘れずにいられるよう
魔法の杖(マジカルワンド)も作って、持ち帰ってきましたよ。

シーには一度も来たことがなくて、10周年の今年になって初めて魅力を知りました。
そして私がランドに年パスで通い始めたのも、10周年の「It's Magical!」開催中だったんですよ。
偶然なんですけど、よほど10周年という節目に縁があるのかなあと思います。





10月12日にTDLで撮影した写真を、何枚か載せてみようと思います。

今回の滞在で遊んだアトラクション、記念に書いてみますね。 
平日だったせいか、全体的にとても空いていました。 
どのアトラクションも5分~25分待ちくらいで乗れる状態だったんですよ♪ 

携帯のディズニーサイトで、各アトラクションの待ち時間やファストパス発券状況が 
リアルタイムで確認できるので、それを利用しながら回ってみました。 

★ディズニー・ドローイング・クラス/アドバンスコース 
★カリブの海賊 
★スペースマウンテン 
★ビッグサンダーマウンテン 
★スターツアーズ 
★グランドサーキット・レースウェイ 
★魅惑のチキルーム”アロハ・エ・コモ・マイ!”(←初めて) 
★バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(←初めて) 
★ミッキーのフィルハーマジック(←初めて) 
★キャプテンEO(←復活後は初めて) 

ランドのアトラクションは、もう飽きるほど乗ってるので(笑) 
特に大好きなスペースマウンテンとビッグサンダーマウンテンに乗れたら 
あとはもう、まったり過ごせばいいやと思っていました。 

行ったことないアトラクションが結構多かったので、新鮮な気分でしたよ。 
チキルームはスティッチが出るようになってから入ったことなかったし 
アストロブラスターはいつも混んでいて避けていたし、 
フィルハーとキャプテンEOは、行きたかったけどこの2年間は東京に行けなくて。 
スペースマウンテンとグランドサーキット・レースウェイは、2回乗りました。

ドローイングクラスでは、魔法使いのミッキーを描いてきました。
これは近日中に、別エントリにて写真を載せますね。 

そんなわけで以下、写真が14枚ほど続きまーす!
ディズニーに出かけると、自分の姿を記念に残すのではなく
キャストさん・遊んでいるゲスト・背景が調和している光景を残すのが大好きです。
東京滞在中に写真を1000枚ほど撮りましたが、自分達の写真は1枚も撮りませんでした(笑)

スペースマウンテンの乗り場。昔は赤が主体だったけど、今は青に変わりましたね。


エントランスに飾ってあったカボチャの一部。チップとデールかな?


ビッグサンダーマウンテン入口。このあたりに充満している機械油のような匂いがたまりません(笑)


シンデレラ城はやっぱりカッコいいなあ。ここで衛兵してみたいです(姫ではなく)


あまりにもファンタジックなカボチャ。魔法使いミッキーの帽子デザインなのかな?


ワールドバザール・コンフェクショナリーにて。甘そうな服ですねえ♪


スプラッシュマウンテン入口。昔よく一人で乗って、写真をいっぱい撮ってました。


ウェスタンリバー鉄道。機関士のおじさんが手を振っています。


蒸気船マークトウェイン号。ラッキーナゲットカフェ前で、みんなに手を振るのが楽しいんですよね。


スターツアーズ搭乗ゲート手前。いよいよ着いた…と思える、きらびやかな光がたまりません。


グランドサーキット・レースウェイ。夜も雰囲気があって楽しいんですよね。


スペースマウンテン入口。TDLでいちばん好きなアトラクションです。
昔は落ち込むと仕事のあと来て、スピードに身をまかせて気持ちをリセットしてました。


夜のシンデレラ城。月が出てると「悪魔城ドラキュラ」を連想してしまいます(笑)


夜のワールドバザール。夢と現実の狭間にいちばん近い場所…複雑な気分になるのです(笑)


10月12日~14日の3日間、マルチデーパスポートを使って
ディズニーランドとディズニーシーで、旦那といっぱい遊んできました!

東京に住んでいた時は、年間パスポートでしょっちゅう通っていたのですが
北海道に越してからは1年に1度くらいしか行けなくなって、とても物足りない思いをしていたのです。
もともと二人そろってテーマパークが好きで、テーマパークがきっかけで結婚したので(笑)
去年は休みがとれなくて行けなかったので、2年ぶりに遊びに行って来ました。
久しぶりの東京は暑くてビックリ!

後悔しないよう、めいっぱい遊んで食べて買い物してきました。
ここでの楽しい記憶は、自分達に何ヶ月もエネルギーを与え続けてくれるので…。
海外旅行にもあまり興味がないし、年に一度の充電期間なのですよ♪

写真を1000枚ちょっと撮影してきたんですけど、
まずは、3日間にパーク内で食べたものを、思い出として記録していきますね。

どれも楽しいフードばかりで、何を選ぼうか選んでいる最中も 
食べているときも、写真を撮っているときも、こうやって写真を見ているときも 
わくわく感がいっぱいになってくるんですよね♪ 

とはいえ、3日間ずっとこういうった食事ばかり続けるというのは 
実際やってみると、かなり辛いものがありました。 
なるべく野菜を多めに食べてましたが、パンとデザートばっかりなんだもの…。 
海外旅行に日本食を持っていく人の気持ち、わかったような気がしましたよ。 

ディズニーランドには年パスで何度も通ったけど、2日連続とかも避けていたので 
3日間ずっと滞在するというのは、本当に初めての経験だったんですよね。 
写真は撮らなかったけど、3日目はさすがにかなりしんどくなり 
昼食にはピクニックエリアで、ホテルの近くで買ったオリジン弁当を食べましたよ(笑) 

1日だけ遊びに行くぶんには、パーク内で好きなものを食べちゃってOKだけど 
連続して何日も行く場合、途中で趣向を変えないとちょっと辛いなあと思いました。 

---------------------------- 
まずは1日目のディズニーランド。2年ぶりのインパークにわくわく! 
----------------------------

★ベーコンとパイナップルのピザ@キャプテンフックス・ギャレー 
パイナップルの甘酸っぱさが大好きで、パークに行くと必ず食べてます。 
このお店は昔からメニューが変わらないから、安心して行けるのが嬉しいな。 
パレードの最中だったせいかお店はガラガラで、すぐ買うことができました。 


★スモークターキーレッグ@ラッキーナゲット・カフェ 
ボリュームたっぷりのターキーレッグ。 
ディズニーランドで七面鳥の味を初めて知りました。これも毎回の定番。 
以前は筋がいっぱいで食べるのが大変だったけど、 
今回は骨離れも良く、すごく柔らかくジューシーになっていて驚きました。 
素材か調理法を変えたのかな? 満足度が大幅アップしていました。 


ネコさんも満足そうでした♪ 


★ミルクソフトクリーム@スクウィーザーズ・トロピカル・ジュースバー 
ものすごく陽射しがきつくなって、暑さが厳しくなってきたので 
ここは確か南国系の爽やかデザートがあったはず! と思って来たのですが、 
メニューが変わって、ミルクソフトとかパンプキンソフトとかになってました(笑) 
いやー、今はそういうこってり系じゃなく、さっぱり系が欲しい…と思いつつ 
悩んだ結果ミルクソフトを選択。暑さであっという間にクリームの先が玉状に。 


★ツナサラダ@パン・ギャラクディック・ピザ・ポート 
3日間もパーク内で食事をすることを考えると、どうしても野菜不足になるので 
少しでも足しになるよう、休憩を兼ねてサラダを食べました。 
ソフトドリンクで無駄に糖分を増やすのも気が引けるので、ドリンクはお水。 
ここのフレンチドレッシングは好き~♪ 
店内はガラガラで、2階中央のトニー・ソラローニ真正面の席を確保して 
かなり長いあいだ休ませてもらっていました。 


★ミッキーグローブ・チキンパオ+野菜サラダ+フレンチポテト@プラザ・レストラン 
せっかくなので、なるべくミッキーの形のフードを食べたいなと思っていました。 
プラザ・レストランは今まで何度も利用しましたが、昼も夜も雰囲気が良いんですよね。 
今回はガラス越しにパークの夜景を見ながら、こんな夕食をとってみました。 


ミッキーのグローブで、甘酢のかかったチキンをサンドしてあります。 
両手でチキンをはさみこむ感じ。見た目も可愛くて楽しいんですよね~。 


------------------
そして2日目は、初めてのディズニーシー♪ 
------------------ 

★ストロベリーポップコーン@ポップコーンワゴン 
初めて食べましたが、これは子供の頃食べた「いちごパピー」の味と香り(笑) 
香りが強いわりにさっぱり味だったんですけど、結構くせになりそう。 
「アクアトピア」を眺めながら食べました。 


★シーソルト・アイス@マーメードラグーン内アイスクリームワゴン 
「ワールプール」の遠心力が思ったより凄くて、すっかり酔ってしまい 
気持ち悪いのを落ち着かせるために、塩味の効いたアイスクリームを食べてみました。 
うーんなるほど、塩で甘さを引き立ててるとかじゃなく、本当に塩味なんですね。 
おかげでだいぶ体調も回復して、元気に歩けるようになりましたよ。 
容器は要らなかったんだけど、中身だけって買えたのかな? 
でも結構しっかりした容器だったので、家に帰ってから常備薬を入れてます(笑) 


★ギョウザドック@リフレシュメント・ステーション 
昔お台場で一度食べたことはあるんですが、シーで食べるのは初めて。 
思ったよりボリュームたっぷりでした。酢醤油があったら嬉しかったかな。 
一時期はすごい列になっていたそうですね。平日のせいかあまり並ばずラッキーでした。 
10周年の青いパッケージが印象的。いつもは違うデザインなんですよね。 


★ミルクティーポップコーン@ポップコーンワゴン 
ワゴンの近くを通ると、強烈なミルクティーの香りでクラクラします(笑) 
とはいえ紅茶もミルクティーも大好きなので、食べてみました。 
香りはちょっと強いけど、意外といけます。手がとまらなーいっ! 
潮風に吹かれ、SSコロンビア号を眺めながら食べました。 

写真を撮りそこねましたが、ブラックペッパーのポップコーンも食べましたよ。 
こちらはピリッと辛く(でも辛すぎない)舌をリセットするにはピッタリでした。 
ちなみにポップコーンはレギュラーボックスを1箱買い、旦那とはんぶんこして食べます。


★アップルムース@ケープコッド・クックオフ 
ダッフィーのスーベニアカップがとても可愛らしかったので、買ってみました。 
私は天邪鬼なので、みんながみんなダッフィーを抱えてシーを歩いているのを見ていて 
逆に恥ずかしくてダッフィーを避けてたんですけど、よく見るとダッフィーってばすっごく可愛い! 
というわけでここにも、ダッフィー好きが一人誕生してしまったのでした(笑) 
店内が意外と広くてビックリ。これだと席を探すのも苦労しなくてすみますね。 


★ローストポークの十穀物ブレッドサンド+フレンチポテト+アップルティーソーダ@ニューヨーク・デリ 
夕食をどうするか悩んだ挙句、なんとなくこのお店に入ってみました。 
ここもお店が広くて助かります。シーは全体的に飲食・休憩スペースが広いのかな? 
確かこれはスペシャルメニューで、ランチケースが付いてくるものでした。 
ランチケースはパスして料理だけ注文。添えられたピクルスが酸っぱくて美味しい♪ 
ポテトをいちいち付けてるのは、せめて少しでも野菜の摂取を増やそうという努力です(笑) 
アップルティーソーダは、何故かパークだけでしか飲めないキリンの炭酸飲料なんですよ。
爽やかで甘酸っぱくて美味しいのです。 


---------------------------------------
3日間のマルチデーパスポートを購入してあり、1日目はランド指定、2日目はシー指定。 
3日目はランドとシーを自由に行き来できたのですが、2日目に引き続きシーにずっといました。 
すっかりシーの雰囲気に魅了されてしまいましたよ(笑) 
---------------------------------------

★アップルデニッシュ+ベリーデニッシュ+コーヒー@マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー 
朝ごはんはホテル近くの「なか卯」で鮭定食を食べてきたのですが、さっそくおやつです。 
私はアップルデニッシュ、旦那がベリーデニッシュ。 
ミッキーの形のパン、食べてみたかったんですよね~。幸せな甘さでした。 
以前からランドの「スウィートハート・カフェ」のミッキーマフィンに惹かれてるのですが 
何故かいつも買う機会がなくて、ちょっと違うけどこのお店で夢が叶いました(笑) 
メディテレーニアン・ハーバーの雰囲気をのんびり味わいつつ、のどかな時間を過ごせました。 


★紫いものカップデザート@マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー 
上のデニッシュと一緒に買ってくればいいのに(そのときは店内も空いていた) 
「昨日ダッフィーのスーベニアカップを買っちゃったしなあ…」と躊躇して止めました。
でもデニッシュを食べながらやっぱり欲しくなって、
結局、混雑してきた店内に買い直しに行ってきたのでした(笑)
せっかくの10周年ですからね、こういうアイテムは買っておかないと♪ 
帰宅してからは、粉末スープを溶かして飲むのに愛用しています。 


★うきわまん@シーサイド・スナック 
うきわまんも存在は知っていたのですが、ようやく食べることができました。 
ディズニーシー10周年を記念し、いつもは丸いうきわの形なのが「10」の形です。 
これだとあまりうきわに見えない気もするけど、まあいいや(笑) 
海老がプリプリといっぱい入っていて、とっても美味しかったです。 


★マイルハイ・デリ+ベジタブルスープ+フレンチポテト@ニューヨーク・デリ 
夜のショー「ファンタズミック!」が始まる前、いきなり強い雨が降ってきましてね。 
3日間ずっとお天気だったので、最後で初めて雨の攻撃にあってしまいました。 
傘は持っていたのですが、とりあえず雨が止むまでお店の中で休憩することに。 
この大きなサンドイッチは、旦那とはんぶんこして食べました。 
それでも結構ボリュームたっぷりで、スープとポテトのおかげもあって満足♪ 
雨は全然やまなくて、今日のショーは残念ながら中止かな…と諦めかけていたけど 
何故かいつまでも、開催決定の放送も開催中止の放送も入らなくて。 
なんと奇跡的に、ショー開始直前に雨がやんだのですよ。すごく強い雨だったのに! 
みんな喜ぶ中ショーは決行。湿度が上がったせいで、レーザー光線も綺麗に見えました。 
そしてショーが終わった直後、また強く降り出す雨。本当に奇跡的な止み方でした。 


★キャラメルポップコーン@ポップコーンワゴン 
ディズニーで3日間遊び倒し、最後に買ったのがこれでした。 
考えてみたら大好きなキャラメル味を一度も買ってない(見かけてない)ので 
「タートル・トーク」で大笑いした帰りにうろうろしてみたら、ちょうどよくワゴンを発見! 
ひとり1箱ずつ買って余分なおみやげ袋に詰めて、ホテルの部屋で食べました(笑) 
雨のせいでちょっとしけってしまったんですけど、余韻に浸れて嬉しかったです。 
よくよく考えたら、ポップコーンバケットを買えば良かったような…。 
今までバケットを買ったことが一度もないので、考え付きませんでしたよ。 
次回は最初にバケットを購入しよう! うん、そうしよう! 


今回はチュロスを数年ぶりに食べてこようと思いつつ、見事に食べそこねたので 
次に行ったら忘れずに狙おうと思います。あとはポップコーンバケットだな♪
ディズニーリゾートのおみやげとして定番の「チョコレートクランチ」は 
「千鳥屋」というお菓子屋さんの「フィルデン」という商品と、基本的に一緒です。 
たまたまどちらも手元にある状態だったので、写真を撮って比較してみました。 
我ながら、なんという暇な奴なんだ(笑) 

★外観の違い
ドナルドのチョコレートクランチは、楕円形の可愛らしい缶に入っています。 
小物入れとして使えて便利。我が家ではプリンタインクのストックをしまっていますよ。 
何度もこればっかり買っていると、家の中に同じ缶がゴロゴロする羽目になります(笑) 
一方フィルデンは、セロファンのパッケージに入っているシンプルな包装。 
綺麗な箱に入ったものもあり、そちらはセロファン版と同じ値段でチョコが1個少ないです。 


★個包装の違い
ドナルドのチョコレートクランチは、パークのアトラクションなどが描かれた袋に包まれています。 
フィルデンは金色の包装紙につつまれて、上をねじって留めてあります。結構おしゃれ。 


★チョコの違い
ドナルドのチョコレートクランチは、半球状で底面だけ平ら。 
フィルデンは六角形に断面を作ってあるのですが、てっぺんだけ丸く盛り上がっています。 
味や食感は、どちらもまったく一緒でした。サクサク甘くて美味しいんですよね~♪ 
ちなみに重量はどちらも「9.5g」でした。形は違っても重さは一緒でしたよ。 


★値段の違い 
ドナルドのチョコレートクランチは、18個入りで700円(内税)。 
フィルデンは、9個入りで550円(外税)。 
つまりドナルドのクランチは1個あたり38.8円、フィルデンは1個あたり61.1円でした。 
下手すると倍近く違いますよね。これはちょっとビックリな結果でした。 
可愛い缶に入っている上に単価が安いというのは、どういうことなんだろう(笑) 
フィルデンはあの金色の包装紙が、1枚20円くらいしたりするのでしょうか? 

★結論 
ディズニーに行く予定があるか、お友達に頼んで買ってきてもらうなら 
ドナルドのチョコレートクランチの方が、値段的・可愛さ的には圧倒的にオススメです♪ 
でもディズニーが好きじゃない人にプレゼントするなら、フィルデンの方が高級感がありますね。
関係ないけど、贈答用にフィルデンを買いに行ったところ 
千鳥屋のお姉さんは、試食用のフィルデンを気前良くいっぱいくれました。 
お姉さんいい人だなあ。お菓子をくれる人は大好きです(笑)
ディズニーシーを歩いていたら、カストーディアル(清掃担当)のお兄さんたちが 
ホウキを筆がわりにして、地面に水でミッキーやミニーたちの絵を描く 
ちょっとしたパフォーマンスが見られました。 

魔法使いミッキーの帽子の柄(月とか星とか)が描かれた、この青いダストボックスが 
パフォーマンスなのか本来のお掃除なのかを見分けるアイテムみたいですね。 

以前からカストさんが、地面に残っている水を使ってディズニーキャラを描き 
さらっと描いたあとはさりげなく立ち去っていって、 
みんながわーわー喜びながら地面を撮影する…ということはあったのですが(笑) 
最近はこんな感じで、おえかきパフォーマンスだけのシフトがあるんですね。 

見ている人たちも楽しそうだったし、二人のカストさんも終始笑顔でした。 
やっぱりここは、幸せな場所だなあと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちディズニーリゾートカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはセキセイインコです。

次のカテゴリはニホンカイハツヤマネコです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261